【ノルマ】あらすじと対訳・ベッリーニ

ノルマ ベッリーニ

ベッリーニによるオペラ「ノルマ」は、19世紀前半にオペラの主流となった「ベル・カント・オペラ」を代表する作品です。

ドルイド教徒の巫女長「ノルマ」、ドルイド教徒のいるガリア地方(今のフランス)を占領するローマの将軍「ポリオーネ」、若い巫女「アダルジーザ」の三角関係がもたらした、悲劇のオペラ。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

オペラ「ノルマ」の簡単なあらすじ

ドルイド教徒の巫女長「ノルマ」は、敵であるローマの将軍「ポリオーネ」と密かに関係を持ち、二人の子供を隠して育てている。だが、ポリオーネは心変わりをして、若い巫女「アダルジーザ」と恋人関係に。

女ふたりはポリオーネの不実を知る。アダルジーザが身を引こうとするが、ポリオーネはアダルジーザを諦めない。ノルマは、ドルイド教徒らに自分の罪を告白し、ポリオーネと共に火あぶりになる。

相関図と登場人物(ノルマ、アダルジーザ、ポリオーネ)

ノルマ 相関図
相関図をタップすると、大きく表示できます。
ノルマドルイド教の巫女長ソプラノ
アダルジーザ若い巫女メゾソプラノ
ポリオーネローマの将軍テノール
オロヴェーゾドルイド教の長(ノルマの父)バス
クロティルデノルマの侍女ソプラノ
フラーヴィオポリオーネの友人テノール

作曲ベッリーニ・初演・原作・台本・上演時間

Norma ノルマ

  • 作曲 ヴィンチェンツォ・ベッリーニ
  • 初演 1831年12月26日 ミラノ・スカラ座
  • 原作 アレクサンドル・スメ、ルイ・ベルモンテ「ノルマ」
  • 台本 フェリーチェ・ロマーニ イタリア語
  • 上演時間 2時間40分(第1幕90分 第2幕70分)

ノルマ第1幕の簡単な対訳 ポリオーネの心変わり

第1場 ノルマへの愛が冷めたポリオーネは、若い巫女に夢中

ガリア地方・ドルイド教徒の森

夜の森、ドルイド教徒の一団が現れる。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
ドルイドの人々よ、あの丘に行くのだ。月が姿を現せば、ノルマは祈りを捧げる。

神よ、ノルマに告げよ。ローマの侵略に打ち勝ち、我々が解放されると。

ドルイド教徒の人々
月よ、昇るのだ。ノルマが祭壇に現れるぞ。

ドルイドの一団が去ると、ローマの将軍ポリオーネとその友人が姿を現す。

ポリオーネ

やっといなくなったな。不気味な森だ。

友人
ノルマがこの森には死があると言っていたな。

ポリオーネ

やめてくれよ。ノルマの名前を出すな。

友人
ノルマはあなたの愛する人であり、あなたの子供の母親だろ。

ポリオーネ

いや、私を責めないでくれ。もう違うんだ。神が炎を消したからな。別の女を愛している。今好きなのは、アダルジーザだよ。若い巫女で、純真なんだ。

友人
ノルマの怒りを恐れないのか?

ポリオーネ

恐ろしいよ。私は恐ろしい夢を見たんだ。今でも震える。

(夢の中で)アダルジーザと私は、ローマでヴィーナスの祭壇の前にいた。幸せに浸っていると、不気味な影が私たちの間を遮った。

アダルジーザはドルイドのマントに包まれ、消え去ってしまった。どこからともなく、不気味な声が!そうやって、ノルマは私に復讐するんだ。

「彼女とともにヴィーナスの祭壇へ」Meco all’altar di Venere

夜の森に鐘が鳴り響く。

ドルイド教徒の人々(の声)
月が昇った。ノルマが現れる。ローマ人を追い払ってくれ。

友人
ドルイド教徒に見つかる前に、逃げよう。

ポリオーネ

いいや、私は残るぞ。野蛮な者たちめ。

自分の力を越えた何かが、私を守ってくれる。その何かは、愛である。愛する彼女(アダルジーザ)のために、ここに残るぞ。この森を焼き、祭壇を壊してやる!

「強い力が私を守り」Me protegge

友人の説得で、ポリオーネは去って行く。


ドルイド教徒たちが集まり、儀式をしている。黄金の鎌を持った、ドルイドの巫女長ノルマが現れる。

ノルマ

戦いを求めるのか、神の祭壇の前で。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
我々は、ローマ人によって虐げられています。

戦いを求める人々の声。

ノルマ

戦いの先には、我々の敗北がある。

私は、運命を知っている。いつかローマは滅びる。だが、我々の力によってではない。ローマの傲慢さによって、滅びるのだ。その時まで、我々は待てばよい。

さあ、皆に平和を与える。神聖なるヤドリギを切ろう。

ノルマがヤドリギを切り、月に向かって祈り始める。

ノルマ

清らかな女神(月)よ、神聖な古代の植物を銀色に照らせよ。雲も陰りもなく、あなたの美しい顔(月)を、私たちに見せておくれ。

女神よ、人々の怒れる心を抑えたまえ。この土地に平和を。

「清らかな女神」Casta Diva

儀式は終わりです。神が怒る時は、ローマ人の血を要求し、神殿から私の声が雷鳴のように響くであろう。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)と人々
誰も神の怒りから逃れられない。最初に倒されるのは、ローマの将軍だ。

ノルマ

打ち倒そう!私は彼を罰することができます。

(だが、私の心は、彼をどうやって罰すればいいのかわからない。私の最初の真実の愛よ、戻ってきておくれ。全世界に対して、私は彼の弁護人になりましょう。)

「私のもとに戻れ」Ah! bello a me ritorna

儀式が終わり、人々がいなくなる。ひとり、アダルジーザが祭壇に近づく。

アダルジーザ

神聖な森が静かだわ。ため息をついてしまう。ここで、運命のローマ人が、私に神と神殿を裏切らせた。これで最後にしよう、いいえ、むなしい望みだわ。

抗いがたい力でここに来てしまった。彼に心を捕らわれている。神よ、私をお守り下さい。

「聖なる森は静まり」Sgombra è la sacra selva

アダルジーザのもとに、ポリオーネが現れる。

ポリオーネ

泣いているのか。

アダルジーザ

神殿に行きます。神に祈りを捧げると誓ったのですから。

ポリオーネ

行くがいい、冷たい人よ。確かに神に誓ったかも知れないが、お前の心は私にすでに委ねているではないか。

「行くがいい・二重唱」Va, crudele

アダルジーザ

私は祭壇を汚してしまった。私は無垢であったのに、もはやそうではない。神は私の罪を見ている。

ポリオーネ

ローマでお前にもっと素晴らしい神を見せてやれるぞ。明日の夜明けに、出発する。お前も一緒に来い。

アダルジーザ

(どうしたらいいの!いつも彼の顔が忘れられない。神よ、この過ちをお許し下さい。)

あなたについて行きます。

ポリオーネ

明日の同じ時間、この場所に来てくれ。

第2場 ノルマがポリオーネの心変わりを知る

ノルマの家

ノルマ、侍女、二人の子供がいる。

ノルマ

ポリオーネは、ローマに呼び戻されるらしいわ。

侍女
あなたも一緒に出発するのですか?

ノルマ

彼は何も言わないわ。私をここに残して逃げるのか。自分の子供を忘れて去るのか。耐えがたいことだわ。

人が来る。子供たちを隠して。

侍女と幼い子供たちが出て行く。アダルジーザがノルマの家を訪問。

ノルマ

アダルジーザ。入りなさい。重大な秘密があると聞いています。

アダルジーザ

本当です。あなたの目に輝く厳しさを捨ててください。私はあなたに心の内を見せます。

恋をしたのです。気持ちを抑えようとしてきたのですが、無理でした。神聖な森であの方に出会い、一目で魅了されたのです。

ノルマ

(ああ、思い出す。私もかつてそういうことがあったわ)

「ああ、思い出す・二重唱」Oh! Rimembranza!

アダルジーザ

彼はこう言いました。「お前の足元に跪かせてくれ」「お前の髪に口づけさせておくれ」

ノルマ

(私も同じような言葉で、彼に心を奪われたわ。)

わかりました。涙をお拭きなさい。あなたが愛する者と結ばれるように取りはからいましょう。

教えて、あなたの愛する人は誰なのです?

アダルジーザ

ガリア人ではありません。ローマの人なのです。あの方です。

遠くにポリオーネがいる。

ノルマ

ポリオーネ!!

アダルジーザ

ノルマ様、なぜお怒りになるのです?

ポリオーネ

(アダルジーザに向かって)愚かな女め。何をした。

アダルジーザ

愚かって、私が?

ノルマ

(ポリオーネに向かって)あなたは震えているわね。誰のために震えているのかしら。

震えるでない、悪党め。彼女は無実で、あなたが悪人なのよ。あなたのために震えろ、私のために、子供らのために、震えなさい。

「震えるでない・三重唱」Oh, non tremare

ポリオーネ

ノルマ、私に怒りを向けないでくれ。彼女を苦しめないでくれ。

天が判断してくれる。誰が一番罪深いかを。さあ、私たちは恋人なのだ。一緒に行こう。

アダルジーザ

私を放っておいてください。私と裏切り者の間に、海と山がありますように。

(ノルマに向かって)あなたを苦しめるつもりはありませんでした。

神殿から、鐘の音が鳴る。ノルマとアダルジーザが、ポリオーネを見る。

ノルマ

死の音だわ。あなたはもうすぐ死ぬわ。

アダルジーザ

死の音です。死があなたを待っています。逃げて下さい。

ポリオーネ

なにが死の音だ。お前たちの神など、打ち倒してやる。

ノルマは出て行けと指差し、ポリオーネは走り去る。

ノルマ第2幕の簡単な対訳 ノルマとポリオーネの死

第1場 ノルマとアダルジーザが、友情関係

ノルマの家

子供たちが寝ている。ノルマが短剣を持って、側に座る。

ノルマ

二人とも寝ているわ。この子らはこれから先、生きてはいけない。この地では罰を受けることになり、ローマに行けば、恥を受けることになる。

愛しい子供は、かつて私の喜びであった。彼らに罪はないのに。いいえ、子供らはポリオーネの子。これが罪なのよ。
(子供を刺そうとする)
無理よ、私の子供たちだわ!

「愛しい子供」Teneri figli

子供が目を覚ます。ノルマは泣きながら子供を抱きしめる。ノルマは侍女に、アダルジーザを呼びに行かせる。

アダルジーザ

ノルマ様、お呼びですか。

ノルマ

私は死ぬ決意をしました。あなたに子供たちを託します。

お願いです。子供たちをローマに連れて行って。あなたが私の子供を守って、育てて下さい。私の願いは、子供らが奴隷や下層民にならないことです。

「お願い、子供たちを・二重唱」Deh! Con te, li prendi

アダルジーザ

ノルマ様、子供たちの母でいて下さい。私はこの土地を出て行きません。

あなたのために、あの不実な男に会います。彼の心に、ノルマ様への愛が戻るでしょう。

ノルマ

いいえ、そのようなことはしないで。

アダルジーザ

ご覧なさい、ノルマ様。あなたの膝元にいるお子様を。この子たちのために、私に従って下さい。

「ご覧なさい、ノルマ・二重唱」Mira, o Norma

ノルマ

彼はあなたを愛しているわ。それにあなたは?

アダルジーザ

彼はきっと後悔していますよ。私はかつては彼を愛していましたが、今は違います。

ノルマ

あなたの勝ちよ。私を抱きしめて。私は友情を見つけたわ。

アダルジーザ

ノルマとアダルジーザ
最後の時まで仲間でいましょう。世界は広く、私たちを匿ってくれる。私たちで運命に立ち向かっていきましょう。

第2場 ローマ人に怒る、ドルイド教徒

ドルイド教徒の森

森の外れの寂れた場所。

ドルイド教徒の兵士ら
ポリオーネはローマに戻らず、まだ陣営にいるぞ。喧噪や武器の音がするのがその証拠だ。我々は沈黙の中で、心の準備をしよう。大きな仕事をやってのけるのだ。

「合唱曲」Non partì!

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
兵士たちよ。よい知らせを持ってきたかったが無理だった。ポリオーネの後任は、どうやら残忍な男のようだ。

ドルイド教徒の兵士ら
ノルマはなんと言っているのです?

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
ノルマの心はわからない。我々はローマ人に服従するふりをして、心に怒りを隠すしかない。

第3場 ノルマとポリオーネの火あぶり

ドルイド教徒の神殿

ひとり神殿にいる、ノルマ。

ノルマ

彼が戻ってくる。幸せな日々が戻ってくるのね。

侍女が入ってくる。

侍女
ノルマ様、無駄なことでした。あの男はアダルジーザの言葉に耳を傾けませんでした。今、アダルジーザは神殿に戻っています。

ポリオーネは、アダルジーザを神から誘拐すると誓ったそうです。

ノルマ

思い込みの激しい悪党ね。ローマの血が流れるでしょう。

ノルマは、鐘を3回鳴らす。ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)や、ドルイド教徒、巫女が集まる。

ノルマ

戦いの時が来ました。

人々の士気が高まる中、侍女が入ってくる。

侍女
一人のローマ人が神殿に侵入しました。

捕まえられた、ポリオーネ。

ノルマ

(今こそ復讐しよう。)私が刺します。

ポリオーネ

私を殺せ。誰かと思えば、ノルマか。

ノルマは刺そうとするが、刺せない。

人々
なぜ躊躇するのです?ノルマ様!

ノルマ

私はこの男を調べないといけない。他に罪のある者がいないかを。

人々が立ち去り、ノルマとポリオーネ。

ノルマ

とうとう私の手の中に落ちたわね。

あなたの神に、あなたの子供に、誓いなさい。もう二度とアダルジーザに会わないことを。私もあなたに二度と会いません。このまま去って下さい。

「とうとう私の手に・二重唱」In mia man alfin tu sei

ポリオーネ

いいや、私は臆病者ではない。

ノルマ

私はあなたの子供を殺そうとしたのよ。今ならなんでもできる気がするわ。ローマ人やアダルジーザも・・・

ポリオーネ

どうか彼女だけは助けてくれ。慈悲を。さもなくば、私を殺せ、短剣をくれ。

ポリオーネともみ合いになり、ノルマは人を呼ぶ。

ノルマ

皆さん、来て下さい。

皆さんの怒りに対し、生け贄を用意しました。神聖な誓いを破り、祖国を裏切った巫女がいます。

ポリオーネ

ノルマ、お慈悲を。

ノルマ

それは、私です。

あなたが裏切ったこの心が、恐ろしい時間を展開するのです。あなたは無駄に私から逃げようとしました。ローマ人よ、あなたは私と一緒です。

「あなたが裏切った心が」Qual cor tradisti

ポリオーネ

気がつくのが遅かった。お前は崇高な女性だ。私たちは一緒に死ぬ。最後の言葉は愛しているになるだろう。死ぬ前に私を許してくれ。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
お前の父が言うのだ。嘘だと言ってくれ。神が聞いているが、何も起こらない。それならば、許されたということだろう。神は罰していない。

弁明しろ。ノルマ。嘘だと言ってくれ。

ノルマ

(小声で)お父さん、私には子供がいます。あなたの血縁です。どうか守ってやって下さい。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
だめだ。私には無理だ。・・・不幸な娘よ。子供を守ると約束しよう。

ノルマとポリオーネを生け贄にする準備が始まる。

ポリオーネ

ノルマ、あなたは私のものだ。そこで永遠の愛が始まる。

ノルマ

さようなら、お父さん。

ドルイド教徒の長(オロヴェーゾ)
娘よ、お前は父に許されたのだ。

ノルマとポリオーネは、火あぶりの場に連れて行かれる。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる