イル・トロヴァトーレ【炎は燃えて】歌詞と対訳|Stride la vampa

イル・トロヴァトーレ 炎は燃えて

イル・トロヴァトーレ 第2幕

鍛冶屋の合唱に続いて歌われるのが、アズチェーナの「炎は燃えて」です。

火あぶりの光景が目に浮かぶような音楽と歌詞で、イル・トロヴァトーレの中でも注目度の高い歌です。

タップできる目次

「炎は燃えて」Stride la vampa【歌詞と対訳】

Stride la vampa! – la folla indomita
Corre a quel fuoco – lieta in sembianza;
Urli di gioia – intorno echeggiano:
Cinta di sgherri – donna s’avanza!
Sinistra splende – sui volti orribili
La tetra fiamma – che s’alza al ciel!

アズチェーナ

炎はうなり声をあげるー不作法な人々は
炎に向かって走るー楽しげな表情で
喜びの声を上げーあたりにこだまする
役人に囲まれてー女が進み出る
照らしているー人々の恐ろしい顔を
陰気な炎ーそれは天まで燃え上がる

Stride la vampa! – giunge la vittima
Nerovestita, – discinta e scalza!
Grido feroce – di morte levasi;
L’eco il ripete – di balza in balza!
Sinistra splende – sui volti orribili
La tetra fiamma – che s’alza al ciel!

アズチェーナ

炎はうなり声を上げるー犠牲者は現れる
黒い服でー着崩れて、裸足だ
激しい叫びー死を迎える(叫び)
こだまして繰り返すー崖から崖へと
照らしているー人々の恐ろしい顔を
陰気な炎ーそれは天まで燃え上がる

【解説】「炎は燃えて」というより「火炎はうなり声をあげて」

Stride la vampa!

vampa ・・・火炎、熱風
stride(stridere)・・・音をたてる、叫び声をあげる

「炎は燃えて」というより「火炎が音を立てて」と訳すことができ、強い意味が込められています。

アズチェーナ親子より、伯爵邸の警備のほうが問題

  • アズチェーナの母は、赤ん坊のマンリーコの部屋に入れた
  • アズチェーナは、赤ん坊のマンリーコを誘拐できた

「呪いをかけたと疑われたアズチェーナの母より、不審人物がやすやすと屋敷に入れたことの方が問題では?」と思うのは、私が現代人だからなのかな。ジプシーの呪いより、屋敷の防犯に気を配った方がいい。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる