乾杯の歌|歌詞|椿姫|Brindisi

椿姫 第1幕

椿姫の「乾杯の歌」は、着飾った人々がグラスを片手に、華やかなパーティーを盛り上げていく歌です。

高級娼婦のヴィオレッタが主催するパーティーに、田舎のブルジョワ青年、アルフレードが訪れます。二人は出会い、アルフレードは詩人として、「乾杯の歌」を歌います。

「乾杯の歌」の歌詞を見ると、「飲みましょう、楽しみましょう」と場を盛り上げつつも、二人の距離はぐっと縮まります。

目次

「乾杯の歌」Libiamo ne’ lieti calici 歌詞と対訳

Libiamo ne’ lieti calici
che la bellezza infiora,
e la fuggevol ora
s’inebri a voluttà.

Libiam ne’ dolci fremiti
che suscita l’amore,
poiché quell’occhio al core
onnipotente va.

Libiamo, amor fra i calici
più caldi baci avrà.

アルフレード

幸せの杯を味わおう
美しさが燃える(杯を)
つかの間の時を
官能におぼれよう。

甘い震えを味わおう
愛を呼び起こす(甘い震えを)
ある瞳が私の心に
(ここでヴィオレッタを見る)
全能の力を行うから

愛の杯を味わおう
より熱き口づけができるように

onnipotente 全能の、絶大な力を持つ

Libiamo, amor fra i calici
più caldi baci avrà.

合唱
愛の杯を味わおう
より熱き口づけができるように

Tra voi saprò dividere
il tempo mio giocondo;
tutto è follia nel mondo
ciò che non è piacer.

Godiam, fugace e rapido
é il gaudio dell’amore;
é un fior che nasce e muore,
né più si può goder.

Godiam c’invita un fervido
accento lusinghier.

ヴィオレッタ

あなた方といるなら、分かち合えばよいのかわかる
遊びの時間を
世の中はすべて愚かばかり。
喜びのないものは

楽しもう、はかなくもろく
愛の喜びは消えてしまう
それは、生まれては死ぬ花だ
それ以上楽しむことはできない

楽しもう、情熱的に
甘い言葉に誘われるまま。

Godiam la tazza e il cantico
La notte abbella e il riso;
In questo paradiso
Ne scopra il nuovo dì.

合唱
楽しもう、杯と歌を
笑いが夜を飾るのだ
この楽園で
私たちは新しい日を見つけるのだ

La vita è nel tripudio.

ヴィオレッタ

人生は喜びの中にある。

Quando non s’ami ancora.

アルフレード

まだ愛し合っていない時だから。

Nol dite a chi l’ignora.

ヴィオレッタ

無縁な者に言わないでください

È il mio destin così.

アルフレード

これが私の運命だ。

Godiam la tazza e il cantico
La notte abbella e il riso;
In questo paradiso
Ne scopra il nuovo dì.

合唱
楽しもう、杯と歌を
笑いが夜を飾るのだ
この楽園で
私たちは新しい日を見つけるのだ

「乾杯の歌」解説

ヴィオレッタはパーティーの主催者ですから、場を盛り上げるためにあれこれ準備しているものです。

椿姫の第2幕、ヴィオレッタの友人である高級娼婦は自身のパーティーで、ジプシーの女たちのダンス、闘牛士の出し物、カードゲームなど、招待客を楽しませるものを準備をしていました。

ヴィオレッタも第1幕の中では出てきませんが、何かしら催し物など準備していたはず。自分が主催するパーティーの評判は、自分自身の評価につながるので、楽しんでいる風を装って、かなり周囲に気を配っていたと思います。

アルフレードの「乾杯の歌」によって場が盛り上がったので、ヴィオレッタはアルフレードに好印象を持ったことでしょう。「乾杯の歌」の中で、歌詞に恋心を織り交ぜ、スマートにアプローチするなんて、なかなか素敵じゃないでしょうか。

あわせて読みたい

「椿姫」のあらすじ・相関図

目次