【トリスタンとイゾルデ】のあらすじ・ワーグナー

トリスタンとイゾルデ

「トリスタンとイゾルデ」は、ワーグナーが、「楽劇」という新しいスタイルを確立した作品

独立したアリアはなく、音楽が休みなくつづく、「無限旋律」で出来ているのが特徴です。

もともと面識のあったトリスタンとイゾルデが「媚薬」によって恋人になり、二人の世界に入り込み、死に向かう話です。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

「トリスタンとイゾルデ」の簡単なあらすじ

イゾルデは、老王と政略結婚したくない → イゾルデは、トリスタンを毒殺して、自殺する覚悟をする → イゾルデの侍女が、毒薬から媚薬に取り替える → 二人は恋に落ちるが、政略結婚は避けられない

→ 二人は不倫密会する仲に → 家臣が気づき、マルケ王に密告 → 不倫が明るみに → イゾルデを好きな家臣が剣を抜いたために、トリスタンも応戦、自ら重傷を負う

→ 重傷のトリスタンは自分の城に → 船でイゾルデが到着 → ふたりは会えるが、トリスタンの死 → 別の船で、マルケ王が二人の仲を許すためにやってくる → イゾルデの死

相関図と登場人物(トリスタン・イゾルデ・マルケ王)

トリスタンとイゾルデ 相関図
トリスタンマルケ王の甥、騎士テノール
イゾルデアイルランドの王女ソプラノ
マルケ王コーンウォール王バス

基本情報(作曲ワーグナー・ドイツ語)

Tristan und Isolde トリスタンとイゾルデ

  • 作曲 ワーグナー
  • 初演 1865年6月10日 ミュンヘン バイエルン宮廷歌劇場
  • 原作 ゴットフリート・フォン・シュトラウスブルクの同名の叙事詩
  • 台本 リヒャルト・ワーグナー ドイツ語

【解説】「トリスタンとイゾルデ」に関連する地図

トリスタンとイゾルデ 地図

第1幕 アイルランドからコーンウォールへ向かう、船での出来事

第2幕 コーンウォールのマルケ王の城の中

第3幕 ブルターニュ、トリスタンの城での出来事

トリスタンとイゾルデ第1幕 媚薬で恋に落ちる

アイルランドからコーンウォールへ向かう、船上

アイルランドの王女、イゾルデは、コーンウォールのマルケ王と政略結婚をするため、船旅をしている。

イゾルデ

マルケ王と結婚したくない。船が沈んでしまえばいいのに・・・

イゾルデは、挨拶に来ない、コーンウォールの騎士、トリスタンにもいらだっている。侍女に、トリスタンに挨拶に来るように、と呼びに行かせる。

トリスタンは、「忙しいので」と断る。トリスタンの従者は、昔話を始める。

トリスタンの従者

「コーンウォールへの年貢のために、海に乗り出したモロルト殿。今や、アイルランドでさらし首。彼の首は、イングランドから年貢として払われた。」

「海に乗り出したモロルト殿は」モロルトの歌
・・・モロルトはイゾルデの婚約者の名前

トリスタンは、従者をとがめる。従者の言葉を耳にし怒ったイゾルデは、侍女に昔話をする。

イゾルデ

アイルランドの海岸に、瀕死の男が乗った小舟がたどり着いた。瀕死の男を私は助けたわ。男が名乗った、タントリスは偽名であり、コーンウォールの騎士、トリスタンである、と見破った。そして、婚約者モロルトの仇であることにも。私は復讐を遂げようとしたが出来ず。彼は国へ帰って行った。

「一艘の小舟が」タントリスの歌
・・・タントリスは、トリスタンの偽名

このまま政略結婚をしたくない、イゾルデは、トリスタンを毒殺し、自分も死ぬ決意をする。

イゾルデ

私に必要なのは、毒薬よ。トリスタンを呼びなさい。

侍女に、飲み物に毒薬をいれるように、言付ける。

トリスタンが来る。イゾルデは、恨み辛みを言い、最後に和解の杯を交わそうと、渡す。トリスタンが飲み、イゾルデも杯を奪い飲む。

毒薬のはずが、二人は恋に落ちる。

イゾルデ

(侍女に)なぜ、生きているの?この薬は、いったい何?

侍女は、イゾルデを死なせたくないため、「毒薬の代わりに、媚薬を渡した」と言う。

イゾルデ

トリスタン!なんてこと。生きなければならないの?

イゾルデは、トリスタンの腕の中で失神する。

トリスタンとイゾルデ第2幕 マルケ王に密会がばれて、トリスタンが負傷

マルケ王の城、中庭

イゾルデは、マルケ王と政略結婚をした。トリスタンとイゾルデは、隠れて密会する仲である。

マルケ王の夜の狩りが決まり、二人は会おうとする。

侍女が、「マルケ王の家臣に、二人の仲を歌違っている者がいるので、気をつけてください」と言う。イゾルデは、気にせずにトリスタンと会う。

イゾルデ

が私たちの愛の邪魔をする。の光から、私は逃げ去ろうとしたわ

トリスタン

僕たちには、こそぴったりなのだ。の偽りや嘘が、僕たちを引き離すことなど出来はしない!

イゾルデ

でも、がトリスタンを起こさずにいられるのでしょうか?

トリスタン

あんな昼など、「死」に打ち負かされてしまえばいい

「愛の夜よ、とばりを下ろせ」愛の二重唱

 ・・・ 伝統、慣習、生きること

 ・・・ 理想、愛、死ぬこと

夜の狩りは、二人をはめる罠だった。マルケ王が帰ってきて、ふたりを見とがめる。

マルケ王

愛する甥に裏切られるなんて・・・

トリスタンは、マルケ王に何も答えず、決心をする。

トリスタン

イゾルデ、一緒に「夜の国」に行こう

イゾルデ

あなたに従います。「夜の国」への道を示してください

イゾルデも同意。二人はキスをする。その様子を見た、イゾルデが好きな家臣は嫉妬のあまり、トリスタンに剣を抜く。トリスタンも剣を構えるが、「自ら」剣を落として、家臣に斬られ負傷する。マルケ王が家臣を止めて、その場は収まる。

トリスタンとイゾルデ第3幕 トリスタンの死、後を追う、イゾルデの死

ブルターニュにある、トリスタンの城

瀕死のトリスタン。海の見える城にいる。その場にいるのは、トリスタンと従者。

従者は、トリスタンを治せるのは、イゾルデだけだと思い、彼女の到着を待っている。

トリスタン

僕は、夜の国に行ったが、昼の光が、呼び戻した。イゾルデは、今も昼の国にいる。イゾルデ、なんという憧れ!あなたはいつになったらを消してくれるのか?

従者は、パニックになりつつ、トリスタンを励ます。イゾルデの船が到着する。従者にイゾルデを迎えにいかせる。

トリスタン

イゾルデ!が消える。あの人のもとへ

イゾルデ

トリスタン!愛しい人。ひとたび目覚めてください。

トリスタンの死。イゾルデは、ショックのあまり気を失い、遺体の上に倒れる。

後から追いついた従者は二人の姿を見て、ショックを受ける。

2番目の船がやってくる。船には、マルケ王、トリスタンを負傷させた家臣、部下たち、イゾルデの侍女が乗っていた。

従者と、トリスタンを負傷させた家臣が、剣を構え、家臣が死ぬ。

従者は、さらにマルケ王や部下に立ち向かい、従者が死ぬ。

マルケ王

ふたりを認めるためにやってきたのに・・・

侍女が、マルケ王にふたりに媚薬を飲ませたことを話し、王が二人を認めるために、船でやってきていた。

侍女が、倒れているイゾルデを抱きかかえて、話しかけるが、イゾルデには耳に入ってこない。

イゾルデ

あの人が、穏やかに静かにほほえんでいるわ。みんなには見えないの?あの人に包まれ、私は宇宙と一体になるわ!・・・なんという喜び

トリスタンの遺体の上に、崩れ落ちるイゾルデ。イゾルデの死。

実際に「トリスタンとイゾルデ」の舞台を観るなら

日本ではあまり公演がありません。2010年に新国立劇場で公演。

【公式】新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」の公演情報

「トリスタンとイゾルデ」のおすすめDVD

1983年、バイロイト祝祭劇場

指揮はダニエル・バレンボイム

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる