ナブッコ|あらすじと簡単解説・ヴェルディ

「ナブッコ」は旧約聖書を題材としたオペラ(歌劇)で、ヴェルディが初期に大成功を収めた作品です。妻子を亡くしたこと、前作のオペラ・ブッファ「一日だけの王様」の失敗と、失意の中で創作意欲をなくしていた時期に書かれました。当初乗り気でなかったものの、ヘブライ人による「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」の詩を見て感銘を受け、一気に作品を仕上げました。

ナブッコの初演には、後年ヴェルディの伴侶になったジュゼッピーナ・ストレッポーニが出演。

「ナブッコ」の見どころは、ヘブライ人による「合唱・行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」Va’ pensiero, sull’ali dorateです。イタリア人に愛されている国民的な歌。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

オペラ・歌劇「ナブッコ」の簡単なあらすじ

バビロニアの王ナブッコにはふたりの娘がいた。長女アビガイッレには、本人は知らないが「ナブッコが女奴隷に産ませた娘」という出生の秘密がある。次女フェネーナは、敵国のエルサレム王の甥イズマエーレと恋仲になっていた。

ナブッコは王位を次女に譲ることを決めていた。アビガイッレは出生の秘密と父の譲位の決断を知り、王位を狙う。ナブッコが神の怒りに触れ、雷が落ち精神錯乱。

アビガイッレが束の間バビロニアの女王になるが、神へ改心したナブッコが正気を取り戻す。アビガイッレが神の力により心が不安定になり、自ら毒を飲み死亡。

相関図と登場人物(ナブッコ、アビガイッレ、ザッカーリア

ナブッコの相関図
オペラ「ナブッコ」の相関図・タップで拡大表示
ナブッコバビロニアの王・ナブコドノゾール王バリトン
アビガイッレナブッコと女奴隷の間に生まれた娘ソプラノ
ザッカーリアヘブライ人の祭司長バス
イズマエーレエルサレム王の甥テノール
フェネーナナブッコの娘ソプラノ
大司教ベルの大司教バス

作曲ヴェルディ・初演・原作・台本・上演時間

ナブッコ Nabucco

  • 作曲 ヴェルディ
  • 初演 1842年3月9日 ミラノ スカラ座
  • 原作 「旧約聖書」エレミア書、ダニエル書、エズラ書
  • 台本 テミストークレ・ソレーラ イタリア語
  • 上演時間 2時間10分(第1幕40分 第2幕30分 第3幕30分 第4幕30分)

「ナブッコ」序曲

ヴェルディのオペラは前奏曲を取り入れていますが、初期の頃は「序曲」を作っていました。ヴェルディの序曲で一番有名なのは、オペラ「運命の力」の序曲です。

オペラ「運命の力」のあらすじと解説

「ナブッコ」第1幕の簡単な対訳 エルサレム・ナブッコの娘ふたり

エルサレム・ソロモンの神殿

紀元前6世紀、ソロモンの神殿の内部。ヘブライ人、レビ人、娘たちがバビロニア軍の侵攻におびえている。

全員
祝祭の聖具は落ちて壊れるがいい。ユダの人々は喪に服している。アッシリア王はすでに我々に襲い掛かった。

「合唱・祝祭の聖具は落ちて壊れるがいい」Gli arredi festivi giù cadano infranti

レビ人たち
乙女たちよ、ヴェールを脱ぎたまえ。腕を上げて祈ろう。猛烈な敵の怒りが鎮まるように。

娘たち
風の翼に乗って飛んでいく偉大な神よ。あなたが送り出す震える雲から雷が落ちて、アッシリアの軍勢を分散させ、破壊したまえ。

おびえて神に祈る人々のもとに、ヘブライ人の祭司長ザッカーリアが現れる。人質フェネーナを連れている。

ザッカーリア

希望を持つのだ。
(フェネーナを指差し)敵の王の子が、我々に平和をもたらすだろう。

全員
幸せの太陽が私たちにまた昇るかもしれない。

ザッカーリア

恐怖心を押さえるのだ。

エジプトの海岸で、神はモーセに命を与えた。ギデオンの百人の軍勢は、征服されることはなかった。極限状態で、神を信じて死んだ者がいただろうか。

「エジプトの海辺で」D’Egitto là sui lidi

全員
何の物音だ?

エルサレム王の甥イズマエーレが、神殿に駆け込んでくる。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
アッシリアの王が攻めてきた。

ザッカーリア

神は敵の大胆さを終わらせるだろう。この女性をお前を信頼して託そう。

イズマエーレにフェネーナを渡す。

ザッカーリア

太陽が輝く夜のように、風に舞う塵のように、お前は大いなる試練の中で消えていく。偽りのベル神よ。

アブラハムの力ある神よ、私たちとともに戦うために降りてきてください。あなたのしもべに息を吹きかけ、よそ者に死をもたらせ。

「陽の光の前の夜のように」Come notte a sol fulgente

ベル神(バアル)…カナン地域で崇められた、嵐と慈雨の神

全員が去り、イズマエーレと人質フェネーナが残る。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
哀れな女よ、今、私の目の中であなたはより美しく輝いている。嫉妬深く残酷な姉から逃れて、愛のために私のもとに来てくれた。

「哀れな女よ」Misera!

フェネーナ(ナブッコの娘)
ですが、今私は奴隷なのです。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
あなたを自由にするために道を開きたい。

フェネーナ(ナブッコの娘)
あなたは神聖な義務を破ろうとしている。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
来てください。あなたも私のためにそれを破っているのです。私の胸はあなたに幾千の道を開きます。

イズマエーレが秘密の扉を開けようとすると、剣を手にしたアビガイッレが入ってきて、その後にバビロニア人の戦士たちが続く。

アビガイッレ

神殿は占拠した!!

イズマエーレとフェネーナ
アビガイッレ!!

アビガイッレ

(二人を見て苦笑いしながら)勇敢な戦士、あなたは愛の武器しか知らないのですか?

(フェネーナに)あなたに不敬の炎があるなんてね。

(ふたりに)あなたたちをどのような神様が救うのかしら?私の復讐の稲妻が落ちるでしょう。

(イズマエーレの手をとり)あなたを愛していました。私の国と心を捧げるつもりでした。あなたが私を愛するなら、今からでもあなたの民を救うことができますよ。

「あなたを愛していました」Io t’amava!

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
命を捧げることはできます。ですが、心は許しません。自分の運命には満足しています。ただ、民のために私の涙があなたに語りかけるでしょう。

フェネーナ(ナブッコの娘)
イスラエルの真の神よ、私はすでにあなたを呼び出し、あなたの声を聞いています。私の祈りがあなたを動かしますように。

ヘブライの男女。レビ人、武装をやめた兵士たちが神殿に入ってくる。

ヘブライ人の女たち
彼(ナブッコ)を見たか?群衆をかき分ける姿を。

「合唱・彼を見たか?」Lo vedeste?

老いたヘブライ人
血まみれの武器を手にやってくる。

女、レビ人、老人
この日より前に死ねた者は幸せだ。

ヘブライの兵士たち
見よ、(敵の)王(ナブッコ)は馬に乗って神殿に向かっている。黒い旋風のようにいたるところを廃墟にしながら。

慌ててザッカーリアが来る。

ザッカーリア

(敵のナブッコは)なんと大胆な男だ。

全員
なんという不幸。だれがこの神殿を守るのか?

武装した兵士たちとともに、アビガイッレ。

アビガイッレ

万歳、ナブッコ!

「万歳ナブッコ!」Viva Nabucco!

ザッカーリア

(イズマエーレに)誰がこの邪悪な者を通したのだ?

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
(変装したバビロニアの兵士を指差して)ニセの服装です。

アビガイッレ

敵に攻め入るためには変装だってするわ。誇りなどくだらない。さあ、王ナブッコは進んできているぞ。

バビロニアの兵士たちが神殿に乱入。ナブッコは馬に乗って神殿の入り口に現れる。

ザッカーリア

(ナブッコに)何をしている?ここは神の部屋だ。

ナブッコ

何を言っているんだ。

ザッカーリア

(フェネーナに短剣を突き付けて)お前が神殿を汚す前に、娘はこの短剣で死ぬだろう。

ナブッコは馬から降りる。

ナブッコ

(より強く私の怒りが爆発するだろう。)

フェネーナ(ナブッコの娘)
父よ、心に慈しみをもってください。不幸な人たちに恩赦を。

アビガイッレ

(新しい希望が輝く。私と争う唯一の女が復讐のいけにえになるかも。)

ナブッコ

負け犬どもよ、頭を下げろ。私は勝利者だ。私はよく神を戦場に呼んだ。しかし、おまえの神は来たのか?おまえたちの神は私を恐れている。愚か者には、なにもできないだろう。

ザッカーリア

(フェネーナに短剣を突き付けて)いけにえだ。お前は血に飢えているのか?ならば、お前の娘の胸の血を!

イズマエーレがザッカーリアを取り上げる。フェネーナがナブッコのもとに行く。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
愛があなたを救う。

ナブッコ

私の怒りは、もはや拘束されない。打ち負かされた者を非道に破壊しよう。略奪して、神殿を燃やせ。哀れみは罪だ。

「無分別な者は私の怒りを恐れよ」Tremin gl’insani del mio furore!

アビガイッレ

呪われた民は、この世からいなくなるだろう。でも、私に争いを仕掛けてくる愛は、このまま消えてしまうのか。

イズマエーレとフェネーナ
哀しいほどの熱烈な愛情が、あなたの瞳にヴェールをかけてしまった。あなたを燃やした愛は恥で私を覆うだろう。

ザッカーリア

ザッカーリアと人々
人々から拒絶されるだろう。ナブッコは恐怖の名前となり、あらゆる時代の醜態になるだろう。

ナブッコ

略奪だ。

「ナブッコ」第2幕の簡単な対訳 不信心者・アビガイッレが王冠を手に

第1場 長女アビガイッレ、自分の出自を知る

バビロンの王宮・一室

アビガイッレが紙を手にもっている。

アビガイッレ

よくぞお前を見つけることができた。運命の書よ。王が隠していたのは、私に不名誉を与えるためだったのね。私は奴隷の子。

いいわ、アッシリアの人は私をナブッコの娘だと信じている。なぜ私はここにいるの?奴隷より悪いわ。王はフェネーナに王位を託している。

私の怒りを見るでしょう。フェネーナ、偽りの父、王国を陥れたい。私自身を破滅させたい。致命的な怒りよ。

かつては喜びに心を開いていた。周りの人が話す、聖なる愛を聞いていた。他人の涙に泣き、人の悲しみを受け止めた。あの失われた感覚を誰が取り戻してくれるの?

「かつては喜びに心を開いた」Anch’io dischiuso un giorno

アビガイッレにベルの大司教が近づいて話しかける。

ベルの大司教
恐ろしい光景が私の目に映っています。フェネーナは神を冒涜している。ユダヤ人を開放し…。呪われた暴徒を誰が抑えることができようか。力があなたを待っています。

「恐ろしい光景が」Orrenda scena

アビガイッレ

(期待を込めて)どうやって?

ベルの大司教
すべては準備できています。すでに噂を広めています。王がいかにして戦争で倒れたかを…。人々は女王を呼ぶのです。アッシリアの地を守るために。一歩踏み出せば、運命はあなたのものだ。勇気を持って!

アビガイッレ

一緒に行きましょう。

今や私は黄金の王位に座っている。血にまみれた王座に。私の復讐はよく知られることになるだろう。王室の娘たちが私のもとに来る。物乞いする謙虚な奴隷として。

「今や私は黄金の王位」Salgo già del trono aurato

第2場 次女フェネーナ、敵国の宗教に改宗。ナブッコが雷に打たれる。

王宮の広間

夜。ザッカーリアと法典を持ったレビ人が広間を歩いている。

ザッカーリア

来たれ、レビ人よ。聖なる法典を持って。神は私に奉仕することを望んでいる。イスラエルの栄光のために、異教徒の闇を切り裂くのだ。

預言者の口を稲妻で打たれた、至高の神よ。強い口調でアッシリアに、私の口を通して語ってください。

「預言者の口を」Tu sul labbro

レビ人(レビ族)…イスラエルの部族のひとつで、祭祀や儀式を司る一族

ザッカーリアとレビ人が、フェネーナの部屋に入る。

レビ人たち
何の用だ? 誰が私たちを呼ぶのか。

「合唱・何の用だ」Che si vuol?

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
兄弟よ、祭司長(ザッカーリア)の望みです。

レビ人たち
神に呪われた者よ。呪われた者には兄弟はいない。お前に話しかける者はいない。あらゆる厳しい嘆きの声が風に乗り、お前の耳に運んでいく。

イズマエーレ(エルサレム王の甥)
(必死に)生ける神の愛のために、やめてほしい。恐怖で頭がおかしくなる。

イズマエーレの姉
兄弟よ、許してくれ。彼は「ヘブライ人」を救ったのです。

ザッカーリア

真実だ。

フェネーナ(ナブッコの娘)
なんの騒ぎですか?

ザッカーリア

ザッカーリア、イズマエーレ、レビ人たち
ああ、神よ。なんてことだ。

バビロニアの老大臣アブダッロが慌てて部屋に入る。

バビロニアの老大臣(アブダッロ)
王家の女性(フェネーナ)よ。お逃げを。不吉な叫びが王(ナブッコ)の死を告げている。人々はアビガイッレを求め、(バビロニア・ベル神への信仰を捨てた)あなたを非難している。

フェネーナ(ナブッコの娘)
私はここにいてはいけない。不敬な反逆者の中に行かなくては。

ザッカーリア

ザッカーリア、イズマエーレ、レビたち、アブダッロ
おやめください。

アビガイッレとベルの大司教、民衆が部屋に乗り込んでくる。

ベルの大司教
アビガイッレに栄光を。

アビガイッレ

王冠を渡せ。

フェネーナ(ナブッコの娘)
その前に死にます。

ナブッコが群衆をかき分けて、アビガイッレとフェネーナの間に入る。フェネーナの王冠を取り自分で被り、アビガイッレに叫ぶ。

ナブッコ

私の頭から取るがいい。

全員
致命的な怒りの瞬間が近づいている。沈黙するすべての顔に恐怖はすでに降り注いでいる。

「運命的な怒りの時が近づいている」S’appressan gl’istanti d’un’ira fatale

ナブッコ

聞くのだ!バビロニア人。お前の神を地に落としてやる。愚かなヘブライ人。お前の神も倒された。神は唯一の存在であり、私が神だ。

「唯一の神は、私だ」non son più re, son Dio!

ザッカーリア

非常識な。神はお前の髪をつかみ、王座はすでに奪われている。

ナブッコ

その老人を連れていけ。お前の仲間と一緒に死ぬがいい。

フェネーナ(ナブッコの娘)
ヘブライ人の彼らとともに、死にます。私はヘブライ人です。

ナブッコ

嘘だ。ひれ伏せろ。私は王ではない、神だ。

ナブッコ、稲妻に打たれる。混乱の後には、深い沈黙。

全員
神が不遜な者を打ちのめした。

ナブッコ

誰が私の髪をつかむのか?娘よ、弱った私を助けてくれないのか。

ザッカーリア

天が罰した。

アビガイッレ

(ナブッコの頭から落ちた王冠を拾い)けれど、ベルの人々の栄光が消えることはない。

「ナブッコ」第3幕の簡単な対訳 予言・ナブッコとアビガイッレの対立

第1場 正気を失ったナブッコと王座を手に入れた長女

バビロンの空中庭園

アビガイッレが王座に座っている。民衆がひざまずく。

人々
アッシリアの女王は、ベル神に匹敵する力を持っている。異国の者が戦争に彼女を呼ぶなら、あらゆる場所を破壊をもたらすだろう。

「合唱・アッシリアの女王は」È l’Assiria una regina

ベルの大司教
崇高な女性、アッシリアの運命を握る人。祈ってください。不敬なヘブライ人がすべて滅びるように。まずは、あの女(フェネーナ)を。あなたの妹とは呼べない女を。フェネーナはベル神を裏切った。

「至高の女性」Eccelsa donna

ベルの大司教は、フェネーナとヘブライ人の処刑執行状を渡す。

アビガイッレ

(驚いて)私に何を求めるの?

正気を失ったナブッコが連れてこられる。バビロニアの老大臣アブダッロがナブッコを支えている。

アビガイッレ

誰が彼を連れてきたの?部屋に戻しなさい。

ナブッコ

(自分を見失った様子で)ナブッコの前で話す不届き者は誰だ?ここは評議会室だ。皆が私を待っている。私を離せ、弱っているが歩けるぞ。

王座に座ろうとして、アビガイッレに気が付く。

ナブッコ

彼女は誰だ?なんと大胆な。

アビガイッレ

席を外してくれ。私に忠実な者たちよ。

民衆や役人が去り、ナブッコとアビガイッレが残る。

ナブッコ

女よ、お前は誰だ?

「二重唱・女よ、お前は誰だ」Donna, chi sei?

アビガイッレ

あなたの後見人として、王座に座っていました。

ナブッコ

お前が、私の席に?詐欺だ。

アビガイッレ

あなたは病で横たわっていた。民は、ヘブライ人の盗人に悲鳴を上げています。この文書に、王家の紋章を入れてください。悪しきものに死が訪れるように。

ナブッコ

気がかりなことが。

アビガイッレ

拒まれるのですか?幸運なヘブライ人。お前たちの神を褒めたたえよ。もはやナブッコはいないのだ。

ナブッコ

嘘だ!死をすべてのヘブライ人に与えよ。

フェネーナとヘブライ人の処刑執行状に署名をして、アビガイッレに渡す。

アビガイッレ

幸せな運命だ。最後の一歩を踏み出した。

ナブッコ

だが、フェネーナはどうなる?

アビガイッレ

フェネーナは、偽りの神に身を捧げた。

アビガイッレが、フェネーナとヘブライ人の処刑執行状を二人の警備兵に渡す。

ナブッコ

フェネーナはは私の血縁だ。

アビガイッレ

誰も彼女を救うことはできない。もう一人の娘が…

ナブッコ

ひれ伏せ、奴隷よ。

アビガイッレ

愚かな。その言葉を待っていた。奴隷?私が奴隷?

ナブッコが、懐の中にあるアビガイッレの奴隷としての出生を証明する紙を探す。

ナブッコ

真実を知れ。

アビガイッレが、懐から紙を取り出して破り捨てる。

アビガイッレ

哀れな人よ。こうやって偽りの文書をあなたに返そう。

ナブッコ

(白髪の上にどれほどの屈辱が。もはや私は王の影だ。)

アビガイッレ

(失った父よりも王座のほうが価値がある。)

トランペットの音が響く。

アビガイッレ

死の音だわ。あなたが命じたヘブライ人のための。

ナブッコ

警備兵よ、来てくれ。私は裏切られた。

アビガイッレ

愚か者め、まだ戦うというのか。この警備兵はお前を捕らえるために残しておいた者だ。囚人として。

ナブッコ

許してくれ。愚かな父親を。私の娘を返してくれ。

アビガイッレ

出ていけ。お前が私に平和を求めても無駄なのだ。この奴隷の娘に王家のマントが似合うかどうかわかるだろう。

第2場 行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って

ユーフラテス川のほとり

鎖につながれ、強制的に働かされるヘブライ人。

ヘブライ人ら
わが思いよ、金色の翼に乗って行け。美しくも失われた我が祖国よ。思い出は大切であり、致命的なものだ。黄金の竪琴よ、なぜ黙っている。思い出を呼び起こしてくれ、嘆きの音を響かせよ、または、苦悩に美徳を与える調べを。

「合唱・行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」Va’ pensiero, sull’ali dorate

ザッカーリア

泣いているのは誰だ?悩める兄弟よ、立ち上がろう。私の唇から主は語られる。私は暗闇の中の未来を知っている。価値のない鎖が断ち切られるのを。

「泣いているのは誰だ」Oh chi piange?

ヘブライ人ら
あなたにどのような炎が燃えているのか?その唇に、主は語りかける。価値のない鎖は壊される。

「ナブッコ」第4幕の簡単な対訳 偶像破壊・アビガイッレの死

第1場 ナブッコ、正気を取り戻して決起

王宮の一室

ナブッコは椅子に座らされ、眠っている。喘ぎながら、目覚める。

ナブッコ

手足はある。追いかけられるひどい夢だった。

(部屋の外から声)フェネーナ!

ナブッコ

娘の名が響いている。(部屋の外を見て)娘が手をつながれ、泣いている。

(部屋の外から声)フェネーナに死を!

雷と稲妻。ナブッコの表情が変わる。扉に駆け寄り、閉じ込められていることに叫ぶ。

ナブッコ

ユダの神よ、お許しください。祭壇、神殿、あなたにとって聖なるものは元に戻るでしょう。私の祭壇は壊します。私の声を聞いてください。

「ユダの神よ」Dio di Giuda!

バビロニアの老大臣(アブダッロ)
どこに行かれようとしているのですか?

バビロニアの兵士たち
私たちは皆、あなたを守るためにここにいます。

ナブッコ

娘のフェネーナを救いたい。

バビロニアの老大臣(アブダッロ) とバビロニアの兵士たち
邪悪な者は倒れるだろう。アッシリアの上に、私たちは太陽の輝きを見る。

ナブッコ

勇敢な兵士たちよ、私に続け。アッシリアの王に私は戻る。私の王冠は太陽のもとで輝くだろう。

「勇敢な兵士よ、私に続け」O prodi miei, seguitemi

第2場 神の力により、アビガイッレの死

バビロンの空中庭園

祭壇の前に、フェネーナとヘブライ人が連れてこられる。

葬送行進曲

フェンネーナ(ナブッコの娘)
天国は開かれました。私の魂は神を慕っている。星の輝きよ、さらば。神の光が私を照らしてくれる。

「天国は開かれました」Oh dischiuso è il firmamento!

(舞台裏から声)万歳ナブッコ。

ザッカーリア

処刑の儀式が行われる。

ナブッコが庭園に剣を抜いて駆け込んでくる。

ナブッコ

不敬な者よ、やめろ。兵士たちよ、致命的な偶像を大地のほこりのように壊してくれ。

「不敬な者よ、やめろ」Empi, fermate!

偶像が自ら粉々になる。

全員
神の奇跡だ。

ナブッコ

イスラエルに戻れ。祖国の喜びを取り戻すために。新しい神殿を立ち上げるのだ。不敬な暴君は神をあきれさせたが、悔い改めた王に心の平和を与えた。

神はアビガイッレの心を乱れさせ、邪悪な者が自ら毒を飲むようにさせたのだ。神だけが偉大で、神だけが強い。娘フェネーナよ、土にひれ伏して神を崇めよう。

全員
(ひざまずく)偉大なエホバ。

「合唱・偉大なエホバ」Immenso Jehovah

彼らは立ち上がる。アビガイッレが二人の兵士に支えられてくる。

ナブッコ

ああ、誰が見えるのか?

全員
惨めな女がなぜここに?

アビガイッレ

(フェネーナに)死んでいく私に、あなたの許しを与えて。

(イズマエーレに)来てください。

(ナブッコに)彼らは互いに愛し合っている。彼らはあなたに望みを抱いています。ああ、誰が私の鉄のような犯罪の苦しみを取り除いてくれるのかしら?

(ヘブライ人に)私はあなた方の神を崇拝します。私を恨まないでください。

「死んでいく私に」Su me… morente

ヘブライ人
神は救うだろう。

アビガイッレ

私を呪わないでください。

アビガイッレ、倒れて死ぬ。

全員
倒れた。

ザッカーリア

(ナブッコに)エホバに仕える者は、王の中の王になるだろう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる