ジークフリート・第2日|あらすじと相関図・ワーグナー

「ニーベルングの指環・第2日・ジークフリート」は、ジークフリートの英雄譚が書かれた作品です。

ワーグナーは自分の一人息子に、ジークフリートと名付けています。長女はイゾルデ、次女はエーファ、長男がジークフリート。イゾルデは「トリスタンとイゾルデ」から。エーファは「ニュルンベルクのマイスタージンガー」から。息子に名付けるくらいなので、お気に入りの登場人物なのでしょう。

「ジークフリート」の見どころ、聴きどころとしては、「溶解の歌・ノートゥング、人も羨む剣よ」Notung! Notung! Neidliches Schwert!、「鍛冶の歌・ホホー、鍛えよハンマーよ、硬い剣にするのだ」Hoho! Hoho! Hohei! Schmiede, mein Hammer, ein hartes Schwert! などが有名です。

タップできる目次

楽劇「ジークフリート・ニーベルングの指環・第2日」の簡単なあらすじ

ジークムントとジークリンデの息子、ジークフリートは、母の死により赤ん坊の頃から小人族のミーメに養育されていた。ミーメはジークフリートを指輪を手に入れるために利用しようとし、ジークフリートはミーメを毛嫌いしていた。

ミーメにそそのかされて大蛇のファーフナーを倒す。森の小鳥の忠告により、指輪と隠れ頭巾を手に入れ、炎の中にいるブリュンヒルデを目覚めさせるため、岩山に向かう。

ジークフリートにより、ブリュンヒルデは目覚める。

相関図と登場人物(ジークフリート、ミーメ、さすらい人)

楽劇「ジークフリート」の相関図・タップで拡大表示

「ニーベルングの指輪」の全体図では「ジークフリート」はピンク色の部分になります。

楽劇「ニーベルングの指環」の相関図・タップで拡大表示
ジークフリートジークムントとジークリンデの子テノール
ブリュンヒルデヴォータンとエルダの娘・炎の中で眠るソプラノ
ニーベルング族(小人族)
ミーメジークフリートを育てる・弟テノール
アルベリヒ最初の指輪保持者・兄バリトン
さすらい人ヴォータン・神々の長バリトン
エルダ知恵の女神アルト
ファーフナー・大蛇巨人族・指輪を持つバス
森の小鳥ジークフリートに情報を与えるソプラノ

作曲ワーグナー・初演・原作・台本・上演時間

ジークフリート Siegfried

  • 作曲 ワーグナー
  • 初演 1876年8月16日 バイロイト祝祭劇場
  • 原作 北欧神話「ヴォルスンガ・サガ」、古代北欧歌謡集「エッダ」、ドイツ叙事詩「ニーベルンゲンの歌」他
  • 台本 ワーグナー
  • 言語 ドイツ語
  • 上演時間 3時間50分(第1幕80分 第2幕70分 第3幕80分)

「ジークフリート」第1幕・ジークフリート、剣を手に入れる

序奏

第1場 ミーメ、養育の歌

森の中、洞窟

小人族のミーメは、金属を叩いて剣を作っている。途中で不機嫌になってやめてしまう。

ミーメ

逃げられない苦しみ、無駄な苦労だ。私が剣を作っても、ジークフリートはすぐに折ってしまう。

ノートゥングの剣の破片なら、とても硬くてあいつにも折ることはできないだろう。だが、破片から新たな剣に作り直すことは、私の技術ではできない。

森にはファーフナーが大蛇に化けて、指輪とニーベルング族の宝を守っている。ジークフリートの若い力なら、大蛇を倒せるだろう。そうなれば、私はアルベリヒの指輪を手に入れられる。それには、ノートゥングが必要だ。

「逃げられない苦しみ、無駄な苦労」Zwangvolle Plage! Müh’ ohne Zweck!

ノートゥング…剣の名前。ニーベルングの指環・第2夜「ワルキューレ」で、神々の長ヴォータンが息子のジークムントに残した剣。ヴォータンの槍の力で剣は折られた。

森からジークフリートが熊を連れて帰ってきた。熊にミーメを追いかけさせる。

ジークフリート

ホイホー!あいつを食ってしまえ。ハハハ!熊よ、あいつに剣はどこだと聞いてやれ。

ミーメ

おい!早く熊をどこかへやってくれ。お前の剣は完成している。

ジークフリート

今日はこれで勘弁してやる。熊よ、森に戻れ。

ミーメ

なぜ生きた熊を連れ帰ってくるのか?

ジークフリート

お前よりましな仲間が欲しいんだ。森で角笛を吹いたら、あの熊がやってきた。いいやつだが、もっといい俺の仲間が見つかるだろう。熊を連れてくれば、お前から剣の出来を聞けるからだ。

ミーメ

剣は上手に作れた。お前も満足するだろう。

ジークフリート

(剣を手にして)刃がきれいに光っていても、丈夫でなれば意味がない。なんてつまらないおもちゃだ。

ジークフリートが剣を叩きつけると粉々に折れる。

ジークフリート

お前に剣を叩きつけてやればよかった。恥知らずのド素人め。老いぼれで愚かな小人を切り刻めば、俺の怒りも収まるだろうよ。

ミーメ

気が狂ったような荒れ方だな。お前は、私がお前にやってきた良いことを忘れるのが早すぎる。私がお前に与えた恩を教えてやろうか。聞かないというのだな。仕方がない。肉を焼いてやろうか?お前のために煮込んだスープがあるぞ。

ミーメが持ってきた食事を、ジークフリートが叩き落す。

ジークフリート

自分で肉を焼いて食べた。まずいスープはお前が飲め。

ミーメ

赤ん坊の頃からお前を育ててやり、食べ物や飲み物を与えたのだぞ。寝床を作って、お前は安らかに眠った。お前におもちゃや角笛を作ってやったではないか。それなのに、私が働いている時、お前は外で遊んでいる。老いた小人は身をすり減らすばかりだ。

「養育の歌・赤ん坊の頃からお前を育ててやった」Als zullendes Kind zog ich dich auf

ジークフリート

俺はお前からいくつか学ぶことがあった。お前の食べ物は吐き気を催す。お前が俺を寝かしつけようとすると、睡眠の邪魔になる。お前の存在が我慢ならない。お前が物知りと言うなら、俺に教えてくれ。なぜ俺はお前のもとに戻ってきてしまうのかを。

ミーメ

我が子よ、お前の心は私を大事に思っているからだろう。

ジークフリート

(嘲笑して)俺はお前のことが我慢ならないんだ。そのことを忘れてもらっては困る。

ミーメ

お前は無鉄砲なのだ。小鳥は巣を飛び立つまでは、親鳥に我がままに当たり散らすものだ。私はそれがわかっていてお前を心配している。

ジークフリート

ミーメ、もう一つ教えてくれ。鳥や狐、動物たちには、雌と雄がいて子供を得ていた。俺が母と呼べる者はどこにいるのか?

ミーメ

愚か者。お前は鳥でも狐でもない。

ジークフリート

お前は赤ん坊を育てたと言うが、その子供をどうやって手に入れたのか?

ミーメ

私の言うことを信じればいい。私はお前の父で母である。

ジークフリート

嘘をつくな。子が親に似ることは、俺にだってわかる。清らかな小川を通ったとき、動物も雲も太陽もあるがままの姿が川面に映っていた。そのとき、自分の顔を見た。お前と全く違っていたぞ。

ミーメ

くだらないことを聞くな。

ジークフリートがミーメの首を絞める。

ジークフリート

これまでもお前を痛めつけないと、お前から何も得ることができなった。俺の父と母はどこだ?

ミーメ

私の命まで取ろうというのか。首から手を離せ。すべてを話そう。

私は森の中で、泣いて横たわる女を見つけた。私はこの洞窟に女を連れ帰った。彼女の腹には子供がおり、ここで出産したのだ。出産で女は死に、お前は生き残った。彼女に子供の面倒を見るように頼まれたのだ。

ジークフリート

なぜ俺はジークフリートという名前なのか?

ジークフリート(siegfried)…sieg(勝利)frieden(平和)

ミーメ

彼女がお前をジークフリートと呼ぶように私に頼んだからだ。

ジークフリート

母の名前を教えろ。

ミーメ

名前が思い出せない。確か、ジークリンデと言っていたような気がする。

ジークフリート

父の名前を教えろ。

ミーメ

会ったことはない。お前の父は剣で切られたと聞いた。

ジークフリート

お前の話の証拠を見せろ。

ミーメは少し考えて、二つの破片を持ってくる。

ミーメ

彼女は私への謝礼として、この二つに折れた剣を渡してくれた。お前の父が最後に戦った時にこの剣を使っていたそうだ。

ジークフリート

この剣を使えるようにしてくれ。適当に作ったら、お前の首を絞めてやる。どうしても今日中にこの剣が欲しい。

ミーメ

今日中にだって?

ジークフリート

俺は森を出ていく。二度と戻らない。ミーメ、お前とは永遠にお別れだ。

ジークフリートは出ていく。

ミーメ

ジークフリート!風のように去ってしまった。私が指輪と財宝を手に入れるために、あいつをファーフナーの巣に連れていかなくてはいけない。剣を作り直さなくてはいけないが、私の技術では剣を作り直すのは無理だ。私はどうしたらいいんだ。

第2場 ヴォータンとミーメの問答

さすらい人(ヴォータン)が森からやってくる。ミーメの洞穴に入る。

さすらい人・ヴォータン

幸いあれ、賢い鍛冶屋。私をお前の家で休憩させてくれ。

「幸いあれ、賢い鍛冶屋」Heil dir, weiser Schmied!

ミーメ

こんな寂しいところに何の用だ?

さすらい人・ヴォータン

人は私を「さすらい人」と呼ぶ。

ミーメ

どこか遠くでさすらってくれ。

ヴォータンは、囲炉裏のそばに勝手に座る。

さすらい人・ヴォータン

私は知恵のある男だ。私に質問すれば、お前は役に立つ答えを手に入れられるだろう。私の首を賭けて、知恵比べをしよう。

ミーメ

それならばうまく答えてくれ。地底にどんな種族が住んでいるのか?

「うまく答えてくれ、地底にどんな種族が住んでいるのか」Nun sage mir schlau: welches Geschlecht tagt in der Erde Tiefe?

さすらい人・ヴォータン

ニーベルハイムのニーベルング族だ。黒いアルベリヒがかつて指輪の力で一族を支配していた。彼のために宝は積み上げられた。アルベリヒは宝によって世界を支配しようと狙っていた。

ミーメ

地上にいる一族は?

さすらい人・ヴォータン

リーゼンハイムの巨人族だ。巨人の兄弟がニーベルングの指輪と宝を手にしたが、兄弟で争い、兄は死んだ。弟のファーフナーは大蛇となり、指輪を守っている。

ミーメ

雲の上にいる一族については?

さすらい人・ヴォータン

雲の上には神々の城ヴァルハルがある。光のアルベリヒであるヴォータンが率いている。彼は世界樹の枝から、槍の柄を作った。その槍で世界を制したのだ。

ヴォータンが槍で地面を叩くと、激しい音が轟いた。

ミーメ

お前は私の質問に答えた。立ち去っていい。

さすらい人・ヴォータン

お前は自分の役に立つことを質問するべきだったのに、そうしなかった。自分に必要なことがわかっていないのだ。お前は私を無礼に出迎えた。お前も自分の首を賭けて私の質問に答える必要がある。

ミーメ

私の知恵が役に立つかもしれない。

さすらい人・ヴォータン

ヴォータンが怖い顔を見せながらも、彼が一番愛している一族は何か?

ミーメ

ヴォータンの血を引く子たちによる、ヴェルズング族だ。双子の兄妹は愛し合い、ジークムントを生んだ。

さすらい人・ヴォータン

一人の賢いニーベルングがジークフリートの世話をしている。彼にファーフナーを倒させて、指輪を手に入れるつもりだ。ジークフリートがファーフナーを倒すのに必要な剣は何か?

ミーメ

ノートゥングという剣だ。ヴォータンはトネリコの木の幹に剣を刺した。誰も剣を引き抜くことができなかったが、ジークムントが成功した。彼は戦いでこの剣を使ったが、ヴォータンの槍によって折れた。

今その破片を保管しているのは、賢い鍛冶屋だ。鍛冶屋は知っているのだ。ヴォータンの剣でしか、ジークフリートは大蛇を倒すことができないのを。

さすらい人・ヴォータン

剣の破片を鍛えなおすことができるのは誰か?

ミーメ

困った。どう答えたらいいのか?忌々しい破片め。盗むんじゃなかった。

さすらい人・ヴォータン

三度までお前に質問させてやったのに、お前は私に聞かなかった。意味のない遠くのことを聞いて、身近な問題を解決しようとしなかったのだ。聞くがいい。愚かな小人よ。

恐れを知らぬ者だけがノートゥングを鍛えなおすのだ。お前の首は他の者に譲る。恐れを知らぬ者がお前の首を取るだろう。

「恐れを知らぬ者だけがノートゥングを鍛えなおすのだ」Nur wer das Fürchten nie erfuhr, schmiedet Notung neu

ヴォータンは薄笑いを浮かべて、森に去っていく。

第3場 ジークフリート、鍛冶の歌

呆然としたミーメが、洞窟から明るい陽射しの森を見ている。

ミーメ

いまいましい光だ、あそこで燃えているのは何だ?森から何かやってくる。大きな口を開いて、大蛇がやってきた!ファーフナーだ!

「いまいましい光だ、あそこで燃えているのは何だ」Verfluchtes Licht! Was flammt dort die Luft?

ミーメは叫び声をあげて、部屋の陰に隠れる。森からジークフリートが帰ってきた。

ジークフリート

俺の剣はできたか?ミーメ、どこにいる?そんなところに隠れているのか?俺の剣でも研いでいたのか?

ミーメ

剣か。(小声で)恐れを知らぬ者だけがノートゥングを鍛えなおす…自分の首を賭けで失くしてしまった。恐れを知らぬ者に首を取られてしまう。

ジークフリート

誰と話している?

ミーメ

(小声で)こいつに私への愛情を教えるべきだったのに、やり損ねた。後悔しても無駄だ。こいつにどうやって恐れを教えよう。

ジークフリート

何を言っているのか?

ミーメ

お前に恐れを教えるために、どうしようか考えていた。恐れを知らずに森の外に出るなんて、心配だよ。どんなに頑丈な剣を持っても、恐れを知らなければ危ない。お前の母に頼まれたことを私は実行している。

ジークフリート

恐れとは何なんだ?

ミーメ

薄暗い森で、遠くからざわざわと音が聞こえてくる。ぼんやりした光が現れて、何かが近づいてくる。そんなときに、お前はぞっとしたことがないか?手足がしびれて、心臓が脈打つのを感じないか?

ジークフリート

俺の心臓は頑丈なようだ。そのような感覚になったことはない。弱虫のお前が恐れを教えることなんてできるのか?

ミーメ

いいことを思いついた。大蛇に教えてもらうといいだろう。お前を大蛇の巣穴に連れていく。

ジークフリート

よし、そこに行こう。剣を早く仕上げてくれ。

ミーメ

剣か。困ったな。私の技術でも、どうしようもない。恐れを知らぬ者なら、方法を考え付くかもしれない。

ジークフリート

もういい。剣の破片をよこせ。俺の父の剣なら、俺の言うことを聞くはずだ。自分の手で作ってやる。

ミーメ

お前は鍛冶の修業を適当にやってきたじゃないか。まともなものができるのか?

ジークフリートは炉に火をつけて、剣を削って粉にしていく。

ミーメ

なぜ剣を削っていくのか?

ジークフリート

こうやって二つの剣をひとつにするのさ。

ジークフリートは熱心に剣を粉にし続けて、ミーメは少し遠くに離れる。

ミーメ

どうやら剣はこれでうまくいくだろう。あいつに恐れを学ばせないと、私の首があいつのものになってしまう。あいつには大蛇を倒してもらい指輪を手に入れたいが、大蛇から恐れを学ぶこともしてほしい。なんというジレンマ。私はどうしたらいいんだ。

ジークフリートは剣を削り終わって、炉に入れている。

ジークフリート

ミーメ!俺が削った剣の名前は何だ?

ミーメ

ノートゥングだ。お前の母が私に話してくれた。

ジークフリート

ノートゥング、人も羨む剣よ!お前はなぜ折れてしまったのか?俺はお前を金屑にしたが、こうやって炉で熱している。ホー!ホー!ホーハイ!

「溶解の歌・ノートゥング、人も羨む剣よ」Notung! Notung! Neidliches Schwert!

少し離れた場所でジークフリートを見ているミーメ。

ミーメ

あいつは剣を完成させ、大蛇のファーフナーを倒す。あいつが手に入れる財宝と指輪をどうやって横取りしようか。大蛇との決闘で疲れ果てるだろう。その時に私は薬草の飲み物を渡そう。あいつは一眠りしている間に、財宝と指輪を奪い取ってしまえばいい。

ミーメは鍋を煮始める。

ジークフリート

おい、何をしているのか?

ミーメ

鍛冶屋の親方も形無しだ。料理でもして弟子に仕えるよ。

ジークフリート

あいつが作ったものなんて、食べるものか!

ジークフリートは、剣をハンマーで叩き始める。

ジークフリート

ホホー、鍛えよハンマーよ、硬い剣にするのだ。

「鍛冶の歌・ホホー、鍛えよハンマーよ、硬い剣にするのだ」Hoho! Hoho! Hohei! Schmiede, mein Hammer, ein hartes Schwert!

ミーメ

ジークフリートを罠にはめる飲み物を作ったぞ。この作戦はうまくいく。

ジークフリート

俺は見事にやり遂げた!ハイハホー!

剣を水桶に入れて、激しい音が上がる。ジークフリートは笑い声をあげる。

ミーメ

兄が作った世界を支配する黄金の指環。私は指輪を手に入れる!

ジークフリート

ミーメ、見るがいい。ジークフリートの剣はこんなに切れるぞ。

「ジークフリートの剣はこんなに切れるぞ」So schneidet Siegfrieds Schwert!

ジークフリートが剣を振るうと、鉄の床が真っ二つになる。

「ジークフリート」第2幕・ジークフリート、指環を手に入れる

序奏

第1場 ヴォータンとアルベリヒの問答

巨人族ファーフナーの洞窟

夜、アルベリヒ(ミーメの兄)が洞穴の前で見張っている。

アルベリヒ
森と暗闇の中で、私はナイトヘーレ(妬みの洞穴)見張りをする。光が向かってくる。消えたぞ。近づいてくるのは誰だろう?

Neidhöhle(ナイトヘーレ)…Neid(妬み)、Höhle(洞穴)

さすらい人・ヴォータン

ナイトヘーレにやってきた。あそこにいるのは誰だ?

「ナイトヘーレにやってきた」Zur Neidhöhle fuhr ich bei Nacht

掴灯りの下にヴォータンが現れる。

アルベリヒ
お前か!恥知らずの盗人め。

さすらい人・ヴォータン

見るためにやってきた、何もしない。何かを仕組むつもりはない。

「見るためにやってきた、何もしない」Zu schauen kam ich, nicht zu schaffen

アルベリヒ
(冷ややかに笑って)私を罠にかけた男が言うのか!お前は私の財宝を使って、巨人に借金を支払った。だが、私はお前の弱みを知っている。お前は契約の力に束縛されているのだ。もしお前が巨人から指輪を奪えば、お前の槍を打ち砕くことになるだろう。

さすらい人・ヴォータン

契約の力で、悪人のお前を槍が縛ったのではない。お前を縛ったのは、槍そのものの力だ。

アルベリヒ
誇らしげに強がっても無駄だ。私の呪いによってファーフナーは命が短い。お前は指輪が私のものになるか不安だろう。愚かな巨人と違い、私は指輪の力を行使する。神々は震えるといい。私はヴァルハラ(神々の城)に地獄の軍団を送り込む。世界を支配するのは私だ!

さすらい人・ヴォータン

私はお前の思惑を知っている。指輪を手に入れられる者が、指輪を手に入れられるのだ。

アルベリヒ
回りくどいことを言うな。お前は自分の血縁に自分では手に入れられないものを手に入れさせるつもりだろう。

さすらい人・ヴォータン

私ではなく、ミーメと喧嘩しろ。指輪を狙っているのはミーメだけだ。ミーメは少年を連れてきて、ファーフナーを倒すつもりだ。

アルベリヒ
回りくどいことを言うな。お前は自分の血縁に自分では手に入れられないものを手に入れさせるつもりだろう。

さすらい人・ヴォータン

ファーフナーに危険を知らせれば、あいつはお前に指輪をくれるかもしれないぞ。お前のために大蛇を起こしてやろう。

ヴォータンは洞穴の入り口に行き、呼びかける。

さすらい人・ヴォータン

ファーフナー!起きろ、大蛇よ。

ファーフナーの声
眠りを邪魔するのは誰だ?

さすらい人・ヴォータン

もうすぐお前を倒す者が来る。

アルベリヒ
ファーフナー!お前を倒す者がやってくるぞ。私に指輪を譲ってくれるなら、争いを回避してやる。

ファーフナーの声
放っておいてくれ。指輪は所有する。

ヴォータンは大笑いする。

さすらい人・ヴォータン

アルベリヒ、失敗だったな。これからは私を悪人だと罵るなよ。お前にひとつ忠告しよう。何事にも流儀があり、それはお前にも変えることはできない。この場所をお前に譲る。ミーメと対決するがいい。何が違うか、これから学ぶがいい。

「何が違うのか、これから学ぶがいい」Was anders ist, das lerne nun auch!

ヴォータンは、去っていく。

アルベリヒ
笑えばいい。欲深い神々の一族よ。お前らが滅びるのを見てやる。

第2場 ジークフリート、大蛇を倒す

夜明け、大蛇の巣穴。ミーメとジークフリートがやってくる。

ミーメ

たどり着いたぞ。

ジークフリート

ここで恐れを学べるのか。お前は用済みだ。去れ。

ミーメ

今日ここで恐れを学ぶことができなければ、他の場所で学ぶことはできないぞ。ここには凶暴な大蛇がいる。

ジークフリート

そいつには心臓があるのか?

ミーメ

心臓はある。どうだ?恐れを感じたか?

ジークフリート

ノートゥングをそいつの心臓に刺してやる。これくらいのことで恐れを感じるわけないだろ。

ミーメ

お前が大蛇を見て恐れを感じた時、お前は私に感謝して、愛を感じるだろう。

ジークフリート

やめてくれ。俺の前から消えてくれ。

ミーメ

湧き水のところで休んでいるよ。お前は大蛇との戦いの後、喉が渇くだろう。

ジークフリート

遠くに去れ。二度と戻ってくるな。

ミーメ

戦いの後に、お前を元気づけるよ。

ジークフリートは荒っぽく去れと合図する。

ミーメ

(小声で)ジークフリートとファーフナー、互いに殺しあうがいい。

ミーメは去り、ジークフリートは菩提樹(Linde)の下に寝そべる。

菩提樹(Linde)…ジークムントの母はジークリンデ(Sieglinde

ジークフリート

あいつが俺の父親でないとは、嬉しくてたまらない。俺の父はどんな姿だったのだろうか?きっと俺に似ているに違いない。ミーメに子供がいたら、醜く汚いやつに違いない。

でも、母さんはどんな人だったのだろう。息子として母に会えたらいいのに。俺の母は人間の女だ。

「あいつが俺の父親でないとは」Dass der mein Vater nicht ist

「森のざわめき」の音楽。Forest Murmurs

菩提樹にとまる、一羽の小鳥に気が付く。

ジークフリート

小鳥よ、お前のさえずりの意味が分かればいいのに。俺の母について話しているのかな?ミーメが小鳥のさえずりがわかると言っていたが、どうしたら俺もわかるようになるのか?

小鳥の真似をしてみよう。葦の草笛で。うまくいかないな。角笛で森の調べを奏でよう。

ジークフリートの角笛で、大蛇のファーフナーが姿を現す。

ファーフナー
お前は何だ?

ジークフリート

俺は恐れを知らない男だ。お前は俺に恐れを教えることができるのか?お前が恐れを教えられないなら、お前の命を奪ってやる。

ファーフナー
水を飲もうとやってきたのに、餌まで見つけるとは。

ファーフナーが牙を見せて、蛇の尾を振る。

ジークフリート

お前に食われると困るから、倒してしまおう。

剣で刺されて瀕死状態になる、大蛇のファーフナー。

ジークフリート

欲深いやつ、ノートゥングがお前の心臓に刺さった。

「欲深いやつ、ノートゥングがお前の心臓に刺さった」Da lieg’, neidischer Kerl! Notung trägst du im Herzen.

ファーフナー
お前は誰だ?お前のような若者がこのようなことをするなんて、誰にそそのかされたのか?

ジークフリート

自分が何者なのかわからない。俺自身の勇気がこうさせたのだ。

ファーフナー
清らかな子供よ、何者であるかわからないお前に、誰を倒したのか教えてやろう。巨人族のファーフナーだ。勇者よ、お前をそそのかした者がお前の命を狙っているだろう。

ジークフリート

死にゆく者よ、俺の出自を教えてくれ。俺の名前はジークフリートだ。

ファーフナー
ジークフリートか…。

ファーフナーの死。

ジークフリート

死んでしまっては何も聞けない。それならば、剣に導いてもらう。

ジークフリートは大蛇から剣を抜いて、手に血を浴びる。

ジークフリート

火のように熱い血だ。

指に着いた血を口に入れる。

ジークフリート

どうやら、鳥が俺に話しかけているようだ。

森の小鳥
(少年のような声で)ジークフリートはニーベルングの宝を手に入れた。洞窟の中の宝を見つけてごらん。隠し頭巾を手に入れたら、便利だよ。指輪を手に入れたら、世界の支配者になれるよ。

「ジークフリートはニーベルングの宝を手に入れた」Hei! Siegfried gehört nun der Niblungen Hort!

ジークフリート

ありがとう。小鳥よ。

ジークフリートは、洞窟に入っていく。

第3場 ミーメの死

大蛇の死を確認するために、アルベリヒとミーメが出てくる。

ミーメ

去れ。私が宝を手に入れられるように、手はずを整えてきたのだ。

アルベリヒ
お前がライン川から黄金を奪い取ったのか?お前が黄金を指輪に変えたというのか?

ミーメ

隠れ頭巾を作ったのは私だ!お前が失った指輪を、私の策略で取り返すのだ。

アルベリヒ
お前にあの指輪がふさわしいとでも?

ミーメ

隠れ頭巾と交換してやってもいい。獲物を二人で分け合おう。

アルベリヒ
お前には何もやらない。釘一本でも。

ミーメ

それならば、ジークフリートの力を借りてお前をやっつけてやる。

ジークフリートが洞窟から出てくる。

アルベリヒ
あいつが洞窟から出て来たぞ。隠れ頭巾を手にしている!

ミーメ

指輪もだ!

二人は森の中に隠れる。

ジークフリートが隠れ頭巾と指輪を手に現れる。菩提樹の近くで立ち止まる。

ジークフリート

これが俺の役に立つかはわからない。有難い忠告に従って取ってきた。この品物は、ファーフナーと戦って倒したが、恐れを学ばなかった記念の品となる。

森の小鳥
頭巾と指輪はジークフリートのもの。不実なミーメを信じるな。ミーメの腹の内がわかるだろう。血をなめたことが役に立つ。

ジークフリートにミーメが親しげに近づく。

ミーメ

ジークフリート!恐れを学ぶことができたかい?

ジークフリート

それを教える者は見つからなかった。大蛇は嫌な奴だったが、死んだ時は悲しかった。そいつよりも悪人が生きているからだ。大蛇を殺せと命じた奴を憎んでいる。

ここから後は、ミーメは本心を言ってしまう。

ミーメ

落ち着け。もうお前は私を見ることはないのだから。お前の目を永遠に閉じてやる。

さあ、戦いで疲れただろう。この飲み物で元気を出せ。お前がそれを飲んでくれれば、私は頭巾と指輪を手に入れることができる。ヒヒヒ!

ジークフリート

眠っている俺を殺そうと言うのだな?

ミーメ

何を言う?私がそんなことを言ったとでも?

お前の首をはねてやりたいだけさ。さあこれを飲め。一杯以上飲むことはできないさ。ヒヒヒ!

ジークフリート

この剣を味わうがいい!

ジークフリートはミーメに剣を振り下ろす。ミーメの死。遠くからアルベリヒの嘲笑。

ジークフリート

ノートゥングを得たのはこのためだった。

ミーメの遺体を洞窟に放り投げる。

ジークフリート

宝の上での寝転んでいるがいい。お前に有能な番人をつけてやろう。

洞窟の入り口を大蛇でふさぐ。

ジークフリート

青空からの太陽が頭に注がれる。菩提樹の木陰で休もう。

小鳥よ、お前の歌を聞きたいよ。お前の周りには兄弟や姉妹がいっぱいいるな。だが、俺はひとりだ。兄妹も姉妹も、父も母もいない。俺にいたのは、醜い小人だった。あのひどいやつは俺を罠にかけて、俺はとうとうあいつを殺すはめになった。

小鳥よ、俺にいい相手を見つけてくれないか。お前ならいい人を見つけられるだろう。お前はすでによい忠告をしてくれたのだから。

森の小鳥
ジークフリートは悪い小人をやっつけた。炎を越えて花嫁を目覚めさせればブリュンヒルデは彼のものになる。

ジークフリート

なんてありがたい歌だ。森から岩山を目指そう。

森の小鳥
ブリュンヒルデを目覚めさせよ。それは恐れを知らぬ者しかできない。

ジークフリート

恐れを知らないのは俺のことだ。ファーフナーから恐れを学ぶのは無駄なことだったのだ。岩山はどう行けばいい?

小鳥が先導して、ジークフリートはついていく。

ジークフリート

道は示された。お前についていくぞ。

「ジークフリート」第3幕・ジークフリートとブリュンヒルデが出会う

序奏

前幕と序奏の間には、12年ほど作曲の中断がありました。その間、トリスタンとイゾルデニュルンベルクのマイスタージンガーを作っています。

第1場 ヴォータンとエルダの対話

荒野

夜、嵐の中雷が鳴っている。ヴォータンは洞窟の入り口に呼びかける。

さすらい人・ヴォータン

目覚めよ、ヴァーラ。地底から上がってこい!エルダ、すべてを知る女よ。太古からの女神よ。

「目覚めよ、ヴァーラ」Wache, Wala! Wala! Erwach’!

ヴァーラはエルダの別名。ゲルマン神話のWala(古ノルド語ではVölva)「預言者」の意味です。ワーグナーは、北欧歌集エッダの「バルドルの夢」から、エルダのキャラクターを作りました。

ほの明るい光に包まれて、エルダが出てくる。

エルダ
私を知の眠りから覚ますのは誰?

さすらい人・ヴォータン

私は世界中を巡って、世界の知恵を知るものを探したが、お前ほど詳しい者はいないのだ。

エルダ
私が眠っていても、ノルンが役目を果たしてるはず。なぜノルンに聞かないのか?

ノルン…エルダの娘、運命の女神。

さすらい人・ヴォータン

ノルンは運命を織るだけで、変えることはできない。だが、お前なら運命の輪を止めることができる。

エルダ
知の女神である私は、神々の長(ヴォータン)によって手籠めにされ、娘を産んだ。彼女は勇敢で知恵がある。なぜ、エルダとヴォータンの娘(ブリュンヒルデ)に聞かないのか?

さすらい人・ヴォータン

ブリュンヒルデは私に反抗したので、彼女には罰を与えた。娘は深い眠りにつき、目覚めさせた男のものになる。彼女に尋ねても、意味がない。

エルダの長い沈黙。

エルダ
目覚めてから、私は混乱している。叡知の母が眠っている間に、娘は眠りに縛られていたのか?反抗を教えた父が、反抗を罰したのか?正義と契約を守るあなたが、それを破り支配するのか?私を下がらせてほしい。眠りよ、叡知を閉ざせ。

さすらい人・ヴォータン

神である私に教えてくれ。どうやって心配を払えばいいのか?

エルダ
あなたはすでに自分でそう呼ぶ者(神)ではない。なぜヴァーラの眠りを妨げに来たのか?

さすらい人・ヴォータン

お前こそ、そのような者ではない。叡知の母も終わりだ。お前の知恵は私の意思と共に消えていく。ヴォータンが何を望むかわかるか?

ヴォータンの沈黙。

さすらい人・ヴォータン

神々が滅ぼうとも私は悲しくない。私は終末を望んだ。私の遺産をヴェルズング(ジークフリート)に譲ろう。若者はブリュンヒルデを目覚めさせ、お前の娘は世界を救うことになるだろう。

眠るがいい。永遠の眠りに降りていけ。

終末を望んだ…ワルキューレの第2幕・第2場、ヴォータンはブリュンヒルデとの会話の中で「私が望むのは終末だ」と言っている。

エルダが消えて、洞穴が暗くなる。

第2場 ヴォータンとジークフリートの対話

ヴォータンは、ジークフリートの到着を待つ。

さすらい人・ヴォータン

ジークフリートが近づいてくるぞ。

森の小鳥を連れたジークフリートがやってくる。鳥は遠くに飛んで逃げてしまう。

ジークフリート

小鳥は飛んで行ってしまった。これから先は自分で行くしかない。

さすらい人・ヴォータン

若者よ、どこへ行くのか?

ジークフリート

炎に囲まれた山を探している。そこで眠る女を目覚めさせるのだ。

さすらい人・ヴォータン

誰が岩山を探せ、女を目覚めさせろと言ったのか?

ジークフリート

森の小鳥だ。

さすらい人・ヴォータン

鳥は人間の言葉を話せないはずだが。

ジークフリート

俺が倒した大蛇の血をなめたことで、鳥の言葉がわかるようになった。

さすらい人・ヴォータン

大蛇を倒したというが、誰が大蛇を倒すように言ったのか?

ジークフリート

腹黒い小人ミーメだ。

さすらい人・ヴォータン

誰が大蛇を倒せるほどの剣を作れたのか?

ジークフリート

鍛冶屋には作れなかったから、俺が作った。

さすらい人・ヴォータン

折れた破片を作ったのは誰か?

ジークフリート

俺が知るわけないだろう。破片では役に立たないから、新たに剣を作り直したのだ。

ヴォータンは満足そうに大笑いする。

ジークフリート

なぜ俺を見て笑うのか?口うるさいじじいめ。俺に道を教えられるなら、言え。わからないなら、話すな。

さすらい人・ヴォータン

老人に見えるのなら、敬意を払ってもらいたいね。

ジークフリート

道を教えないなら、お前に用はない。鳥が教えた道を俺は行く。

さすらい人・ヴォータン

鳥が逃げたのは、飼い主の私がいたからだ。小鳥が教えた道を進ませることはできない。

森の小鳥の飼い主は、ヴォータン。神々の黄昏で、ブリュンヒルデが二羽の鳥をヴォータンの下に戻らせる。

ジークフリート

俺の邪魔をしようというのか。

さすらい人・ヴォータン

私の力が眠る乙女を守っている。彼女を目覚めさせる男が現れれば、私の力は失われる。炎の海が女を囲んでいる。お前が炎を恐れないなら、私の槍でお前の道をふさごう。この槍はお前の持っている剣を一度砕いたのだ。

ジークフリート

お前は父の仇だな。槍を振り回せばいい。俺の剣で折ってやる。

ジークフリートがヴォータンの槍を折る。落雷と岩山から炎が上がる。

さすらい人・ヴォータン

行くがいい、私に止めることはできない。

「行くがいい、止めることはできぬ」Zieh hin! Ich kann dich nicht halten!

ヴォータンは姿を消す。ジークフリートは炎に突進していく。

間奏

第3場 ブリュンヒルデの目覚め

岩山

炎を通り抜けたジークフリート。青空が広がった、岩山の上。ブリュンヒルデは甲冑を身に着け、兜をかぶり眠っている。

ジークフリート

開けた岩山だ。あそこにいるのは何だろうか?眠っている馬だ。俺に光を放つものは何だろう?甲冑に身を包んだ男か。

ジークフリートが兜を外すと、ブリュンヒルデの髪が現れる。

ジークフリート

なんて美しい。窮屈そうだ。甲冑を脱がそう。脱がしにくいな。剣で切ろう。男ではない!

眠る女を見て、困惑する。

ジークフリート

どうやって起こせばいいのか?動揺し、手が震える。これが恐れか、母さん!眠っている女が、俺に恐れを教えてくれた。目覚めよ、聖なる乙女。

「目覚めよ、聖なる乙女」Erwache! Erwache! Heiliges Weib!

呼びかけるが、起きない。

ジークフリート

それならば、甘美な唇に生気をもらおう。命が取られても構わない。

恐る恐る口づける。ブリュンヒルデ、目覚める。

ブリュンヒルデ

太陽よ万歳、光よ万歳、輝く昼よ万歳。私を目覚めさせた勇者は誰?

「太陽よ万歳、光よ万歳、輝く昼よ万歳」Heil dir, Sonne! Heil dir, Licht! Heil dir, leuchtender Tag!

ジークフリート

俺はジークフリート。俺がお前を起こした。

ブリュンヒルデ

あなただけが私を目覚めさせることを許された。あなたが生まれる前から、私はあなたを守ってきたのよ。ジークフリート。

ジークフリート

私の母は生きているのか?

ブリュンヒルデ

あなたの母は戻ってこない。あなたが私を愛すれば、私はあなたのものになる。ヴォータンの考えがわかっていたから、私だけがあなたを愛していたのよ。

ジークフリート

お前が幸せに歌っているのはわかるが、俺には意味がわからない。お前は俺に恐れを教えてくれた唯一の女だ。俺に勇気を返してくれないか?

ブリュンヒルデは、目をそらす。

ブリュンヒルデ

あそこに私の愛馬がいる。ジークフリートは、私と馬を目覚めさせてくれたわ。

ジークフリート

俺の唇は渇いている。俺の目を楽しませるその口で、俺の唇を潤してくれ。

ブリュンヒルデ

私の盾も甲冑もすでにないわ。私は何にも守られず、ただの弱い女。

ジークフリート

俺は炎を越えてきた。俺のたぎる情熱を受け止めてくれ。

ジークフリートは、ブリュンヒルデを抱きしめる。

ブリュンヒルデ

私を目覚めさせた人が、私を傷つけた。私はもはやブリュンヒルデではない。

ジークフリート

目覚めよ、俺の女になってくれ。

ブリュンヒルデ

私から叡知は消えてしまうのか?真昼の太陽が私の恥辱を照らしている。

私は永遠であった、今も永遠である。ジークフリート、世界の宝。私に近づかないで。

ジークフリート

お前を俺は愛している。お前が俺を愛してくれたら。ブリュンヒルデ、俺のものになってくれ。

ブリュンヒルデ

ジークフリート、昔から私はあなたのものだった。永遠にあなたのものよ。

ブリュンヒルデが、ジークフリートを抱きしめる。

ジークフリート

暑く抱きしめあう時、俺に勇気が戻り、お前が教えてくれた恐れを忘れ去った。

ブリュンヒルデ

子供のような勇者、勇ましい少年。微笑みながら、私はあなたを愛さなければならない。微笑みながら、破滅し、没落しましょう。

ジークフリート

微笑みながら、お前は俺に目覚めた。ブリュンヒルデは生き、ブリュンヒルデは、笑う。彼女が俺に笑いかける。

ブリュンヒルデ

栄光のヴァルハル(神々の城)よ、消え去ってしまえ。ヴァルハルの砦よ、崩れ落ちてしまえ。神々の黄昏よ、薄明かりに姿を現すがいい。

ジークフリート

ジークフリートとブリュンヒルデ
輝ける愛、微笑みあう死。

「輝ける愛、微笑みあう死」leuchtende Liebe, lachender Tod!

よかったらシェアしてね!

Writer

オペラを初めて楽しむ人でも気軽に楽しめるようにわかりやすく紹介しています。

タップできる目次
閉じる