タンホイザー|あらすじと簡単解説・ワーグナー

ワーグナーによる「タンホイザー」の正式なタイトルはタンホイザーヴァルトブルクの歌合戦です。二つの題材を組み合わせた作品。

  • ドイツに伝わる「タンホイザーの伝説」、ハイネの「タンホイザー」
  • 中世の詩「ヴァルトブルクの歌合戦」、ホフマンの「歌合戦」

以上の要素を取り入れて、ワーグナーがオペラを完成させました。

「タンホイザー」は簡単に言うと、男が俗世を捨てて桃源郷に行き、肉欲の罪を犯し、その男の罪を女が死んで償い、男が天国へと救済される話です。

第3幕のヴォルフラムが歌う「夕星の歌」が有名です。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

オペラ・歌劇「タンホイザー」の簡単なあらすじ

騎士タンホイザーは、女神ヴェーヌスと桃源郷「ヴェーヌスベルク」で快楽に生きていた。だが、飽きてきたので、ヴェーヌスに別れを告げ、現実世界に戻ることに。

タンホイザーを待っていた領主の姪エリーザベトは喜ぶ。歌合戦の場で、タンホイザーは自分が「ヴェーヌスベルク」(キリスト教徒には禁断の土地)にいたことを言ってしまう。エリーザベトがかばい、タンホイザーはローマに巡礼の旅に。

エリーザベトはタンホイザーが救済されるように、自分の命を差し出すと神に祈る。罪が許されずローマから戻ったタンホイザーは、ヴェーヌスベルクに戻るつもりだった。ヴェーヌスがタンホイザーを迎え入れようとするが、エリーザベトの死によって、タンホイザーが救済されて死亡。

相関図と登場人物(タンホイザー、エリーザベト、ヴォルフラム)

タンホイザーの相関図
オペラ「タンホイザー」の相関図・タップで拡大表示
タンホイザー騎士テノール
ヴォルフラム騎士バリトン
エリーザベト領主の姪ソプラノ
ヴェーヌス美と官能の女神ソプラノ
ヘルマン1世領主バス
ヴァルター騎士テノール
ビーテロルフ騎士バス

作曲ワーグナー・初演・原作・台本・上演時間

タンホイザー Tannhäuser
タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦 Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg

  • 作曲 ワーグナー
  • 初演 1845年10月19日 ドレスデン宮廷歌劇場
  • 原作 「タンホイザー」「ヴァルトブルクの歌合戦」
  • 台本 リヒャルト・ワーグナー ドイツ語
  • 上演時間 3時間(第1幕60分 第2幕65分 第3幕55分)

「タンホイザー」第1幕の簡単な対訳 桃源郷を捨て現実へ

第1場 タンホイザー、永遠の快楽の世界を出て行く

序曲

ヴェーヌスベルクの洞窟

滝壺や小川のある広い洞窟。山や森の神、海や川の妖精などがくつろいだり、踊っている空間。

海の精セイレンの歌声
岸辺においで。こちらにおいで。熱烈な愛の腕に抱かれ祝福されなさい。

「岸辺においで」Naht euch dem Strande

突然、タンホイザーが夢から目覚めたように身震いする。官能の女神ヴェーヌスは彼を愛欲の世界へ引き戻そうとする。

ヴェーヌス

愛しい人、あなたの心はどこにあるの?

「愛しい人、あなたの心はどこ?」Geliebter, sag, wo weilt dein Sinn?

タンホイザー

ああ、もう我慢出来ない。ここにいつからいて、どれほど時間が経ったのか、わからない。太陽が恋しいし、月を眺めたい。もう私は、季節の移り変わりを感じることができないのか!

ヴェーヌス

何を言っているの?なんてくだらない嘆きかしら。

苦悩から解放されて、あなた自身がまるで神のように過ごしているのよ。私はあなたを愛し、あなたのために愛の世界を作ったのに!

タンホイザー

あなたを称えます。あなたの強力な力が私に与えてくれたのものを称えましょう。死すべき運命の私に、あなたの好意が与えられました。だが、私は死すべき存在のままなのです。あなたの愛は私には大きすぎるのです。喜びのために痛みを切望します。あなたの国を去らねばならない。私を行かせてほしい。

「ヴェーヌス讃歌・一度目」Dir töne Lob!

ヴェーヌス

裏切り者!私への感謝は忘れたのか!

タンホイザー

あなたの愛に感謝します。一緒にいれば、永遠に幸せでしょう。ここにはすべての幸福があるが、私はあるがままの自然を感じたい。私を行かせてほしい。

「ヴェーヌス讃歌・二度目」

ヴェーヌスは嘆き声を上げて、両手で顔を覆い沈黙。しばらくして、タンホイザーに魅惑的に微笑みかける。ヴェーヌスは、新しく魔法の洞窟を出現させる。

ヴェーヌス

愛しい人よ、洞窟をご覧なさい。バラの香りがまろやかに漂っている。神も魅了され、甘美な喜びがある。

「愛しい人、洞窟をご覧なさい」Geliebter, komm! Sieh dort die Grotte

あまりに美しい世界に魅了される、タンホイザー。竪琴を手に取る。

タンホイザー

あなたを称えます。私の歌はいつもあなたのために響いている。あなたが私に注いだ情熱は、永遠に私の心を燃え立たせ、全世界に対しあなたのために戦いましょう。

だが、私は自由になりたい。たとえ死や破滅に向かっても、戦いに挑みたい。あなたの国を去りたいのだ。女神よ。
(竪琴を落とす)
私を行かせてほしい。

「ヴェーヌス讃歌・三度目」Dir töne Lob!

ヴェーヌスは、激しい怒りを見せる。

ヴェーヌス

行けばいい。あなたは自由だ。止めることはしない。どうせすぐに戻ってくるもの。冷たい人間に傷つき、私をまた求めるわ。

「二重唱・行くがいい」Zieh hin, Wahnsinniger, zieh hin!

タンホイザー

私は永遠にここには戻らない。

ヴェーヌス

本当に戻らないつもりなの!!世間はあなたを許してくれるかしらね。戻ってきなさい。あなたの救いの道は閉ざされている。

タンホイザー

私の救いは、聖母マリアにある。

ヴェーヌスと美しい世界は消える。

第2場 かつての仲間と会い、元の暮らしに戻ることにする

ヴァルトブルク城近くの谷間

突然美しい世界が消えて、タンホイザーは、山や丘、羊の群れに羊飼い、自然豊かな谷間にいる。丘の上には聖母マリア像。

羊飼い
ホルダの女神(ヴェーヌス)が山から降りて、野原を歩き回る。女神が夢に出て、目覚めると暖かな日差しが。5月が来たのだ。

「春の女神が山から降りて」Frau Holda kam aus dem Berg hervor

巡礼者ら
イエス・キリスト。あなたのもとへ巡礼します。信仰を持つ者は、悔い改めれば救われる。

巡礼の行列が通りかかり、羊飼いが挨拶。タンホイザーはひざまずく。

タンホイザー

神よ。あなたに感謝します。

「神よ、感謝します」Allmächt’ger, dir sei Preis!

巡礼者らは通り過ぎ、羊飼いも去る。遠くで教会の鐘の音が響く。タンホイザーがひとり祈る中、狩りをしている領主と騎士たちの一行が近づいてきた。騎士たちはかつての仲間であり、その中にはタンホイザーの親友・ヴォルフラムがいた。

領主
熱心に祈る者は誰であろうか。

「熱心に祈る者は誰なのか?」Wer ist der dort im brünstigen Gebete?

ヴォルフラム

あれは…タンホイザー!タンホイザーです。

驚く領主や一行らに、タンホイザーは無言のまま挨拶する。

領主
本当にお前なのか?お前の高慢さゆえに捨てた仲間たちのもとに戻ってきたのか?

元騎士仲間ら
今の立場は、友なのか?敵なのか?友として戻ってきたなら、歓迎しよう。

ヴォルフラム

過ぎたことはどうでもいいじゃないか。ここに戻ってきたのだから。

領主
皆が歓迎するなら、私も歓迎しよう。これまでどこにいたのだ?

タンホイザー

遠くをさまよっていました。何も聞かないでください。ここには戦うために戻ってきたのではありません。どうかこのまま行かせてください。

領主
いや、ここを去ることはならぬ。

ヴォルフラム

エリーザベトのもとにとどまるんだ。お前は何度も歌合戦で勝利してきた。お前ばかりが栄光を勝ち取ってきた。

あれは魔力か、純粋な力なのか。とにかく、お前の歌は、貞節な姫の心を掴んだのだ。お前がいなくなってから、姫は我々の歌に心を開かなくなってしまった。

お前が戻り、姫に歌を聞かせてくれ。星のような姫が我々を再び照らしてくれるように!

「魔力か、汚れない力か」War’s Zauber, war es reine Macht

タンホイザー

エリーザベト!あの人のもとに戻ろう。

タンホイザーは残ることを決め、一行は喜び合い、城に戻っていく。

「タンホイザー」第2幕の簡単な対訳 歌合戦、タンホイザーの罪が明らかに

ヴァルトブルク城の大広間(歌の殿堂)

嬉しそうにエリーザベトは広間に入る。

エリーザベト

愛しい歌の殿堂よ。挨拶しましょう。あの方がお前を見捨ててから、私にはお前が荒れ果てたものに見えたのです。

彼は戻り、お前にも私にも命を与えたのです。さあ、歌の殿堂よ。私の挨拶を受けるのです。

「貴き殿堂よ・殿堂のアリア」Dich, teure Halle

タンホイザーとヴォルフラムが広間に近づく。ヴォルフラムが途中で立ち止まり、タンホイザーをエリーザベトと会うように勧める。

ヴォルフラム

エリーザベトが待っているぞ。さあ、遠慮せずに行くんだ。

立ち去らずに遠くで待っている、ヴォルフラム。タンホイザーは駆け寄り、エリーザベトにひざまずく。

エリーザベト

どうぞお立ちになってください。こんなにも長い間、あなたはどこに?

「二重唱・お立ち下さい」So stehet auf!

タンホイザー

遠い場所でした。ですが忘れ去りたいのです。あなたと再び会えたのは、崇高な奇跡でした。

エリーザベト

私はこの奇跡を讃えましょう。

お許しください。まるで夢の中にいるようで無力なのです。かつて私は歌手たちの歌を聞くのが好きでした。素晴らしい歌を。

ですが、あなたは違ったのです。あなたの歌は私に生命を呼び起こし、これまでにない感情と欲望を引き起こしました。あなたの歌への歓喜を前にして、これまで愛していたものを愛せなくなったのです。

あなたが去り、私は心の平和を失いました。あなたは私にひどいことをなさったですのよ。

「お許しください、どうしていいのかわからない」Verzeiht, wenn ich nicht weiss, was ich beginne!

タンホイザー

愛の神を讃えて下さい。あなたの心をかき乱したのは、愛の神であり、私をあなたへ導いたのも、愛の神です。

エリーザベト

この時を称えましょう。私にこのような良い知らせをもたらした力を称えましょう。

「二重唱・この時を称えましょう」Gepriesen sei die Stunde

タンホイザー

この時を称えましょう。あなたの口から喜ばしい言葉を聞かせてくれた力を称えましょう。

ヴォルフラム

(私の望みは消え去ったな・・・)

タンホイザーはエリーザベトのもとを離れ、ヴォルフラムと抱き合う。タンホイザーとヴォルフラムは立ち去る。入れ替わりで領主がやって来る。

領主
エリーザベト。殿堂でお前に会うとは。しばらく来なかったのに。ついにお前の気持ちを打ち明ける気になったのか?

「この殿堂でお前に会うとは」Dich treff ‘ich hier in dieser Halle

エリーザベト

まだお話しすることは出来ません。

領主
私に打ち明けるのはいつでもいいだろう。さあ、歌合戦が開かれるのだ。そろそろ領地の貴族たちが集まってくる。

領主やエリーザベトに迎え入れられて、着飾った貴族たちが広間に現れる。

人々
喜びをもって、高貴な殿堂に入ろう。芸術と平和が常に存在する場所だ。

「大行進曲」Freudig begrüssen wir die edle Halle

領主とエリーザベトは天蓋の下に座る。

領主
この殿堂では、数々の美しい歌が歌われてきた。歌合戦を始めよう。テーマは「愛の本質」だ。最も価値ある答えを導いた者は、エリーザベトから褒美をもらうことができるだろう。

「この殿堂では美しい歌が」Gar viel und schön ward hier in dieser Halle

タンホイザーとヴォルフラムは左右に分かれて座り、その様子を貴族たちが見守っている。

4人の小姓
ヴォルフラム、始めて下さい。

ヴォルフラム

こちらにお集まりの気高い皆様を見れば、私の心は燃え上がるばかり。勇敢な騎士、貞淑なご婦人、私はこの眺めに酔いしれているのです。

星空を眺めれば、ひときわ輝く星がひとつ。私の精神は敬虔な気持ちになります。そして、見て下さい。奇跡の泉(女)を。私から優美な喜びを引き起こすのです。

私はこの泉(女)を汚したくありません。この歌から高貴な方たちは見るでしょう。「愛の最も純粋な本質」を。

「この気高き人々を見れば」Blick’ ich umher in diesem edlen Kreise

騎士と婦人ら
素晴らしい。この歌に褒美を!

タンホイザー

ヴォルフラムよ。私も同じ幸せを感じたことがある。同じように、泉(女)の徳を讃えよう。

だが、私は熱い欲望なしに泉(女)に近づくことが出来ないのだ。渇きを癒やすために、ためらいなく口づけしよう。永遠に欲望に燃え、永遠に泉(女)を味わうのだ。

ヴォルフラム。これが「愛の本当の正体」だ。

「私もやはり幸せだ」Auch ich darf mich so glücklich nennen

エリーザベトはタンホイザーに賛同しようとするが、会場は静まりかえっているので、拍手を控える。

別の騎士(ヴァルター)
ヴォルフラムが言う、泉(女)の姿が本当のものだ。泉(女)への渇望に捕らわれている、お前に泉(女)の本当の姿がわかるものか。

泉(女)は徳のある存在なのだ。お前は好きなだけ泉を崇めるがいい。だが、お前の情熱を癒やそうと、泉(女)に口づければ、奇跡の力を失うだろう。

泉(女)からは、口ではなく心を豊かにするのが正しいのだ。

「ヴォルフラムの言う泉は」Den Bronnen, den uns Wolfram nannte

騎士と婦人ら
万歳。褒美はあなたのものだ!

タンホイザー

ヴァルター、君の歌は愛の姿をゆがめる。君がそんなことを言うのは、欲望を楽しんだことがないからだよ。

「ヴァルター、君の歌は」O Walther, der du also sangest

別の騎士(ビーテロルフ)
なんだと、我らと戦うがいい。剣を持ってこい。

「我らと戦うがいい」Heraus zum Kampfe mit uns allen!

タンホイザー

ほら吹き、ビーテロルフ。狼のような君が愛を歌うのか?哀れな狼よ、君は何を楽しんだというのか?

「ほら吹き、ビーテロルフ」Ha, tör’ger Prahler, Biterolf!

タンホイザーと騎士が言い争いを始めて、広間が混乱。ヴォルフラムが声を発すると、静まりかえる。

ヴォルフラム

天よ。懇願させてください。私の歌に神聖な力を授けて下さい。高貴で純粋な集まりから、汚れた罪を追い払い下さい!

「天よ、願いを聞き給え」O Himmel, lass dich jetzt erflehen

タンホイザー

愛の女神よ、この哀れな者たちに愛の喜びを教えてあげてくれ。行け、行くのだ。本当に愛を知りたいなら、ヴェーヌスの山に行け!

「ヴィーナス讃歌・愛の女神よ」Dir, Göttin der Liebe, soll mein Lied ertönen!

騎士と婦人ら
この男は、禁断の土地・ヴェーヌスベルクにいたのだ!

大広間から足早に立ち去る婦人ら。エリーザベトは動揺しているが、立ち去らない。領主、騎士ら、男性たちは集まり話し合っている。人々が騒然とする中で、タンホイザーは歌い終わっても、陶酔感が抜けない。

領主、騎士ら
ヴェーヌスベルクにいたとは。あいつは追放せねばならない。

エリーザベト

おやめください。

領主、騎士ら
あの者をかばうのか。貞淑な乙女がかばうのか!!お前が一番酷い裏切りを受けたのに。彼に救いはなく、罰を受けなければならない!!

エリーザベト

離れて下さい。あなた方は彼の裁判官ではありません。清い乙女の言葉を聞いて下さい。彼は反省を示すことで、救済されるべきです。

「離れて下さい、あなた方は彼の裁判官ではない」Zurück von ihm! Nicht ihr seid seine Richter!

タンホイザーはエリーザベトの言葉に感動。

タンホイザー

罪人を救いに導くために、神の使者が私に遣わされた。しかし愚かなことに、冒涜的に彼女に触れてしまった。私に救いの天使を送ってくださった方よ、罪の深い私を憐れんでください

「罪人を救いに導くために」Zum Heil den Sündigen zu führen

領主
(沈黙の後)恐ろしい罪が犯された。我らはお前を追放する。だが、救いの道が、一つ残っている。ローマへ巡礼の旅に出よ。

「恐ろしい罪が犯された」Ein furchtbares Verbrechen ward begangen

領主、騎士、吟遊詩人ら
巡礼者と共に行くがいい。お前の罪を償ってくるのだ。神の祝福がなければ、二度と戻ってはならない。

エリーザベト

恵みと慈しみの神よ、彼をあなたに向かって歩ませてください。彼は反省を示すことで、許されなくてはなりません。私はこの人のために祈ります。

遠くから巡礼者たちの歌声が、広間に聞こえてくる。

巡礼者らの声
反省をする者は救われなければならない。

広間の人々が巡礼者たちの声に聞き入ると、突然、タンホイザーに光が注がれる。

タンホイザー

ローマへ!

「ローマへ」Nach Rom!

タンホイザーは足早に立ち去る。

全員
ローマへ!

「タンホイザー」第3幕の簡単な対訳 エリーザベトの死、タンホイザーの救済

導入曲「タンホイザーの巡礼の旅」

ヴァルトブルク城近くの谷

夕暮れ時、聖母像の前で、エリーザベトは祈りを捧げている。

ヴォルフラム

(彼女はここで祈っていると思った。エリーザベトはタンホイザーの帰りを待っている。彼が救済されるようにと。)

「彼女はここで祈っていると思った」Wohl wusst’ ich hier sie im Gebet zu finden

巡礼者たちの一行が通りかかる。

エリーザベト

あの歌は…巡礼者だわ。

巡礼者ら
幸せな今、故郷よ、私はお前を見ることができる。悔い改めた者には恵みの救いが与えられる。ハレルヤ。

「巡礼の合唱」Beglückt darf nun dich, o Heimat, ich schauen

エリーザベトは必死に探すが、タンホイザーはいない。

エリーザベト

彼は帰ってこない。

全能の聖母マリアよ。私の願いを聞き入れて下さい。この地より私を迎え入れて下さい。天使として迎え入れられることで、マリア様にお目にかかってお願いしたいのです。「タンホイザーが救われるように」と。

「全能の聖母マリアよ」Allmächt’ge Jungfrau, hör mein Flehen!

ヴォルフラム

エリーザベト。しばらく私と一緒にいませんか?

エリーザベトは無言で断り、山を下りていく。ひとり残った、ヴォルフラム。

ヴォルフラム

死の予感のように暗闇があたりを覆うとき、最愛の星が現れる。

「死の予感のように暗闇があたりを覆う」Wie Todesahnung Dämmrung deckt die Lande

私の夕星(ヴェーヌス)よ。彼女が夜道を歩くとき、柔らかく光ってくれ。彼女が地上を去り、天使になるまで。

「夕星の歌」O du, mein holder Abendstern

あたりが暗くなる。身なりがボロボロのタンホイザーが現れる。

タンホイザー

竪琴の調べが聞こえて、なんとも悲しい気持ちになる。きっと彼女が鳴らす音色ではないだろう。

「竪琴の調べが聞こえて」Ich hörte Harfenschlag

ヴォルフラム

巡礼の列から離れてひとりさまようとは、何者なのか?

タンホイザー

私だよ。ヴォルフラム。

ヴォルフラム

贖罪をせずに、ここに戻ってきたのか!!

タンホイザー

聞いてくれ、ヴォルフラム。だが、私に近づくな。私は呪われている。

「聞いてくれ、ヴォルフラム」Hör an! Du,Wolfram

どの巡礼者よりも贖罪の思いを抱いて、私はローマを目指した。どの巡礼者よりも苦難の道を選んだ。だが、ローマに行ったけれど、私は許されなかった。枯れた杖に新緑の芽が芽吹いたら私は救われるそうだ。

ヴェーヌス。さあ連れて行ってくれ。

「ローマ語り」Inbrunst im Herzen

ヴォルフラム

待て!諦めるな。

幻想的な雰囲気。

タンホイザー

柔らかな風!優しい香り。おまえは感じないのか?

ヴェーヌス

よく来たわね。不実な人。タンホイザー。さあ行きましょう。

「よく来たわ、不実な人」Willkommen, ungetreuer Mann!

ヴォルフラム

地獄の魔力よ。男を惑わせるな!タンホイザー。お前のために地上で祈っていた天使は、まもなくお前の頭上から見守るだろう。エリーザベト!!

タンホイザー

(我に返り)エリーザベト!!

ヴェーヌス

ああ、消えてしまう。

ヴェーヌスは消え去り、遠くからエリーザベトの棺が領主や貴族らによって運ばれてくる。

タンホイザー

聖なるエリーザベト!私のために祈ってくれ。

「聖なるエリーザベト」Heilige Elisabeth, bitte für mich!

タンホイザーは、棺の中にある、エリーザベトの遺体に覆い被さると、息絶える。

若い巡礼者たち
恵みの奇跡が起き、世界に救いが与えられた。司祭が持つ、枯れた杖に新緑の芽がはえたのだ。地獄の炎に包まれた罪人であろうとも、新たに救われる。

「合唱」Heil! Heil! Der Gnade Wunder Heil!

領主、騎士ら、巡礼者ら
恵みの救いが与えられた。彼は今、祝福された平和の中にいる。

実際に「タンホイザー」の舞台を観るなら

2019年に新国立劇場で「タンホイザー」の公演がありました。

【公式】新国立劇場「タンホイザー」の公演情報

「タンホイザー」のおすすめDVD

小学館が発売する、人気シリーズのDVD付きの本です。

収録映像は、バイロイト祝祭劇場のもの。

映像には、日本語字幕がついており、初心者でもわかりやすい、解説本は64ページ。

気軽に「タンホイザー」を楽しめます。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる