さようなら過ぎ去りし日よ|歌詞|椿姫|Addio, del passato

椿姫 第3幕

ヴィオレッタは財産を処分し、簡素な寝室で病に伏せっています。アルフレードの父、ジェルモンからの手紙を読みます。

【ジェルモンからの手紙】

・ヴィオレッタの犠牲への感謝
・アルフレードに、ヴィオレッタの犠牲を教えたこと
・アルフレードは、ヴィオレッタのパトロンとの決闘の末、パトロンが怪我をした。
 ほとぼりが冷めるまで外国にいたため、今すぐヴィオレッタの元に戻る

ヴィオレッタはそのような状況の中「さようなら、過ぎ去りし日よ」を歌います。

目次

「さようなら過ぎ去りし日よ」Addio, del passato 歌詞と対訳

Addio, del passato bei sogni ridenti,
le rose del volto già son pallenti;

l’amore d’Alfredo pur esso mi manca,
conforto, sostegno dell’anima stanca;

ah, della traviata sorridi al desio;
a lei, deh, perdona; tu accoglila, o Dio,
or tutto finì.

ヴィオレッタ

さようなら、過ぎ去りし日の楽しく美しい夢よ
バラ色の顔も蒼ざめてしまった

アルフレードの愛が懐かしい。
私の疲れた魂を慰め、支えてくれた

ああ、道を踏み外した女の願いに微笑んでくれ。
お許しください、受け入れてください。神よ。
今、すべてが終わった。

Le gioie, i dolori tra poco avran fine,
la tomba ai mortali di tutto è confine!
Non lagrima o fiore avrà la mia fossa,
Non croce col nome che copra quest’ossa!
Ah, della traviata sorridi al desio;
a lei, deh, perdona; tu accoglila, o Dio.
or tutto finì!

ヴィオレッタ

喜びも苦しみももうすぐ終わる
人間のお墓は、すべての人の境目だ。

私のお墓には涙も花もないだろう。
この骨を覆うような名前の十字架はない。

ああ、道を踏み外した女の願いに微笑んでくれ。
お許しください、受け入れてください。神よ。
全て終わった。

「さようなら過ぎ去りし日よ」解説

「道を踏み外した女」という言葉が「さようなら、過ぎ去りし日よ」の中で2回出てきます。椿姫の正式なタイトルは、「ラ・トラヴィアータ」道を踏み外した女 です。道とは、何なのか。

娼婦となったことで女の道を踏み外したのか
金銭や愛欲にまみれた生活で神の道を踏み外したのか
娼婦としてではなく愛を選び、娼婦の道を踏み外したのか

どれも当てはまるようで、よく考えられたタイトルですね。

La Dame aux camélias  「椿の花の貴婦人」 小説・戯曲
La traviata 「道を踏み外した女」 オペラ

あわせて読みたい

「椿姫」のあらすじ・相関図

目次