蝶々夫人【ある晴れた日に】歌詞と対訳|Un bel dì vedremo

蝶々夫人・第2幕

ピンカートンが蝶々さんの元を去り、アメリカに帰って3年。ピンカートンの「帰ってくる」という言葉を信じています。女中は、蝶々さんを心配していますが、蝶々さんは「彼は帰ってくる。信じて待っているわ」と言います。

「ある晴れた日に」は、蝶々さんが夢に見る、ピンカートンが帰ってきたときを想像して歌っています。

タップできる目次

「ある晴れた日に」Un bel dì vedremo 歌詞と日本語訳

Un bel dì vedremo
levarsi un fil di fumo
sull’estremo confin del mare.
E poi la nave appare.

Poi la nave bianca
entra nel porto,romba
il suo saluto.Vedi?
È venuto!

Io non gli scendo incontro.
Io no.Mi metto là
sul ciglio del colle e aspetto,
e aspetto gran tempo
e non mi pesa,
la lunga attesa.

E uscito dalla folla cittadina
un uomo, un piccio! punto
s’avvia per la collina.

蝶々さん

ある晴れた日に、見るでしょう
水平線の彼方に
ひとすじの煙が昇るのを
そして船が現れるでしょう。

やがてその白い船は
港に入り礼砲を
鳴らすのよ。
彼が、着いたのよ。

でも私は迎えには行かない
行かないの
丘の端で待っているのよ
ずっと待つの
長く待つことなんて
苦にならないわ。


すると、町の人込みから抜け出して、
男の人がひとり、小さな点のように
丘を目指して上がって来るの

Chi sarà? chi sarà?
E come sarà giunto
Che dirà? che dirà?
Chiamerà Butterfly
dalla lontana.

Io senza dar risposta
me ne starò nascosta
un po’ per celia
e un po’ per non morire
al primo incontro,

ed egli alquanto in pena
chiamerà,chiamerà:
Piccina mogliettina
olezzo di verbena,
i nomi che mi dava
al suo venire.

Tutto questo avverrà,
te lo prometto.
Tienti la tua paura,
io consicura fede l’aspetto.

蝶々さん

誰なの?誰かしら?
ここに着いたら
何て言うの?何て言うのかしら?
その人は遠くから
蝶々さんって呼ぶわ

私は答えずに
隠れていましょう
いたずら半分だけど…
出会えた喜びで
死んでしまわないために。


彼は少し心配して
呼ぶわ。こう呼ぶの。
「可愛い奥さん。
バーベナの花の香りの君よ」って、
ここに来たとき
彼がつけてくれた名前なの

きっとこうなるはずよ
あなた(女中)に約束するわ
あなた(女中)は心配しているけれど、
私は、そう信じて待っているの。

蝶々さんの「ピンカートンを待つ強い意志」と「いじらしさ」

「ある晴れた日に」の歌詞では、待つことは苦にならないという、蝶々さんの強い意志が感じられます。

また、それと同時に、詳細で情景が目に浮かぶような言葉選びは、「どれほどピンカートンが帰ってくるのを夢に見たのだろう」と思わせる、蝶々さんのいじらしさがあります。

あわせて読みたい

「蝶々夫人」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる