愛の妙薬【なんと彼女は美しい】歌詞と対訳|Quanto è bella

愛の妙薬・第1幕

のどかな農村。木陰で本を読む、農場主の娘アディーナ。その姿に見とれている、農夫のネモリーノは彼女に夢中。恋する気持ちを歌う、「なんと彼女は美しい」というネモリーノのアリア。

タップできる目次

「なんと彼女は美しい」Quanto è bella, quanto è cara【歌詞と対訳】

Quanto è bella, quanto è cara!
Più la vedo e più mi piace …
ma in quel cor non son capace
lieve affetto d’inspirar.

Essa legge, studia, impara …
non vi ha cosa ad essa ignota …
Io son sempre un idïota,
io non so che sospirar.

Chi la mente mi rischiara?
Chi m’insegna a farmi amar?

ネモリーノ

何て美しくて、かわいい人!
見れば見るほど好きになる…

だけど彼女の心に、僕は何も出来ない
わずかな愛情を呼び起こすことも

彼女は読んで勉強して学んでいる…
知らないことは何もない…
僕はいつも愚か者で
ため息つくことしかできない

誰か僕の頭を賢くしてくれないかな?
彼女が僕を愛してくれる方法を教えてくれないかな?

【解説】ネモリーノ、明快な恋心と、恋が叶いそうにないもどかしさ

見れば見るほど好きになる、ネモリーノの恋心

Quanto è bella, quanto è cara!
Più la vedo e più mi piace …

なんてかわいい、なんて素敵だ!
見れば見るほど、好きになる

piùpiù・・・   ~すればするほど・・・

アディーナが何をしても「かわいい」と言ってくれそうな勢い。

自力でなくて、他力で・・・これから騙される前振り?

Chi la mente mi rischiara?
Chi m’insegna a farmi amar?

誰か僕の賢くしてくれないかな?
誰か彼女に愛されるには(どうしたらいいのか)教えてくれないかな?

rischiara  明るくする

誰かに愛される方法を教えて欲しいと思っているから、薬売りから「愛の妙薬」(安ワイン)を買ってしまうのですね。しかも二本も。

一本目・・・全財産で支払い
二本目・・・軍に入ることでお金を作る

オペラを通して、ネモリーノは「バカなんじゃ・・・」という行動を取ります。その行動の中心に「恋心と他力本願」が歌われる「なんと彼女は美しい」のアリアがあります。

恋愛の主導権を握れたのは「愛の妙薬が本物だ」と信じたから

騙されて安ワインを買うのですが、ネモリーノは本物の「愛の妙薬」と信じています。信じているから、普段は出来ない行動をアディーナに対して取ることが出来ました。

・ つれなくする、無関心を装う
・ アディーナから告白されるまでは、冷静に

アディーナが元々ネモリーノに好意を持っていたのもあって、騙されたとしてもハッピーエンドにつながります。

あわせて読みたい

「愛の妙薬」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる