トスカ【星は光りぬ】歌詞と対訳|E lucevan le stelle

トスカ 星は光ぬ

トスカ・第3幕

カヴァラドッシは、死を前にして、自分の別荘で過ごしたトスカとの愛の日々を思い出します。絶望の中、カヴァラドッシが一人で歌い上げるのが「星は光りぬ」です。短めのアリアで、カヴァラドッシの悲しみが引き立ちます。

タップできる目次

「星は光りぬ」E lucevan le stelle【歌詞と対訳】

E lucevan le stelle…
ed olezzava la terra…
stridea l’uscio dell’orto
e un passo sfiorava la rena…

Entrava ella, fragrante,
mi cadea fra le braccia…
Oh! dolci baci, o languide carezze,
mentr’io fremente
le belle forme disciogliea dai veli!

Svanì per sempre il sogno mio d’amore…
L’ora è fuggita…
E muoio disperato!
E non ho amato mai tanto la vita!…

カヴァラドッシ

星々は輝いて…
大地は香りがしていた…
きしむ音をたてる庭の扉…
砂を踏みしめる足音…


彼女は入り、ふわりと香りよく
僕の腕の中に身をゆだねた…
ああ!甘いくちづけ!または、けだるい愛撫
僕は、震えながら
ヴェールから取り出す、彼女の美しい体を!

僕の愛の夢は、永遠に消えてしまった…
時は過ぎてしまった…
そして僕は、絶望の中で死ぬのだ!
これほどまでに、人生を愛したことはない!…

【解説】「庭」は、逃亡犯を匿った家の庭であり、二人が過ごした家の庭

「星は光りぬ」の中に出てくる「庭」

・ カヴァラドッシが友人の逃亡犯を匿った家の庭
・ 自分の別荘として、トスカの愛の日々を過ごした大切な家の庭

オペラの前半で、カヴァラドッシが逃亡犯の友人に隠れるようにいった、あの「庭」なのですね。

カヴァラドッシ

女装して、教会近くの僕の別宅にひとまず行ってくれ。

何かあったら、の井戸に入ればいい。
井戸の中に横道があり、隠し部屋があるから。

教会から離れて位置にある、カヴァラドッシの別荘。ローマ近郊、花のあふれる庭がある別荘のイメージです。

香り描写 「大地の香り」「トスカからの甘い香り」
音の描写 「きしむ扉の音」「砂を踏む足音」

情景が目に浮かぶような歌詞です。この後の、トスカとカヴァラドッシの再会の喜びから、一転してカヴァラドッシの死、トスカの身投げまで、話が続いていきます。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる