ドン・ジョヴァンニ|夜も昼も苦労して|歌詞と対訳|Notte e giorno faticar

ドン・ジョヴァンニ・第1幕

ジョヴァンニが恋人とお楽しみ中に、外で見張り役をしている従者のレポレッロ。貴族になりたい、とぼやいているレポレッロの歌「夜も昼も苦労して」です。

タップできる目次

「昼も夜も苦労して」Notte e giorno faticar【歌詞と対訳】

Notte e giorno faticar,
per chi nulla sa gradir,
piova e vento sopportar,
mangiar male e mal dormir.
Voglio far il gentiluomo
e non voglio più servir

Oh che caro galantuomo!
Voi star dentro colla bella,
Ed io far la sentinella!
Voglio far il gentiluomo
e non voglio più servir…
Ma mi par che venga gente;
Non mi voglio far sentir.

レポレッロ

夜も昼も大変だ
何をしても喜んでくれない人のために
雨や風に耐えて
食事はまずいし、睡眠も足りないぞ。
貴族になりたい、
もう奉仕なんてしたくない…

なんて素敵な貴族なんだ!
あなたは、美人と(館の)中に留まり、
そして、こちらは見張り役だ!
貴族になりたい、
もう奉仕なんてしたくない…
だが、誰かやってきたようだぞ
気づかれたくないな

【解説】レポレッロとは何者なのか?

レポレッロ=野ウサギ、腰抜け、小心者?

lepre ・・・ 野ウサギ、腰抜け、小心者

ヴォルフガング・ヒルデスハイマー(ドイツの作家)によると、レポレッロ(Leporello)の名前の中に「lepre」が隠されているのだそう。

「夜も昼も苦労して」にあるように、階級が違うにもかかわらず、付き従ってぼやくだけ。ジョヴァンニに対する反骨精神がなく、腰抜けだと言っています。

ジョヴァンニとレポレッロは、シャーロック・ホームズとワトソン

上下関係があるようにみえるジョヴァンニとレポレッロですが、他のオペラに出てくる身分違いの組み合わせ(アルマヴィーヴァ伯爵とフィガロ、ドン・カルロとロドリーゴは上下関係がはっきりと決まっている)から考えると、主従関係にはあるものの、友人に近い関係という感じに見えます。

さいひろ

レポレッロは家来だけど、ジョバンニを敬う気持ちはゼロ!

ドン・ジョヴァンニを見ていて思い出したのが、シャーロック・ホームズとワトソンの関係。

ジョヴァンニとレポレッロ → 女をナンパする方向で協力
ホームズとワトソン → 推理の方向で協力

レポレッロは、ジョヴァンニの女遍歴を記録
ワトソンは、ホームズの推理を記録

上下関係があるにしろ、ほぼ対等で友人関係にあったと見る方が、自然かなと思います。

あわせて読みたい

「ドン・ジョヴァンニ」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる