椿姫【パリを離れて】二重唱・歌詞と対訳|Parigi, o cara

椿姫・第3幕

愛し合いながらも、アルフレードの社会的な幸福を考え身を引いたヴィオレッタ。再会を果たしたふたりが再び、「パリの郊外で愛の生活に戻ろう」と夢を歌う、二重唱。

アルフレードが、「パリを離れて一緒に暮らそう」と歌い、ヴィオレッタが同じように繰り返していきます。

ヴィオレッタの病は重く、束の間の甘い夢を見てふたりは歌います。

タップできる目次

「パリを離れて」Parigi, o cara 歌詞と日本語訳

Parigi, o cara, noi lasceremo,
la vita uniti trascorreremo:
de’ corsi affanni compenso avrai,
la tua salute rifiorirà.
Sospiro e luce tu mi sarai,
tutto il futuro ne arriderà.

アルフレード

愛する人よ、パリを離れよう
生涯共に過ごすのです

これまでの苦しみは報われて
君の健康も戻るだろう

君は、僕の希望の光
これからの未来は、すべて微笑みかけるだろう

Parigi, o caro, noi lasceremo,
la vita uniti trascorreremo:
de’ corsi affanni compenso avrai,
la mia salute rifiorirà.
Sospiro e luce tu mi sarai,
tutto il futuro ne arriderà.

ヴィオレッタ

愛する人よ、パリを離れましょう
生涯共に過ごすのです

これまでの苦しみは報われて
私の健康も戻るでしょう

あなたは、私の希望の光
これからの未来は、すべて微笑みかけてくれるでしょう

シンプルな歌詞で、二人の言葉もあまり変わりません。

cara ・・・ 男性から女性への呼びかけ
caro ・・・ 女性から男性への呼びかけ


(英語のdearのようなもの。「愛する人よ、あなた」のように使います。)

tua ・・・ 君の
mia ・・・ 私の

シンプルな分、二人の心情が引き立ち、美しい二重唱になっています。

あわせて読みたい

「椿姫」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる