道化師【ごめんください、皆様がた】歌詞の対訳と実際の事件を解説

舞台が上がる前に、ひとりトニオが登場し、「道化を演じていても人間であり、私たちの魂を考慮してください」と歌います。作者の代弁ともとれる台詞があり、「真実よりインスピレーションを受けた」と言っています。

「道化師」に影響を与えたと言われている、実際の事件を簡単に図にしてみました。

タップできる目次

「ごめんください、皆様がた」Prologue from Pagliacci

Si può?… Si può?…
Signore! Signori!… Scusatemi
se da sol me presento.
Io sono il Prologo:

Poiché in iscena ancor
le antiche maschere mette l’autore,
in parte ei vuol riprendere
le vecchie usanze, e a voi
di nuovo inviami.

トニオ

失礼しますよ?…よろしいですか?…
淑女の皆さん!紳士の皆さん…お許しください
私、一人で登場致しました。
私は「前口上」を申します。

また、舞台の上に
作者が、昔ながらの仮面劇を出しまして、
部分的に(古いしきたりを)再開したいというのです
昔のしきたりを、そして皆様の前に
こうして再び、私を送り出したのです。

作者が古い仮面劇をやりたいというから、一部古いしきたりを再開した。古いしきたりとは、トニオを出すことであり、この「前口上」のことを言っている。

Ma non per dirvi come pria:
«Le lacrime che noi versiam son false!
Degli spasimi e de’ nostri martir
non allarmatevi!» No! No:

L’autore ha cercato
invece pingervi
uno squarcio di vita.

Egli ha per massima sol
che l’artista è un uom
e che per gli uomini
scrivere ei deve.

Ed al vero ispiravasi.

トニオ

しかし、いつもどおりに申し上げるためではございません
「私たちが流す涙は偽りです!
痛み、苦しみは
心配しないでください!」違う!違います。

作者が試みましたのは
描き出そうとしたのです。
人生を垣間見るものを

彼は、信念を貫こうとしたのです。
役者も人間であることを
そして(役者の)人間(性)のために
書かねばならないという(信念を)

そして、それは真実よりインスピレーションを受けたものです

Un nido di memorie
in fondo a l’anima
cantava un giorno,
ed ei con vere lacrime scrisse,
e i singhiozzi
il tempo gli battevano!


Dunque, vedrete amar
sì come s’amano gli esseri umani;
vedrete de l’odio i tristi frutti.
Del dolor gli spasimi,
urli di rabbia, udrete,
e risa ciniche!

トニオ

記憶が絡まり
魂の奥に
あったものが響きだし
彼は、本物の涙を流しながら書き
すすり泣きで
彼の時間が刻まれたのです!


したがって、あなたは愛を見るでしょう。
生身の人間が愛しあう姿を
憎しみの悲しい結末を、見るでしょう。
苦痛に震える声を
怒りの叫びを、聞くでしょう。
そして、皮肉な笑いを!

E voi, piuttosto
che le nostre povere gabbane d’istrioni,
le nostr’anime considerate,
poiché siam uomini
di carne e d’ossa,
e che di quest’orfano mondo
al pari di voi spiriamo l’aere!

Il concetto vi dissi…
Or ascoltate com’egli è svolto.
Andiam. Incominciate!

トニオ

そして、皆さん、決して
私たち道化の衣装に惑わされることなく
私たちの魂を考慮してください。
私たちは人間なので
肉や骨があり
そして、この天涯孤独の世界の
空気を、皆さんと同じく吸うのですから!

(芝居の)構想は言いました…
さて何が行われるか、今からご覧ください
行きましょう、始まり!

作曲家本人は「道化師」は実際の事件に基づいた作品と言っている

Ed al vero ispiravasi.

そして、それは真実よりインスピレーションを受けたものです

トニオが上のように言っていますが、「道化師」は実話に基づいていると言われています。

レオンカヴァッロの少年時代に実際起こった事件で、彼の父(判事)が判決を下しました。

「道化師」に影響を与えたとされる、実際の事件

オペラ道化師の実話の相関図

謎の女が、図の中の全員と体の関係があったのでしょうね。

事件が起こった場所は、修道院の中庭に設置された、芝居小屋付近です。

オペラで起こった事件とは、内容が似ていないですし、「道化師」に影響を与えたとは考えにくいです。

舞台劇「タバランの妻」の翻案という説がある

オペラ「道化師」と、カルチュール・マンデスの「タバランの妻」には、台詞の類似性があるので、翻案なのだろうな、という印象です。当時も問題になったそうです。

Un nido di memorie
in fondo a l’anima
cantava un giorno,
ed ei con vere lacrime scrisse,
e i singhiozzi
il tempo gli battevano!

記憶が絡まり
魂の奥に
あったものが響きだし
彼(作者)は、本物の涙を流しながら書き
すすり泣きで
彼(作者)の時間が刻まれたのです!

ここまで書かれていると、なんかもう、壮絶に嘘くさく感じてしまいます。「トニオに口上」の役割をさせたのも、後ろめたさがあったんじゃあ・・・と思うと、妙に味わい深いものがありますね。

あわせて読みたい

「道化師」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる