シモン・ボッカネグラ【粗末な家の孤児として】二重唱・歌詞と対訳|Orfanella il tetto umile

シモン・ボッカネグラ シモンとアメーリアの二重唱

シモン・ボッカネグラ 第1幕

総督シモンは、グリマルディ家のアメーリアに「追放となった一族の帰国の許可」を与え、彼女の話を聞きます。アメーリアは紳士的なシモンに心を許し、自分の身の上話を始めました。

アメーリアの話を聞いていくと、シモンは「アメーリアが、25年前に行方不明になった娘である」と気がつきます。二人の再会を、ヴェルディの美しい二重唱で表現しています。

タップできる目次

二重唱「粗末な家の孤児として」Orfanella il tetto umile【歌詞と対訳】

Orfanella il tetto umile
m’accogliea d’una meschina,
dove presso alla marina
sorge Pisa

アメーリア

粗末な家の孤児でした
貧しい老女が引き取ってくれました
海岸近くの
ピサが見える…

In Pisa tu?

シモン

ピサにいたのか?

Grave d’anni quella pia
era solo a me sostegno;
io provai del ciel lo sdegno,
Colla tremola sua mano
pinta effigie mi porgea.
le sembianze esser dicea
della madre ignota a me.
Mi baciò, mi benedisse,
levò al ciel, pregando, i rai…
quante volte la chiamai
l’eco sol risposta diè.

アメーリア

情け深い老女が
私にとって、唯一の頼りでした
私は天の怒りを感じました
彼女は震える手で
私に描かれた肖像画を手渡して
言ったのです。
私の知らない母だと
私にキスをし、祝福して
彼女は天を見上げ祈りました…
何度も私は彼女を呼びました
でも、こだまが答えただけでした

Se la speme, o ciel clemente,
ch’or sorride all’alma mia,
fosse sogno!… estinto io sia
della larva al disparir!

シモン

もしも希望が、慈悲深い天よ
今、私の魂にほほ笑みかけているものが
夢だったのなら!…私は死にたい
亡霊が消え失せるのなら!

Come tetro a me dolente
s’appressava l’avvenir!

アメーリア

私にとって、暗く悲しい
未来が近づいていました!

Dinne… alcun là non vedesti?…

シモン

話して…あなたはそこで誰かを見ませんでしたか?…

Uom di mar noi visitava…

アメーリア

海の男が訪ねてきました…

E Giovanna si nomava
lei che i fati a te rapir?…

シモン

そして老女の名はジョヴァンナでは
あなたから運命が奪い去った(老女)?…

Sì.

アメーリア

はい。

E l’effigie non somiglia questa?

シモン

そしてその肖像画はこれと似ていないか?

Uguali son!…

アメーリア

同じだわ!…

Maria!…

シモン

マリア!…

Il mio nome!…

アメーリア

私の名前です!…

Sei mia figlia.

シモン

お前は私の娘だ

Io…

アメーリア

私が…

M’abbraccia, o figlia mia.

シモン

私の娘、抱きしめてくれ。

Padre, padre il cor ti chiama!
Stringi al sen Maria che t’ama.

アメーリア

父よ、父よ、私の心はあなたを呼んでいます!
あなたを愛するマリアを胸に抱きしめてください

Figlia!… a tal nome palpito
qual se m’aprisse i cieli…
un mondo d’ineffabili
letizie a me riveli;
qui un paradiso il tenero
padre ti schiuderà…
di mia corona il raggio
la gloria tua sarà.

シモン

娘よ!…その名前に胸は高鳴る
天が私の前に開かれたようだ…
言葉にできない世界を
喜びをお前は私に見せてくれる
この楽園の扉を、優しい
(優しい)父が開いてやろう…
私の王冠の輝きは
お前の栄光となるのだ

Padre, vedrai la vigile
figlia a te sempre accanto;
nell’ora malinconica
asciugherò il tuo pianto…
Avrem gioie romite
note soltanto al ciel,
io la colomba mite
sarò del regio ostel.

アメーリア

父よ、あなたは見るでしょう。孝行な
娘がずっとあなたのおそばに
憂鬱な時には
あなたの涙を拭いて差し上げます…
私たちは隠れた喜びを持つのです
神だけがご存じの
私は優しい鳩となります
王の宮殿の

【解説】アメーリアは、幼い頃、ジェノヴァから離れたピサにいた

シモン・ボッカネグラ 地図

25年前、シモンは自分の娘を義理の父から隠すために、ピサで育てていました。

総督になる前は、船乗り(海賊)だったので海岸沿いの町に隠したのですね。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる