フィガロの結婚|ケルビーノの歌う【恋とはどんなものかしら】歌詞と対訳|Voi che sapete

フィガロの結婚 恋とはどんなものかしら

フィガロの結婚・第2幕

フィガロの「伯爵をこらしめる計画」を、伯爵夫人とスザンナで進めることになりました。計画は「スザンナの名前で伯爵を呼び出し、女装をしたケルビーノが身代わりで現れ、浮気を明らかにする」というもの。

  • ケルビーノが、スザンナの身代わりになるために「女装」
  • 女装は、伯爵夫人とスザンナが手伝う

さっそく、女装のために伯爵夫人の部屋を訪れたケルビーノ。

ケルビーノは自作の歌を歌うよう、伯爵夫人に頼まれます。その時の歌が「恋とはどんなものかしら」です。

タップできる目次

「恋とはどんなものかしら」Voi che sapete【歌詞と対訳】

Voi che sapete
che cosa è amor,
donne, vedete
s’io l’ho nel cor.

Quello ch’io provo
vi ridirò,
è per me nuovo,
capir nol so.

Sento un affetto
pien di desir,
ch’ora è diletto,
ch’ora è martir.

ケルビーノ

あなた方は知ってますよね
愛とは何か。
女性の方たち、見てください
僕の心がどうなっているかを。

僕が感じてることを
あなた方に言いましょう。
僕にとって初めてのことなので
理解できないのです。

愛情を感じつつ、
欲望に満ちているのです。
今は、喜びであり、
同時に、苦しみでもあります。

Gelo e poi sento
l’alma avvampar,
e in un momento
torno a gelar.


Ricerco un bene
fuori di me,
non so chi’l tiene,
non so cos’è.

Sospiro e gemo
senza voler,
palpito e tremo
senza saper.

ケルビーノ

凍えそうに感じたら、すぐに
魂は燃え上がり
あっという間に
凍りそうに戻ってしまいます。


僕は良いものを探しています。
自分の外に
誰がそれを持っているのか、わからないのです。
それが何かもわからないのです。

ため息をついたり、うめいたり、
そうしたくないのに。
ときめいたり、震えたり、
知らないうちに。

Non trovo pace
notte né dì,
ma pur mi piace
languir così.

Voi che sapete
che cosa è amor,
donne, vedete
s’io l’ho nel cor.

ケルビーノ

安らぎが見つかりません。
夜も昼も
でも、僕は嬉しくもあるのです。
こんなふうに悩むことが

あなた方は知ってますよね
愛とは何か。
女性の方たち、見てください
僕の心がどうなっているかを。

【解説】スザンナや伯爵夫人だけでなく、すべての女たちに教えて欲しい

ケルビーノは伯爵夫人に一番熱を上げているのだから「あなた、女性」でもいいところを「あなたたち、女性たち」を選んでいます。

voiヴォイあなたたちtuトゥあなた
donneドンネ女性たちdonnaドンナ女性

「自分で自分がわからない」のアリアでも、スザンナに屋敷中の女たちに伝えて欲しいと言っているので、こちらもすべての女たちに向けた歌だと言えます。

「自分で自分がわからない」のアリアとつながりがある

「自分で自分がわからない」

or di foco, ora sono di ghiaccio,

今は炎になり、同時に氷になる

「恋とはどんなものかしら」

Gelo e poi sento
l’alma avvampar,
e in un momento
torno a gelar.


凍えそうに感じたら、すぐに
魂は燃え上がり
あっという間に
凍りそうに戻ってしまいます。

どちらもケルビーノのアリアで、同じようなことを言っていますね。「自分で自分がわからない」は自分の感情を言っていただけですが、「恋とはどんなものかしら」には女性たちに聞きたいと言う気持ちが表れています。

ボーマルシェの戯曲でも、同じ役柄は若い女性が演じていた

ボーマルシェの戯曲(フィガロの結婚の原作)では、ケルビーノはシェリュバンという名前で登場します。

シェリュバン・・・若くて魅力的な女性が演じること。役柄の繊細さを演じられる若い男性がいないから。

「フィガロの結婚」は、スザンナ、伯爵夫人、伯爵、フィガロが話の中心であり、ケルビーノは脇役にしかすぎません。ですが、ケルビーノには魅力的なアリアがふたつあり、舞台上では目を引く存在です。それに、二度の女装まで。

変装させた人何のため?
スザンナ、伯爵夫人スザンナに変装するための女装
バルバリーナ村娘にまざるための女装

女性が男装して舞台に立ち、舞台上で二度女装するという面白さがあります。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる