愛の妙薬【人知れぬ涙】歌詞と対訳|Una furtiva lagrima

愛の妙薬・第2幕

アディーナは一粒も涙を流していないですが、彼女の涙を見たと錯覚したネモリーノは、「愛の妙薬」によって愛の願いが叶ったとしみじみと喜ぶのが「人知れぬ涙」です。

タップできる目次

「人知れぬ涙」Una furtiva lagrima【歌詞と対訳】

Una furtiva lagrima
Negli occhi suoi spuntò …
Quelle festose giovani
Invidïar sembrò …
Che più cercando io vo?
M’ama, lo vedo.
Un solo istante i palpiti
Del suo bel cor sentir …
I miei sospir confondere
Per poco a’ suoi sospir! …
Cielo, si può morir;
Di più non chiedo.

ネモリーノ

ひそかな涙が
彼女の目にあらわれた…
あの楽しげな娘たちを
うらやましがっているようだった…
これ以上何を望むのだ?
彼女は僕を愛しているって分かったのに
ほんの一瞬でも、ときめきを
彼女の心(のときめき)を感じられたら…
(彼女のため息と)僕のため息が交わせるなら
少しの間、彼女のため息と! …
神様、僕は死んでもいい。
これ以上求めません

【解説】「愛の妙薬」が効いたと勘違いのネモリーノ

「人知れぬ涙」では、「死んでもいい、これ以上求めません」としみじみ言っています。ですが、「人知れぬ涙」前後の言動は、自信たっぷり。

「人知れぬ涙」前、アディーナも恋の苦しみ、ときめきを味わうべき

(Io già m’immagino che cosa brami,
Già senti il farmaco, di cor già m’ami;
Le smanie, i palpiti di core amante
Un solo istante – tu dêi provar.
)

ネモリーノ

(君が何に焦がれてるか、僕にはもう察しがついてる。
もう薬が効いている。心から僕を愛してるんだ
恋する心の苦しみとときめきを
ほんの少しでも – 君も味わうべき。

「愛の妙薬」の力でアディーナが自分に恋をしたと思っているわりに、アディーナと会話中に、村の女の子たちに連れられてダンスに行き、彼女を置いてきぼりに。

「人知れぬ涙」後、アディーナが告白してくるまで、無関心なふりを

Eccola … Oh! qual le accresce
Beltà l’amor nascente!
A far l’indifferente
si seguiti così finché non viene
ella a spiegarsi.

ネモリーノ

ここに来るぞ…ああ!ますます
彼女がかわいい。生まれてくる愛によって!
無関心なふりを
今のまま続けよう。彼女がやってきて
彼女の心を打ち明けてくれるまで

ネモリーノは駆け引きのつもりはなかったのかもしれませんが、いい戦略。普段とは違う態度を取ることで、彼女からの告白を引き出して、ふたりは恋人に。

「ため息がうっとうしい」からの「ふたりのため息を合わせたい」

第1幕の最初で歌われるアリア「なんと彼女は美しい」では、ネモリーノはアディーナを見て、

ネモリーノ

僕は馬鹿で、ため息をつくことしか出来ない。

アディーナはネモリーノの告白を断り、こう言っています。

アディーナ

あなた、「いつも」繰り返しため息をついて鬱陶しいわよ。

その後、「愛の妙薬」(ニセ惚れ薬)を飲んで、アディーナが自分に恋をしていると思い込む。

ネモリーノ

僕のため息と彼女のため息を合わせたいな。

いろいろと「ため息」の伏線があって、「人知れぬ涙」にため息の言葉が出てくるのですね。

あわせて読みたい

「愛の妙薬」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる