チェネレントラ【娘のうちどちらでも】歌詞と対訳|Sia qualunque delle figlie

チェネレントラ 娘のうちどちらでも

チェネレントラ 第2幕

第1幕の終わりに、チェネレントラにそっくりな謎の美しい女性が、王子の城に現れて全員が混乱します。ライバルになりそうな女性の出現で一番驚いたのが、王子との結婚を狙っている、ドン・マニフィコ男爵とその娘たち。

ドン・マニフィコがもしも娘が王子の妃になったら、と妄想する歌が「娘のうちどちらでも」です。

タップできる目次

「娘のうちどちらでも」Sia qualunque delle figlie【歌詞と対訳】

Sia qualunque delle figlie
Che fra poco andrà sul trono
Ah! non lasci in abbandono
Un magnifico papà.
Già mi par che questo e quello,
Conficcandomi a un cantone
E cavandosi il cappello,
Incominci: sior Barone;
Alla figlia sua reale
Porterebbe un memoriale?

ドン・マニフィコ

どちらの娘がなろうと
妃の座につくのなら
ああ!見捨てるでないぞ
この偉大な父親を
あれこれ、私には見えているぞ。
私に口利きを求めて
帽子を脱いで
こう言い出す「男爵様
あなたの王室の娘に
請願書を持って行ってくださいませんか?」

Prende poi la cioccolata,
E una doppia ben coniata
Faccia intanto scivolar.
Io rispondo: eh sì, vedremo.
Già è di peso? Parleremo.
Da palazzo può passar.

Mi rivolto: e vezzosetta,
Tutta odori e tutta unguenti,
Mi s’inchina una scuffietta
Fra sospiri e complimenti:
Baroncino! Si ricordi
Quell’affare, e già m’intende;
Senza argento parla ai sordi.
La manina alquanto stende,
Fa una piastra sdrucciolar.

Io galante: occhietti bei!
Ah! per voi che non farei!
Io vi voglio contentar!

ドン・マニフィコ

そのあと、チョコをどうぞと、言い
二重底の包みを
内密に手渡すのだ
私は答える「ああそうだな、わかりました。
すでに重要なことですか?話してみよう。
宮殿には(要望が)通るようにできるぞ」

私が振り返ると、少し魅力的な
よい香りをただよわせて
紐付き帽子の女は私に頭を下げる。
ため息とお世辞交じりに
「男爵様!覚えておいてください。
あのことですよ。」すでに彼女は私を知っているようだ
銀貨がなければ、耳の聞こえぬ者と話すようなものだ
小さな手が少し伸びて
銀貨を一枚、滑り込ます

私は格好つけて言う「美しい瞳よ!
ああ!あなたのために何でもしよう!
あなたを喜ばせたいのです!」

Mi risveglio a mezzo giorno:
Suono appena il campanello,
Che mi vedo al letto intorno
Supplichevole drappello:
Questo cerca protezione;
Quello ha torto e vuol ragione;
Chi vorrebbe un impieguccio;
Chi una cattedra ed è un ciuccio;
Chi l’appalto delle spille,
Chi la pesca dell’anguille;

Ed intanto in ogni lato
Sarà zeppo e contornato
Di memorie e petizioni,
Di galline, di sturioni,
Di bottiglie, di broccati,
Di candele e marinati,
Di ciambelle e pasticcetti,
Di canditi e di confetti,
Di piastroni, di dobloni,
Di vaniglia e di caffè.

ドン・マニフィコ

私が昼間に目を覚ます。
鈴を鳴らすと
ベッドの周りに見るのだ
頼み事の人々を
この人は後ろ盾を求め
あの人は不正を正しいと言い
仕事を求める者、
教授の職を求める無知な人
ブローチの独占販売権
ウナギの漁業権

そうこうしておると私の周りは
取り囲まれるのだ
報告書、嘆願書
鶏にチョウザメ
酒瓶に、浮き織りの布
キャンドル、海の幸
ドーナツにパイ
キャンディに砂糖漬けの果物
ピアストロ銀貨に、ドブロン金貨
バニラにコーヒー。

Basta, basta, non portate!
Terminate, ve n’andate!
Serro l’uscio a catenaccio.
Importuni, seccatori,
Fuori, fuori, via da me.
Presto, presto, via di qua.

ドン・マニフィコ

十分だ、十分だ、持ってくるな!
終わりにしよう、立ち去ってくれ!
扉に錠をかけてしまおう。
しつこいやつ、迷惑なやつ
出て行け、出て行け、私から離れろ。
早く、早く、ここから出ていけ。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる