ドン・ジョヴァンニ【薬屋の歌】歌詞と対訳|Vedrai, carino

ドン・ジョヴァンニ 薬屋の歌

ドン・ジョヴァンニ・第2幕

ツェルリーナの婚約者のマゼットが村人たちと徒党を組んで、ジョヴァンニを痛めつけようとしていましたが、逆にジョヴァンニにひどいめにあったマゼットに対して、ツェルリーナが歌うアリアが「薬屋の歌」です。

タップできる目次

「薬屋の歌」Vedrai, carino【歌詞と対訳】

Vedrai, carino,
se sei buonino,
Che bel rimedio
ti voglio dar!
È naturale,
non dà disgusto,
E lo speziale
non lo sa far.

È un certo balsamo
Ch’io porto addosso,
Dare tel posso,
Se il vuoi provar.
Saper vorresti
dove mi sta?
Sentilo battere,
toccami qua!

ツェルリーナ

見てごらんなさい、かわいいひと
あなたがいい子にしているなら
素晴らしい薬を
あなたにあげたいのよ!
それは、もちろん
気持ち悪くならないもので
それに、薬屋さんも
作れないのよ

あるバルサム(塗り薬)のようなもので、
私が持っているものなのよ
あなたにあげることができるわ
もしあなたが試してみたいのなら
あなたは知りたいでしょ。
それがどこにあるのかを?
鼓動を感じて
ここを触ってみて!

balsamo・・・バルサムの樹脂 → 傷に効く塗り薬、香油

【解説】マゼットに対して、小さな男の子扱いから大人な雰囲気に!

carino ・・・ (男性に対して)かわいいひと

caro (愛しい、高価な)+ ~ino (かわいい、小さい)

~ina(小さい、かわいい) 女性に対してかわいいと言う場合は carina を使います。

buonino ・・・ いい子

buono(よい、善良に)+ ~ino (かわいい、小さい)

buonoは、あの「ボーノ」(美味しい)のボーノです。美味しい以外に、善良な、親切な、適切な、などの意味があります。

上の二つは恋人に使うのもありですが、どちらかというと小さな男の子に使うイメージです。マゼットを子供のようにあやしつつ、最後に「胸を触ってみて」と言うなんて!

大胆なアリアですが、ツェルリーナを下品に描いた訳ではなく、男心を手玉に取るのが上手という意味でしょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる