カヴァレリア・ルスティカーナ【ママも知るとおり】歌詞と対訳|Voi lo sapete, o mamma

カヴァレリア・ルスティカーナ・全1幕

サントゥッツァは、トゥリッドゥの浮気に悩んでいます。トゥリッドゥの母に、彼の浮気を何とかしてほしいと相談します。その時のアリアが「ママも知るとおり」です。

タップできる目次

「ママも知るとおり」Voi lo sapete, o mamma【歌詞と対訳】

Voi lo sapete, o mamma,
Prima d’andar soldato,
Turiddu aveva a Lola
Eterna fè giurato.

Tornò, la seppe sposa;
E con un nuovo amore
Volle spegner la fiamma
Che gli bruciava il core:
M’amò, l’amai.

Quell’invidia d’ogni delizia mia,
Del suo sposo dimentica,
Arse di gelosia…
Me l’ha rapito…
Priva dell’onor mio rimango:
Lola e Turiddu s’amano,
Io piango, io piango!

サントゥッツァ

知っているでしょう。お母さん。
兵士になる前に
トゥリッドゥはローラに
永遠の誓いを立ていたのです。

でも帰ってくると、彼女が結婚したのを知り
新しい愛
彼は(心を燃やしたほどの)炎を消そうとしました。
心を燃やしたほどの。
彼は私を愛し、私も彼を愛しました。

私の喜びを妬んで
彼女(ローラ)は夫のことを忘れ
嫉妬に燃えました…
彼女は、私から彼を奪ったのです…
私の名誉は失われ、私は残されました
ローラとトゥリッドゥは愛し合っています。
私は泣く、泣くしかないのです!

【解説】トゥリッドゥ親子に関わってしまった、サントゥッツァの悲劇

Miseri noi,
Che cosa vieni a dirmi
In questo santo giorno?

トゥリッドゥの母

惨めな私たち、
あなたは、何を言いに来たのよ
この聖なる日に?

Aiutatela voi,
Santa Maria!

トゥリッドゥの母

彼女を助けてあげて
聖マリア様!

ひとつめの台詞は、嫌味。ふたつめの台詞は、皮肉ですね。「彼女を助けてあげて」が、サントゥッツァを心配しての一言ではないのは、トゥリッドゥの母が「面倒、関わりたくないという態度をずっと取っていたことでわかります。

サントゥッツァは、相談する人を間違えてしまった!

トゥリッドゥの母が、一番大切に思っているのは息子です。息子がローラを愛して幸せなら、例え他の女(サントゥッツァ)を傷つけてもいい、と思うのは仕方がないことです。世の中には息子を叱り飛ばす母親もいるでしょうが、残念ながらトゥリッドゥの母はそうではありませんでした。

サントゥッツァは、彼女を大切に思っている親や友達に相談していれば、トゥリッドゥと交際することもなく、親子と関わらずに済んだのにと思います。

失恋を「新しい愛」で癒やそうとする人を信用しないほうがいい

nuovo amore ・・・ 新しい愛

失恋したばかりで新しい恋愛を始めるのは、新しい相手(サントゥッツァ)に失礼です。サントゥッツァの友人なら、交際を始める段階で忠告するでしょう。

M’amò, l’amai. ・・・彼は私を愛し、私も彼を愛しました。

オペラの「カヴァレリア・ルスティカーナ」のほうでは「彼は私を愛し」と歌い、サントゥッツァは自分が利用されたことに気がついていません。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の原作ではサントゥッツァは、自分が利用されたと気がついています。

l’amaiは、3度繰り返し、感情が高ぶるように歌われます。この爆発する感情が、この後のローラの夫に「トゥリッドゥとローラの不倫」を教える動機につながります。

あわせて読みたい

「カヴァレリア・ルスティカーナ」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる