蝶々夫人【愛の二重唱】歌詞と対訳|蝶々さんとピンカートンの二重唱|Vogliatemi bene

蝶々夫人・第1幕

蝶々さんは、アメリカ人のピンカートンと結婚するに当たり、「新しい生活には新しい信仰を」と改宗する。改宗をとがめられ、親戚一同から蝶々さんは勘当されてしまった。

夕暮れに、蝶々さんはピンカートンに慰められる。夜の衣装に着替えた蝶々さんとピンカートンが、庭先から夜空を見上げる場面で歌われるのが、「愛の二重唱」です。

「愛の二重唱」で大切なポイントは、最初に出てくる、ピンカートンの歌詞百合の衣装を着ている蝶々さん」という表現です。「蝶々夫人」の次の展開で出てくる言葉なので、覚えておくといいですよ。

Sei tutta vestita di giglio. あなたは、百合のような衣装を着ている

giglio ジリオ 百合の花

タップできる目次

「愛の二重唱」Bimba dagli occhi pieni di malìa 歌詞と日本語訳

「愛の二重唱」は長いので、前半と後半に分けています。

「愛の二重唱」前半 Bimba dagli occhi pieni di malìa

Bimba dagli occhi pieni di malìa
ora sei tutta mia.
Sei tutta vestita di giglio.
Mi piace la treccia tua bruna
fra i candidi veli.

ピンカートン

魅力あふれる瞳をもつ、少女。
今、あなたはすべて僕のものだ
あなたは、百合のような衣装を着ている
僕は、あなたの結い込んだ黒髪が好きだ。
白いベールの中から見える(あなたの黒髪)

Somiglio la Dea della luna,
la piccola Dea della luna
che scende la notte dal ponte del ciel.

蝶々さん

私は、月の女神のように見えます。
月の小さな女神は
天の橋から、夜に降りてくる。

E affascina i cuori…

ピンカートン

そして、人の心を魅了し…

E li prende e li avvolge
in un bianco mantel
E via se li reca
negli alti reami,

蝶々さん

そう、それ(心)を取り、包むのです。
白い着物の中に
そして、奪い取るのです。
遠い世界の領域へと

Ma intanto finor non m’hai detto,
ancor non m’hai detto che m’ami.
Le sa quella Dea le parole che appagan gli ardenti desir?

ピンカートン

でも、その間、あなたは僕に言ってくれなかったね。
あなたは、僕を愛していると、まだ僕に言っていないよ。
女神は、熱烈な欲望を満たす言葉を知っていますか?

Le sa. Forse dirle non vuole per tema d’averne a morir,
per tema d’averne a morir!

蝶々さん

知っています。死ぬことを恐れて、その言葉を言いたくないのです。
死ぬことを恐れているのです!

Stolta paura, l’amor non uccide
ma dà vita e sorride per gioie celestiali
come ora fa
nei tuoi lunghi occhi ovali…

ピンカートン

愚かな恐怖だ、愛は殺さない
それ(愛)は、天の喜びに生命と笑顔を与えるのです。
ちょうど今
あなたの切れ長の瞳で …

Adesso voi
siete per me
l’occhio del firmamento.

E mi piaceste dal primo momento
che vi ho veduto.

Siete alto, forte.
Rideste con modi si palesi
e dite corse che mai non intesi.
Or son contenta, or son contenta.

蝶々さん

今、あなた
あなたは私にとって
大空の中心なのです。

そして、私は最初からあなたが好きでした。
あなたに会ったときから

あなたは、背が高く、強い。
とても朗らかに笑います。
そして、私がこれまで知らなかったことを話します。
今、私は幸せです。今、私は幸せなのです。

「愛の二重唱」後半 Vogliatemi bene

Vogliatemi bene,
un ben piccolino,
un bene da bambino,
quale a me si conviene.
Vogliatemi bene.

Noi siamo gente avvezza
alle piccole cose
umili e silenziose,
ad una tenerezza
sfiorante e pur profonda
come il ciel, come l’onda del mare!

蝶々さん

私を愛してくださいね
小さな愛を
赤ちゃんのような愛を
私にはそのほうがいいのです。
私を愛してください。

私たちは慣れていますの
ささやかなことに
つつましいものに。
だけど、
空や海の波のような
優しさと生きてきました。

Dammi ch’io baci le tue mani care.
Mia Butterfly! come t’han ben nomata tenue farfalla…

ピンカートン

可愛い手にくちづけさせてくれ
僕の蝶々さん!か弱き蝶とは、あなたに似合っている名前だ…

Dicon che oltre mare
se cade in man dell’uom,ogni farfalla
da uno spillo è trafitta
ed in travola infitta!

蝶々さん

海の向こうでは
人の手に捕らえられると、どんな蝶も
ピンで刺されて
板の上に留められるのだそうですね!

Un po’ di vero c’è.
E tu lo sai perché?
Perché non fugga più.
Io t’ho ghermita
Ti serro palpitante.
Sei mia.

ピンカートン

少しは本当だよ。
でも、どうしてか分かるかい?
もう逃がさないためにだよ。
僕はあなたを捕まえた
震えるあなたを抱きしめよう。
僕のものだ!

Sì, per la vita.

蝶々さん

はい。生きている限り

Vieni, vieni!
Via dall’anima in pena
l’angoscia paurosa.
È notte serena!
Guarda: dorme ogni cosa!

ピンカートン

おいで、おいで!
悩みであふれる心から
恐ろしい不安な思いをなくしてしまおう。
澄み切った夜だ!
ごらん、すべてが眠っているよ!

Dolce notte!Quante stelle!
Non le vidi mai sì belle!
Trema, brilla ogni favilla …
… col baglior d’una pupilla!
Oh! quanti occhi fissi, attenti
d’ogni parte a riguardar!
pei firmamenti, 
via pei lidi, via pel mare!
Quanti sguardi ride il ciel!

蝶々さん

ステキな夜!たくさんの星!
こんなにきれいな星を見たことがないわ。
どの星も光輝いて、
まるで瞳のきらめきのよう。
たくさんの瞳が、
どこもかも見ているわ。
大空
大地へ、海へ。
たくさんの瞳、空が笑っている。

vien, Ah! vien! sei mia!

ピンカートン

おいで!あなたは僕のものだ!

百合の蝶々さん、バラのピンカートン

ピンカートンが、歌詞の中で「百合の衣装を着た、あなた」というのに対し、蝶々さんは、ピンカートンを「あなたは大空の中心」と言います。

Adesso voi siete per me l’occhio del firmamento.
今、私にとって、あなたは、大空の中心なのです。

ですが、「大空の中心である、ピンカートン」から「バラの花の、ピンカートン」に変わります。

この「愛の二重唱」の後、ピンカートンは、蝶々さんの元を去るときに「バラの花をもってくるよ」と言って去ったからです。(去るところは、オペラでは表現されません。たぶん、このように言ったはず。)

ピンカートン

しばらくお別れだ。
戻ってくるときには、バラの花束を持って帰ってくるよ。

蝶々さんは、3年間、ピンカートンがバラの花を持って帰ってくるのを待ちます。

蝶々さん

あの方は、バラの花を持って帰ってくるわ!!

そして、蝶々さんは自害をするとき、「かわいい坊や」の歌詞の中で、自分の息子を「百合とバラの子」と呼ぶのでした。

あわせて読みたい

「蝶々夫人」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる