【チェネレントラ】あらすじと対訳・ロッシーニ

チェネレントラ ロッシーニ

チェネレントラとは、イタリア語で「灰かぶり(シンデレラ)」の意味。

童話で有名な「シンデレラ」が、オペラでまさかのコメディに?!ロッシーニの軽やかな音楽と魅力的な登場人物によって、物語は進みます。

「魔法使い」の代わりに「哲学者(王子様の家庭教師)」が登場。「ガラスの靴」の代わりに、チェネレントラは王子様に対になった「腕輪の片割れ」を渡して、「私を見つけ出して」と言い残して去ります。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

オペラ「チェネレントラ」の簡単なあらすじ

母が亡くなり、連れ子のアンジェリーナ(チェネレントラ)は、義理の父ドン・マニフィコ、マニフィコの娘らから使用人として扱われる日々。優しいアンジェリーナが、家を訪れた乞食に施しをしたことで、運命が変わります。

登場人物と相関図(アンジェリーナ、ドン・ラミロ、ダンディーニ)

チェネレントラ相関図1
相関図をタップすると、大きく表示できます。

上のチェネレントラの相関図は、教科書通りのもの。下は、実際に見た印象の相関図。

チェネレントラ相関図2
こちらもタップで大きく表示できます。
アンジェリーナ男爵の後妻の連れ子メゾソプラノ
ドン・ラミロサレルノの王子テノール
ダンディーニ王子の従者バリトン
ドン・マニフィコ落ちぶれた男爵バス
クロリンダ姉妹ソプラノ
ティスベ姉妹ソプラノ
アリドーロ哲学者バス

作曲ロッシーニ・初演・原作・台本・上演時間

La Cenerentola チェネレントラ

  • 作曲 ジョアッキーノ・ロッシーニ
  • 初演 1817年1月25日 ローマ ヴァッレ劇場
  • 原作 シャルル・ペローの童話「サンドリヨン」
  • 台本 ヤーコポ・フェレッティ イタリア語
  • 上演時間 2時間(第1幕75分 第2幕45分)

「チェネレントラ」序曲の解説 ロッシーニ・クレッシェンドに注目

チェネレントラの序曲は、ロッシーニのオペラ「ガゼッタ(新聞)」(La gazzetta)からの転用ですが、ロッシーニ・クレッシェンドが効果的に使われており、心が浮き立つような音楽です。

「チェネレントラ」第1幕の簡単な対訳 アンジェリーナの運命が変わる

第1場 下働きをする、アンジェリーナ

ドン・マニフィコの邸宅

ドン・マニフィコ男爵の娘ふたりが陽気に騒ぎ、男爵の亡くなった後妻の連れ子・アンジェリーナ(チェネレントラは、あだ名)は下働きをしている。

アンジェリーナ

昔々あるところに、王様がいました。王様と結婚したい娘が3人。王様は自ら選びました。見た目の美しさに目もくれず、善良な娘を選びました。

「昔あるところに王様が」Una volta c’era un Re

姉妹
チェネレントラ、あなたがいつもの歌う、その陰気な歌をやめてくれる?

アンジェリーナ

昔々あるところに、王様がいました・・・

屋敷に乞食がやって来る。姉妹が追い払おうとするが、アンジェリーナは食べ物を施す。

乞食(アリドーロ)
(アンジェリーナに)もうすぐあなたに幸運が来ますよ。

また訪問者が。騎士たちが、ドン・ラミロ王子の花嫁選びの舞踏会に招待すると伝える。

騎士ら
王子が花嫁選びのためにあなた方を城に招待します。

姉妹
チェネレントラ、こっちに来て。私の靴を出して。私のネックレスどこよ!着飾って王子を捕まえよう。

「チェネレントラ、こっちへ・四重唱」Cenerentola vien qua

アンジェリーナ

「チェネレントラ、こっちよ」「チェネレントラ、あっちよ」あちこちに呼ばれて大変だわ。私は留守番になるのに。

乞食(アリドーロ)
姉妹は、浮かれているな。だが、すぐに笑いものになるさ

騎士ら、アリドーロが屋敷から去る。寝間着姿のドン・マニフィコが居間に姿を現す。

ドン・マニフィコ

娘たち!うるさいぞ。いい夢を見ていたのに、台無しだ!

「娘たちよ」Miei rampolli femminini

姉妹
ドン・ラミロ王子が花嫁選びをするんですって。

ドン・マニフィコ

なんだって!お前たちは王子に選ばれなくては!

目を覚まさないと。チェネレントラ。コーヒーを持ってこい!

居間から人が去り、屋敷にドン・ラミロ王子(従者の服を着た)が入ってくる。

ドン・ラミロ

誰かいませんか?
アリドーロ(さきほどの乞食)がここに来れば、花嫁を見つけられると言ったのだが。

アンジェリーナがコーヒーを持って居間を通りかかる。見知らぬ人に驚いて、コーヒーを落とす。

ドン・ラミロ

(彼女に気品を感じるな。)

「二重唱」Un soave non so che

アンジェリーナ

(なぜか、胸のときめきを感じるわ。)

ドン・ラミロ

男爵のお嬢さんを探しているのですが。あなたは何者なのです?

アンジェリーナ

あちらの部屋にいます。もうすぐ来ますわ。私の素性はよくわからないのです。母が再婚し、私は連れ子として家に入りました。私は男爵と血のつながりはなく、男爵の娘(姉妹)とは母が同じです。

ドン・ラミロ

(なぜか、この娘に惹かれてしまうな。)

姉妹が、チェネレントラ(アンジェリーナ)を呼ぶ声が聞こえる。

アンジェリーナ

呼ばれているので。さようなら、旦那様。

アンジェリーナが去り、ドン・ラミロは彼女の美しさに驚いている。

ドン・ラミロ

(彼女は美しい顔をしているのに、どうして粗末な服を着ているのか?)

(よいアイデアだったな。従者に変装したことで、女性の本当の姿が見える。ダンディーニが王子のふりをしている間に、本心を見抜こう。)

ドン・マニフィコ

お待たせして申し訳ない。娘たちは何をしているんだ!

ドン・ラミロ

王子はもうすぐ到着します。(変な人だな。)

騎士たちを引き連れて、王子に変装したダンディーニがやってきた。

ダンディーニ

四月に飛ぶ蜜蜂のように、様々な花(女性)を愛でてきました。ですが、まだ見つけていないのです。本当に美しい女性を。

「四月に飛ぶ蜜蜂のように」Come un’ape ne’ giorni d’aprile

アンジェリーナが、人々が集まる居間に入ってくる。

アンジェリーナ

私を見ている人がひとりいるわ。

ドン・ラミロ

(アンジェリーナを見て)胸がときめく。

ダンディーニ

それでは、お嬢さん方。城に向かいましょう。

居間から人が去り、アンジェリーナとドン・マニフィコの会話。影から、ドン・ラミロとダンディーニが見ている。

アンジェリーナ

旦那様、お願いです。王子様の城に少しだけ連れて行って下さい。

「五重唱」Signore, una parola

ドン・マニフィコ

下品な申し出をするな。杖でぶちのめすぞ。

ドン・ラミロ

王子とダンディーニ
おやめなさい。

ドン・マニフィコ

いえいえ、無礼な召使いですから。

アリドーロ(序盤で乞食のふりをした男・今回は正装)が居間に入ってくる。

アリドーロ(哲学者)
ここに戸籍がある。マニフィコには、3人の娘がいるはずだ。

ドン・マニフィコ

3番目の娘は死にました!!

救いを求めるアンジェリーナ、怒るドン・ラミロ、ダンディーニ、脅すドン・マニフィコ、落ち着けと言うアリドーロがそれぞれ主張。「五重唱」Nel volto estatico

ダンディーニ

こんなことやってられない!私は王子だ。城に帰るぞ。

ダンディーニがマニフィコを連れて立ち去り、皆が続く。ひとり残ったアンジェリーナも部屋を去る。


アリドーロとアンジェリーナ。

アリドーロ(哲学者)
娘よ、娘よ。

アンジェリーナ

あなたは私を娘と呼んでくれるのね。男爵は私を娘ではないと言うのに。

アリドーロ(哲学者)
王子の舞踏会に行くのだ。望みを強く持ちなさい。

深い神秘に支配された天の玉座から、神はご覧になっている。運命は変化し、純真さが勝利するのだ。

「深い神秘に支配された天の」Là del ciel nell’arcano profondo

ドン・マニフィコの屋敷に、アンジェリーナのための馬車が到着する。

第2場 姉妹が王子(実は従者)にアプローチ

王子の城の一室

ダンディーニ(王子のふり)が姉妹を引き連れ登場。ドン・ラミロ(王子)、ドン・マニフィコ(男爵)も一緒だ。

ダンディーニ

ドン・マニフィコよ。お前はワインに詳しく、酒豪でもある。ワインの管理人に任命しよう。今すぐに酒蔵に行ってくれ。

ドン・マニフィコ

ありがたきお言葉!

(娘たちに)お前たちが王子の心を掴んでいるから、素晴らしい職を任命されたのだ。

ドン・マニフィコは酒蔵に行く。

ドン・ラミロ

(ダンディーニに)あの娘たちの心根を探ってくれ。

ダンディーニ

(王子に)あの姉妹は、頭が空っぽですよ。

ドン・ラミロが去る。その場に残った、ダンディーニと姉妹。

ダンディーニ

それでは、あなた方のお相手をしましょうか。

姉妹は「私の方が若い」「小娘なんて相手にしないで」とお互いをけなし合う。

ダンディーニ

(少し怒って)私を引き裂くつもりですか!

ダンディーニは立ち去り、姉妹は言い争って別れる。

第3場 着飾ったアンジェリーナが、城を訪れる

城の大広間

騎士たちに囲まれて、ドン・マニフィコは酒を飲んでいる。

騎士たち
この方は、30の酒樽を味わった。酒豪ぶりに感心され、王子は長官に任命した。酒蔵の指揮官となられたのだ。

ドン・マニフィコ

長官!指揮官!なんて嬉しいのだ。さあ、私の言うことを書いてくれ。ワインに水を混ぜたら、しばり首だ!

「長官、指揮官」Intendente! Direttor!

酔っ払って、ドン・マニフィコと騎士たちが退場。

ドン・ラミロとダンディーニが会話。

ドン・ラミロ

静かに、静かに。姉妹の心の内は、どうだ?

「静かに、静かに・二重唱」Zitto, zitto, piano, piano

ダンディーニ

あのふたりは、高慢と気まぐれと虚栄心の混合物ですよ。

姉妹が王子を探して現れる。

ダンディーニ

姉妹と同時に結婚することはできませんよ。そうですね、もうひとりは私の友人に嫁いでもらいましょう。あの男です。

姉妹
いやよ。あの者は従者でしょう。

ドン・ラミロ

私は愛情が深いですよ。妻を大切にします。

姉妹はドン・ラミロを拒絶し、王子とダンディーニはこっそり笑っている。その場に、客人を迎える騎士たちの合唱が聞こえてくる。

アリドーロ(哲学者)
正体不明のご婦人が到着しました。顔にヴェールを被っています。

何者なのか、皆が戸惑う中、ヴェールをつけたアンジェリーナが登場。

騎士たち
ヴェールに包まれていても、心が奪われる。

「六重唱」Ah! se velata ancor

アンジェリーナ

気まぐれな運命を幸運だとは思えません。

ドン・ラミロ

この声を聞くと、なぜか自分が大きくなったような気がする。

ダンディーニ

ヴェールの下から、輝く瞳が見える。どうか顔を見せて欲しい。

姉妹
なんなの?この女!

アンジェリーナがヴェールを取る。全員がアンジェリーナを見つめる。

アリドーロ(哲学者)
皆が戸惑っている。私の作戦は成功だな。

その場にいなかった、ドン・マニフィコが広間に入って来る。

ドン・マニフィコ

一体何事だ。チェネレントラにそっくりではないか!

ダンディーニ

こうやって立っていても仕方がない。皆で食卓を囲もうではないか。(王子のふりをしているから、今日は4人分食べてやるぞ。)

全員
夢を見ているようだ。ゆったりと穏やかだが、地面の下では何かが起こっている。恐れを感じる。夢が消えてしまうかもしれないと。

「夢を見ているようだ」Mi par d’essere sognando

「チェネレントラ」第2幕の簡単な対訳 アンジェリーナ、純真さの勝利

第1場 アンジェリーナは、従者(実は王子)に愛を告白

王子の城の一室

ドン・マニフィコが娘たちを連れて部屋に入ってくる。

ドン・マニフィコ

あの女の正体は何者だ!なぜ、チェネレントラにそっくりなのか!

お前たち、分かっているな。チェネレントラの遺産を私は使い込んだのだ。明るみになったら、大変なことになる。

姉妹
私たちがついているわ。絶対に王子の心を掴んでみせる!

ドン・マニフィコ

娘のうちどちらでもいい。妃の座を射止めるのだ。貧乏な暮らしも、贅沢な暮らしに早変わりだ。

「娘のうちどちらでも」Sia qualunque delle figlie

ドン・マニフィコが立ち去り、姉妹は牽制しながら去る。


王子のドン・ラミロがひとり。

ドン・ラミロ

突然現れた女性は、今朝出会ったあの娘にそっくりだったな。どうやら、ダンディーニも見知らぬ女性に恋をしたようだ。

彼らが来る。私は隠れよう。

ドン・ラミロが隠れたところに、アンジェリーナとダンディーニが来る。

ダンディーニ

逃げないで下さい。私は愛をささやいてはいけないのですか。

アンジェリーナ

私は別の方が好きなのです。お許し下さい。あなたの従者を愛しています。

ドン・ラミロ

(姿を現して)なんて嬉しい。

アリドーロ(哲学者)
(隠れてみていた)私の思惑通りだな。

ドン・ラミロ

私と一緒になってくれるのだな。

アンジェリーナは、ドン・ラミロに腕輪の片割れを渡す。

アンジェリーナ

慌てないで。私を知り、私を探して下さい。右手に腕輪を身につけています。その時にあなたが嫌でなければ、一緒になりましょう。

アンジェリーナは去る。

ドン・ラミロ

これはどういうことか?

ダンディーニ

私が王子の役目が終わったということです。

アリドーロ(哲学者)
心の赴くままに行動なさいませ。

ドン・ラミロ

(ダンディーニに)まずは、あの姉妹を城から追い出してくれ。そして、馬車の用意だ。

彼女を見つけ出すと誓うぞ。愛が私を突き動かすのだ。

「必ず彼女を見つけ出す」Sì, ritrovarla io giuro

ドン・ラミロが出て行く。

アリドーロ(哲学者)
暗闇で、馬車をドン・マニフィコの屋敷の前で横転させよう。そうすれば、目的は達成できる。

アリドーロが去り、ダンディーニを追いかけて、ドン・マニフィコがやって来る。

ドン・マニフィコ

急がせて申し訳ないが、ふたりの娘のどちらになさいますか。

ダンディーニ

ああ、もう決まっていますよ。極秘なのです。あなたに教えてもいいですよ。実は、ちょっと奇妙な話でね。(もったいぶる)

ドン・マニフィコ

(まさか、王子は私と結婚したいのか?)

ダンディーニ

重大な秘密をお教えしましょう。

私が王子であるというのは、冗談ですよ。本物の王子が戻られて、私は従者の仕事に戻りました。

「重大な秘密を・二重唱」Un segreto d’importanza

ドン・マニフィコ

本物の王子に説明を求める。

ダンディーニは「早く帰れ」と言い、ドン・マニフィコは「帰らない」と粘る。

第2場 王子がアンジェリーナを見つける

ドン・マニフィコの邸宅

アンジェリーナはいつもの服で部屋の掃除をしている。

アンジェリーナ

昔々あるところに、王様がいました。王様と結婚したい娘が3人。王様は自ら選びました。見た目の美しさに目もくれず、善良な娘を選びました。

(腕輪を眺めて)あなたの片割れは、素敵な方の元にあるわ。

ドン・マニフィコと姉妹が屋敷に戻ってきた。天気が悪くなり始め、落雷が聞こえる。

ドン・マニフィコ

言いつけた仕事はやったか。それにしても、突然現れたあの女にそっくりだな。

姉妹
あんたの背中を蹴飛ばしたくなるわ。

アンジェリーナ

なんてひどい。でも、私の心には従者の方がいるのよ。

アンジェリーナは夕食の支度を言いつけられて、去る。屋敷の外から、馬車が横転した音。

ダンディーニ

申し訳ない。王子の馬車が横転して・・・これはどういうことだ。

ドン・マニフィコ

お前は!それなら、王子はどこだ。従者が王子だったのか。

ドン・ラミロ

申し訳ない。

ドン・マニフィコ

お気になさらず、王子様。チェネレントラ。王子様に椅子を用意しろ。

アンジェリーナがダンディーニに豪華な椅子を用意する。

ドン・マニフィコ

愚か者。王子様はこちらの方だ。

アンジェリーナ

(ドン・ラミロを見て)あなたが王子だったのね。

ドン・ラミロ

(アンジェリーナを見て)腕輪だ。彼女だったのか。

絡み合った結び目、頭が混乱するな。

「六重唱」Questo è un nodo avviluppato

皆が混乱する中、ドン・ラミロはアンジェリーナを屋敷から連れ出す。ダンディーニとドン・マニフィコも追いかける。

屋敷に残った姉妹のもとに、アリドーロがやってくる。

アリドーロ(哲学者)
アンジェリーナは妃になるのだ。

お前たち姉妹は、乞食に扮した私を追い払い、アンジェリーナは施しをした。お前たちの父は、負債がある。不幸の道を進むか、彼女に謝罪するかだ。

姉妹のうち、ひとりは激怒し、もうひとりは「謝罪しても死ぬわけではない」と受け入れる。

第3場 アンジェリーナは、継父と姉妹を許す

城の大広間

花で飾られた広間に、着飾った人々が集まっている。

アンジェリーナ

灰にまみれた日々が、花に囲まれた玉座に変わるなんて。

ドン・マニフィコ

お后様。

アンジェリーナ

あなたの娘とは呼んでくれないのですか。

ドン・ラミロ

高慢な者に・・・

アンジェリーナ

王子様。悲しみの日々は消え去りました。玉座に上がりますが、それよりも気高い心でありたいのです。彼らを許すことが私の復讐です。

苦しみと悲しみに生まれ、耐えてきました。私の運命は変わったのです。

「悲しみと涙のうちに生まれ」Nacqui all’affanno, al pianto

人々
あなたこそ玉座に相応しい。

アンジェリーナ

父や花婿、友人。もうひとりで歌うことはないのね。

騎士たち
すべてが変わり、ため息をつくのは終わりだ。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる