ヘンゼルとグレーテル|あらすじと簡単解説・フンパーディンク

フンパーディンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」は、欧米ではクリスマスの時期に家族で見に行くオペラとして有名です。

もともと、フンパーディンクの妹アーデルハイト・ヴェッテ(台本を担当)の夫の誕生日会で、子供たちが演じる劇のために作られた作品です。親しい人たちの間で好評になり、オペラ化されて1893年に上演されるに至りました。

グリム童話の毒の部分がなくなり、宗教的な教訓が盛り込まれた、家族で見るのにふさわしい優しいオペラです。

タップできる目次

オペラ・歌劇「ヘンゼルとグレーテル」の簡単なあらすじ

ヘンゼルとグレーテルは母親に叱られて、森にいちご狩りに出かける。森には悪い魔女がいるとわかると、両親はすぐに探しに行く。ふたりは森で、眠りの精、露の精に出会う。寝ていると天使も降りてくる。子供をお菓子にして食べようとする魔女に遭遇するが、魔女を倒す。探しに来た両親と再会。

相関図と登場人物(ヘンゼル、グレーテル)

ヘンゼルとグレーテルの相関図
オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の相関図・タップで拡大表示
ヘンゼルメゾソプラノ
グレーテルソプラノ
ペーター父・ほうき職人バリトン
ゲルトルートメゾソプラノ
お菓子の魔女魔女メゾソプラノ
眠りの精子供を眠らせるソプラノ
露の精子供を目覚めさせるソプラノ

作曲フンパーディンク・初演・原作・台本・上演時間

ヘンゼルとグレーテル Hänsel und Gretel

  • 作曲 エンゲルベルト・フンパーディンク
  • 初演 1893年12月23日 ヴァイマル 宮廷歌劇場
  • 原作 グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」
  • 台本 アーデルハイト・ヴェッテ(フンパーディンクの妹) ドイツ語
  • 上演時間 1時間45分(第1幕35分 第2幕30分 第3幕40分)

「ヘンゼルとグレーテル」第1幕の簡単な対訳 母に怒られて、森へ

前奏曲

ペーターの家

ドイツ、森の見える貧しい家の中。

グレーテル

可愛いズーゼ、わらの中でがさごそ鳴るのは何かしら?ガチョウは裸足で、靴を持っていないの。靴屋に革はあるけれど、作る方法がない。

「二重唱・かわいいズーゼ」Suse, liebe Suse, was raschelt im Stroh?

ヘンゼル

だから裸足なのか!

ああ、おなかが減った。お母さんが早く帰ってくればいいのに。何週間も乾いたパンしか食べていない。なんという惨めさだ。

グレーテル

落ち着いて、ヘンゼル。お父さんが落ち込むお母さんに言うことを思い出して。「不幸がこれ以上にないほどになると、神があなたに手を差し伸べてくれる」と。

ヘンゼル

そうだね。いい感じに聞こえるけど、僕はそれだけでは満足できないんだ。おいしいものを食べたいよ。エッグパンケーキやバターロールを。

グレーテル

(ヘンゼルの口を押えて)文句を言うと怖い顔に見えるわよ。(ほうきを手に取り)さあ、気難し屋さんを追い出すのよ。この家から。

ヘンゼル

気難し屋さんを追い出そう。

グレーテル

これ以上文句を言わないなら、秘密を教えてあげるわ。喜ぶわよ。ミルクポットの中を見てごらん。ミルクが入っている。今日、ご近所さんからもらったの。お母さんが帰ってくれば作ってくれるよ。ライスプディングを。

ヘンゼル

ライスプディング!(踊りだす)プディング!牛乳のクリームの濃さを、味見させてくれ。(指についたクリームを舐める)もっと舐めたいな。

グレーテル

恥ずかしくないの?(手を叩く)それより早く仕事をしないと。お母さんが帰ってきたら怒るわ。

ヘンゼル

仕事?そんなことより踊って騒ごうよ。

グレーテル

踊り!それは私も好きよ。お母さんが教えてくれた歌で踊りましょう。

ヘンゼル

(不器用ながらも踊る)僕は苦手なんだ。踊り方を教えてよ。

グレーテル

足でトントントン、手でパンパンパン。後ろに回って、前に回って、ぐるぐると、難しくないでしょう。

「二重唱・足でとんとんとん」Mit den Füsschen tapp tapp tapp

ヘンゼル

足で…回る。難しくないな。

ぐるぐる回って踊るうちにバランスを崩し、お互いに床に転がる。この時、ドアが開き、母親が姿を現すと、子供たちはすぐに床から飛び上がった。

母親(ゲルトルート)
どういうことなの?いたずらっ子たちよ。仕事を頼んでいたのに。親は早朝から日暮れまで働いているのよ。グレーテル、靴下はまだ編んでいないの?数本のほうきも結べてないの?おしりを叩きましょうか?

(子供たちを追いかけて、ミルクポットを壊してしまう)

今度はミルクポットを割ってしまった。(涙を流す)夕食は何を作ればいいの?

(母のスカートについた牛乳を見て、ヘンゼルが笑ってしまう)

坊や、私を笑うっていうの!

(ぶたれそうになって、ヘンゼルが外に出ていく。母がグレーテルにかごを渡す)

3月ね。森の中でイチゴを取っておいで。かごいっぱいになるまで帰ってくるんじゃないよ。そうでなければぶってやる。

(グレーテル出ていく)

神よ、お金を恵んでください。ポットに一滴もなく、カップボードにも一片もない。長い間、水しか飲めません。疲れた。死ぬほど疲れた。

「どういうことなの?」Was ist das für eine Geschichte!

母親は疲れて、眠り込んでしまう。外から父親の歌声。

父親(ペーター)の歌声
ララララ、母さんここだよ、幸せと栄光をもたらすぞ。

「ララララ」Ra-la-la-la, ra-la-la-la, heissa Mutter, ich bin da!

歌って踊りながら父親が家に到着。父親が眠っている母親を起こす。

母親(ゲルトルート)
(目をこすって)まあ、誰が私を眠りから覚まそうっていうの!

父親(ペーター)
さあ、いい知らせだ。この食べ物を見ておくれ。

母親(ゲルトルート)
何が見えているのかしら!ベーコンとバター、牛乳にソーセージ。14個の卵。今は高いのに。豆、玉ねぎ、まあ、4分の1ポンドのコーヒー。

ふたりで手を取り合って踊りだす。

父親(ペーター)
聞いてくれよ、ヘレンヴァルトの向こう側ではもうすぐお祭り騒ぎだ。それで私の仕事が花開いた。祝うには掃除をしなけりゃならない。私のほうきが最高の価格で売れたよ。ほうき屋、万歳だ。

でも、子供たちはどこにいる?

母親(ゲルトルート)
(気まずそうに)どこにいる?そうね、知りたいわ。でも、はっきりとわかっていることがある。割れたミルクポットよ。

父親(ペーター)
あの子たちは、また悪さをしたのかい?

母親(ゲルトルート)
仕事をしていなくて、私が怒って追いかけたの。それでポットが割れてしまった。

父親が笑いだして、二人で笑いあう。

父親(ペーター)
怒りっぽいお母さんだな。あんなポット、いいさ。だけど、子供たちはどこなんだ?

母親(ゲルトルート)
イルセシュタイン(岩)のところじゃないかな。

父親(ペーター)
イルセシュタイン(岩)だって?大変だ。お菓子の魔女がいる。

Ilsenstein(イルセシュタイン)…ドイツ中部のハルツ山地にあるイルセンブルクの町の近くにある有名な花崗岩の岩

父親(ペーター)
岩のように古く年取った魔女があそこにはいるんだ。真夜中になると、彼女は悪魔の力を持つ。

「年取った魔女」Eine Hex’, steinalt

母親(ゲルトルート)
なぜお菓子の魔女なの?

父親(ペーター)
昼間は、子供たちのためにお菓子の家がある。魔法のケーキでおびき寄せる。そして、熱したオーブンに、ケーキに夢中になった子供を入れるんだ。オーブンの外に出てくるのは、ジンジャーブレッドになった子供だ。そして、魔女はそれを食べてしまう。

母親(ゲルトルート)
恐ろしい。子供たちを助けなければ。

母親が外に飛び出し、父親もそれに続く。

「ヘンゼルとグレーテル」第2幕の簡単な対訳 森でイチゴを探す

前奏曲「魔女の騎行」Hexenritt

森の中

夕暮れ。暗い森の中、イルセシュタイン(岩)の近く。グレーテルが花輪を作り、ヘンゼルがイチゴを探している。

グレーテル

こびとが森に立っている。真っ赤なコートを着ているわ。教えて、この小さな男は誰なの?

「こびとが森に立っている」Ein Männlein steht im Walde

ヘンゼル

(茂みから出てきて)たくさんイチゴが取れたよ。お母さんに褒めてもらえるかな。

グレーテル

私の花輪も上手にできたわ。(ヘンゼルの頭に花輪を乗せようとする)

ヘンゼル

男の子はそんなのつけないよ。女の子の頭にしか似合わない。(花輪をグレーテルの頭に乗せる)森の王女様だ。

(カッコーの鳴き声が聞こえる)カッコー、カッコー、タマゴをぱくり。

グレーテル

カッコー、カッコー、イチゴをぱくり。(ヘンゼルにイチゴを食べさせる)

「二重唱・カッコー、カッコー、イチゴをぱくり」Kuckuck, Kuckuck, Erbelschluck!

ヘンゼル

僕もできるぞ。(グレーテルの口にイチゴを入れる)カッコーと同じようにするんだ。カッコー、カッコー、タマゴをぱくり。

ふたりでかごの中のイチゴを食べてしまう。

グレーテル

ヘンゼル、なんてことをしたの。全部食べるなんて。お母さんに怒られる。

ヘンゼル

騒がないで。グレーテルも食べただろう。

グレーテル

新しいのを探さないと。

ヘンゼル

暗闇の中で、生垣やブナの下を探すの?葉っぱや実が見えないよ。周りはもう暗くなってきている。

グレーテル

ヘンゼル、私たちはここで何をしていたの?長い間こんなところにいるなんて。

ヘンゼル

今、森が何を言っているかわかる?「幼い子供たち、おまえたちは恐れないのか?」と尋ねるんだ。

(あたりを見渡して)グレーテル、僕はもう道がわからない。

グレーテル

なにか悪いことが起こりそう。見て、小さな光が近づいてくる。

ヘンゼル

誰かいるの?

こだま
いるの?いるの?…

抱き合って震える。霧が少し晴れて、ふたりの前に小人が現れる。

ヘンゼル

見て、小人がいる。

小人が親しげな様子で近づき、子供たちが安心する。

眠りの精
(子供たちに粉をかけながら)私は小さな眠りの精。あなたたちに害を与えません。子供を大切に愛します。穏やかに眠りなさい。(消える)

「私は小さな眠りの精」Der kleine Sandmann bin ich

ヘンゼル

眠りの精が来た。

グレーテル

夜の祝福を祈りましょう。

ふたりはひざまずいて両手を合わせる。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
夜になって眠りにつくと、私の周りには14人の天使が立っています。頭の上に二人、足元に二人、右手に二人、左手に二人、私を包むのに二人、目覚めさせるのに二人。

「夕べの祈り」Abends will ich schlafen gehn

グレーテル

天国を指し示す、二人。

ヘンゼル

天国へ向かわせる二人。

ふたりは腕を組んで眠る。暗闇の中、霧の中に明るい光が差し込み、やがて雲となり、階段のような形になる。流麗なローブに身を包んだ14人の天使が、光が神聖さを増す中、2人1組で雲の階段を下り「夕べの祈り」の順序に従って、眠っている子供たちの周りに立っていく。

「ヘンゼルとグレーテル」第3幕の簡単な対訳 魔女をやっつける

前奏曲

森の中

朝、眠る子供たちの側に露の精がいる。

露の精
(眠る二人に露をかけながら)私は小さな露の精。太陽と共に私は旅をする。東から西へ。明るい太陽はもう笑っている。眠っている人は、起きてください。(消える)

「私は小さな露の精」Der kleine Taumann heiss’ ich

二人が目覚める。

グレーテル

ここはどこ?私は目覚めているの?夢なのかな?モミの木の下で寝ていたなんて。鳥たちがとても優しい歌を歌っているわ。(寝ているヘンゼルに)怠け者のヤマネさん。もう起きなさい。ティ・リ・リ・リ、もう早くないよ。

「ここはどこ?」Wo bin ich?

ヘンゼル

(急に飛び起きて)キ・ケ・リ・キー(ドイツ語のコケコッコー)、まだまだ早いよ。よく聞こえるよ、朝が来た。とってもよく眠れたんだ。

グレーテル

素敵な夢を見たの。天から光が差し込んで、天使が舞い降りた。金色の羽をもつ天使だったわ。

ヘンゼル

14人の天使。

グレーテル

全部見たの?

ヘンゼル

もちろんだ。天使が去っていくのを見送ったよ。

霧が晴れて、ふたりの前にお菓子の家が現れる。

グレーテル

(心配そうにヘンゼルを引き留める)ちょっと待って。

ヘンゼル

神よ、ここでどんな奇跡が起こったのかな。こんなの見たことないよ。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
小さなお家。ケーキやタルトの屋根に、白い砂糖の窓、ジンジャーブレッドの柵がある。

ヘンゼル

誰もいないようだ。さあ行こう。

グレーテル

あなたは正気なの?どうしてそんなに大胆になれるの?小さな家の中に誰がいるかなんて誰にもわからないでしょ。

ヘンゼル

小さな家は僕たちに微笑んでいるよ。きっと天使がくれたんだ。僕たちを招待してくれたんだよ。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
さあ、かじってみましょう。小さな鼠のようにかじってみましょう。

家の中から声
カリカリ、カリカリ、誰が私の小さな家をかじっているの?

ヘンゼル

聞こえた?

グレーテル

風よ。

ヘンゼル

風だね。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
神(天使)の子よ。

神の子…神に祝福された者、神を信じる者

ふたりはお菓子の家を食べ始める。

家の中から声
カリカリ、カリカリ、誰が私の小さな家をかじっているの?

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
風よ、風よ、神の子よ。

家の上部の扉が静かに開き、お菓子の魔女の頭が見える。 子供たちはそれに気づかず、楽しく食事を続けていると、彼女は扉を全開にして子供たちに忍び寄り、ヘンゼルの首に縄をかける。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
(お菓子に夢中で笑いあう)ハハハ!

お菓子の魔女
ヒヒヒ!

ヘンゼル

離れて!誰だ!

魔女が子供たちを自分の方に引き寄せて、撫でる。

お菓子の魔女
かわいい子供たち、とても丸くて太っているね。怖がることなんてないのを知ってちょうだい。私は子供のように無邪気なのよ。だから私は、小さな子供たちが大好き。

ヘンゼル

近づかないで!いいか、僕はお前が嫌いなんだ。

お菓子の魔女
おいしそうな小悪魔だね。さあ、小さなネズミたちよ。私の小さな家に来て。あなたたちは私とうまくやっていけるでしょう。チョコレート、ケーキ、マジパン、甘いクリームが入ったケーキを食べさせてあげよう。

ヘンゼル

一緒に行きません。

グレーテル

あなたは愛想が良すぎるのよ!

お菓子の魔女
まあ、賢いね。小さなネズミたちよ。私の小さな家に来て。

グレーテル

あなたは何をしたいの?兄に何をするの?

お菓子の魔女
たっぷり美味しいものを食べさせてあげるよ。羊のようにおとなしくなった時、ヘンゼルにささやいてあげる。嬉しいことをね。

ヘンゼル

声に出して言えばいい!

お菓子の魔女
耳で聞きて、目で見るがいい。お前は喜びで死ぬだろう。

ヘンゼル

僕は耳も目もいいんだ。どんな災いがあるかわかっている。グレーテル、あんな甘い言葉を信じちゃいけない。妹よ、一緒に逃げよう。

ヘンゼルが魔女につけられた縄から抜け出して、グレーテルと逃げようとする。魔女が杖を出す。

お菓子の魔女
ホークスポークス、魔女の一撃。ふたりとも、もう動けないよ。生意気な子を馬小屋に入れよう。(ヘンゼルが馬小屋に)

「ホークスポークス、魔女の一撃」Hokus pokus, Hexenschuss!

Hokus pokus…ドイツ語のアブラカダブラ。魔法の呪文。
Hexenschuss…へクセンシュス「Hexe」は魔女「Schuss」は射撃。ドイツでは日常的な言葉として「ぎっくり腰」の意味。

お菓子の魔女
今のグレーテルは、もう動けない。お利口さんだね。ヘンゼルを太らせよう。家に入って甘いアーモンドとレーズンをとってこよう。

魔女がお菓子の家に入る。ヘンゼルは馬小屋に入れられ、グレーテルは魔法で動けない。

グレーテル

(魔法で動けずに)なんて怖い魔女なの。

ヘンゼル

グレーテル、大声で話すな。賢く、注意を払うんだ。魔女が望むことをすべてやるふりをしよう。彼女が戻ってきた。

魔女が戻ってきて、ヘンゼルの口にお菓子を放り込む。

お菓子の魔女
グレーテルに用事を言いつけよう。(グレーテルの魔法を解く)私の言うことを聞かなかったら、お前も馬小屋に入れるぞ。

グレーテルが動けるようになる。

お菓子の魔女
(ヘンゼルが眠る)おや、いたずらっ子が眠っている。よく寝なさい。すぐに永遠の眠りにつくさ。グレーテルを先にしようか。あなたはとても甘く、優しく、丸いね。魔女の口のために作られたように。

魔女がかまどに火をくべていく。グレーテルは魔女の様子をこっそり伺う。

お菓子の魔女
グレーテル、お前はもうすぐお菓子になるよ。見てごらん。かまどの中のジンジャーブレッドをのぞくんだ。お前がかまどの中に入ったら、扉を閉める。グレーテルは、私の焼き菓子になる。

魔女は喜びのあまり、ほうきを手に取り空を飛ぶ。魔女が空から降りてきて、ヘンゼルが太っているか確認する。

お菓子の魔女
起きるんだ坊や。さあ舌を見せるんだ。これはおいしそうだ。さあ、指を見せるんだ。(ヘンゼルが細い木の棒を差し出す)なんとまあ、哀れな指じゃないか。

グレーテル!ヘンゼルに食べさせてやれ。

グレーテル

アーモンドはここにあります。(こっそりと)ホークスポークス、ニワトコの木よ。ヘンゼルの手足を動かせ。

Hokus pokus Holderbusch!

Holderbusch(ニワトコの木)…魔除けの効果がある木・魔女とは違う呪文。

お菓子の魔女
何か言ったかい?

グレーテル

召し上がれ、ヘンゼル、って言いました。

お菓子の魔女
お前にもやろう。(口に押し入れる)食べるか死ぬかだ。

魔女がかまどの扉を開けて、火を確認している。

ヘンゼル

(馬小屋から静かに出て)妹よ、気をつけろ。

お菓子の魔女
グレーテル、かまどの中をのぞいて。ジンジャーブレッドが茶色になっているか、まだ早すぎるか。簡単な仕事だよ。

グレーテル

どうやってすればいいの?

お菓子の魔女
少し背伸びして、頭を前に出すのさ。

ヘンゼル

(グレーテルの陰に隠れて)妹よ、気をつけろ。

グレーテル

私はとても愚かなの。だからやって見せて。

お菓子の魔女
(実際にやって見せて)頭を前にするんだ。子供の遊びだよ。

ヘンゼルとグレーテルは、魔女がかまどの中に飛び込むように乱暴に押して、すぐに扉を閉める。

グレーテル

ヘンゼルとグレーテル
やったー!魔女を倒した。魔女の恐怖は終わったぞ。陽気に踊ろう。

「万歳、魔女を倒した」Juch-hei! Nun ist die Hexe tot

ヘンゼルとグレーテルがお菓子の家に向かい、自宅にお菓子を持って帰ろうとふたりで集めていると、魔女が入ったかまどが大きい音を立てて壊れる。魔女によってお菓子の家の部品(クッキーやケーキ)にされていた子供たちが出てくる。

ヘンゼル

お菓子の中に子供が見えるぞ。

お菓子になっていた子供たち
助かったぞ。私たちに触れてちょうだい。私たちが目覚めるように。

ヘンゼル

(恥ずかしがって)お前が触ってあげて。

グレーテル

可愛い顔を撫でましょう。

グレーテルがお菓子になった子供たちを撫でていき、ヘンゼルは呪文を唱える。

ヘンゼル

ホークスポークス、ニワトコの木よ。みんなの手足を動かせ。

お菓子になっていた子供たち
ありがとう。魔法が解けた。みんなで手を取り合って踊ろう。

ヘンゼル

昼も夜も天使たちは僕たちを見守っていてくれる。すべての素晴らしさを称え、感謝しよう。僕たちを笑顔にしてくれるんだ。

お菓子になっていた子供たち
すべての輝きを讃え、感謝しよう。

子供たちがヘンゼルとグレーテルに握手を求める。

父親(ペーター)の声
ラララ、私たちの子供はここにいるだろう。ラララ。ああ、いたぞ。

ふたりの父親と母親が現れる。家族は抱き合って喜ぶ。お菓子になっていた二人の男の子が、かまどからジンジャーブレッドになった魔女を取り出す。

父親(ペーター)
子供たちよ、見てごらん。魔女が魔法をかける方法を。彼女はカリカリになるまで自分がお菓子になったんだ。

二人の男の子が、ジンジャーブレッドになった魔女をお菓子の家に運ぶ。

父親(ペーター)
天の裁きに注目しなさい。悪事は長続きしません。不幸がこれ以上にないほどになると、神があなたに手を差し伸べてくれる。

「神が手を差し伸べた」Gott der Herr sich gnädig zu uns neigt!

グレーテル

ヘンゼル、グレーテル、母親、お菓子になった子供たち
不幸がこれ以上にないほどになると(父親も一緒に)神があなたに手を差し伸べてくれる。

お菓子になっていた子供たちが、ヘンゼルとグレーテル一家の周りを囲んで踊る。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる