妙なる調和|歌詞|トスカ|Recondita armonia

トスカ 第1幕

教会の中で壁画に美女を描く、画家のカヴァラドッシ。絵のモデルは、教会で見かけた謎の女性。カヴァラドッシは謎の美女と恋人のトスカを比べて、自分が描いた絵の中に二人の美を描いたと歌うのが、「妙なる調和」です。歌の中で、トスカの名前が「フローリア・トスカ」であることがわかります。

目次

「妙なる調和」Recondita armonia 歌詞と対訳

Recondita armonia
di bellezze diverse!…
È bruna Floria,
l’ardente amante mia…

E te, beltade ignota,
cinta di chiome bionde!
Tu azzurro hai l’occhio,
Tosca ha l’occhio nero!

L’arte nel suo mistero
le diverse bellezze insiem confonde;
ma nel ritrar costei
Il mio solo pensiero,
Il mio sol pensier sei tu,
Tosca, sei tu!

カヴァラドッシ

豊かな調和よ
多様な美の中にある
栗色の髪をしたフローリア(トスカ)は
僕の情熱的な恋人

そして、未知の美しさのあなた
金髪の持ち主!
あなたの瞳は青く、
トスカの瞳は黒い!

芸術の神秘に、
様々な美は一緒になって困惑する
けれど、彼女(見知らぬ女性)を描いていても
僕の唯一の思い、
僕の唯一の思いは、君だ。
トスカ、君なのだ!

「妙なる調和」の解説

カヴァラドッシ

トスカも美しいが、見知らぬ美女もまたよい。

普段から、カヴァラドッシが「トスカと誰かを比べる」ような言動をしていれば、トスカが嫉妬深くなっても当たり前。トスカの嫉妬が、オペラを進めるポイントになるので、「妙なる調和」は押さえておくべきアリアです。

あわせて読みたい

「トスカ」のあらすじ・相関図

目次