フィガロの結婚【手紙の二重唱】歌詞と対訳|Sull’aria

フィガロの結婚 手紙の二重唱

フィガロの結婚・第3幕

伯爵を懲らしめるフィガロの計画が失敗したところで、伯爵夫人とスザンナはフィガロ抜きで計画を進めることにします。

浮気者の伯爵をおびき出すための手紙を書くのが「手紙の二重唱」です。

タップできる目次

「手紙の二重唱」Sull’aria…Che soave zeffiretto【歌詞と対訳】

“Sull’aria…”

スザンナ

「そよ風に寄せる… 」

“Che soave zeffiretto…”

伯爵夫人

「なんと柔らかな西風が…」

“Zeffiretto…”

スザンナ

「西風が…」 

“Questa sera spirerà…”

伯爵夫人

「今夜、吹くでしょう…」

“Questa sera spirerà…”

スザンナ

「今夜、吹くでしょう…」

“Sotto i pini del boschetto.”

伯爵夫人

「木立の松の下で」

“Sotto i pini…”

スザンナ

「松の下で…」

“Sotto i pini del boschetto.”

伯爵夫人

「木立の松の下で」

“Sotto i pini…del boschetto…”

スザンナ

「松の下で…木立の…」

Ei già il resto capirà.

伯爵夫人

あとは、彼も分かるでしょう

Certo, certo il capirà.

スザンナ

確かに、あの方はお分かりになるでしょう

【解説】夫を懲らしめるための、女たちの美しい「企みの歌」

確実に夫が「この誘いの手紙」に乗ると分かっている、悲しみ

穏やかで優しい雰囲気の二重唱だから、うっかり忘れてしまいそうですが、浮気夫を誘い出すために手紙を書いています。伯爵夫人は、手紙の二重唱のあと、ふと思いつきます。

伯爵夫人

Ecco… prendi una spilla:
Servirà di sigillo. Attendi…scrivi
sul riverso del foglio,
“Rimandate il sigillo”.

さあ…ピンを取って
これで封をしましょう。待って…書いてちょうだい
手紙の裏に
「封(のピン)はお返し下さい」

スザンナ

È più bizzarro
di quel della patente.

それは、もっと変ですね
辞令よりも

辞令は、ケルビーノの辞令に伯爵が印を押し忘れていたことを言っています。スザンナの言う通り、ピンでとめるのは、当時もよくあるマナーではないです。

この手紙につけた「ピン」が後の展開のポイントに。フィガロの目にとまり、スザンナが伯爵と浮気をしようとしているのでは?と疑うようになります。

映画「ショーシャンクの空に」で「手紙の二重唱」が使われている

「手紙の二重唱」が使われている有名な映画は、「ショーシャンクの空に」です。他に、映画「フィリップ、きみを愛してる!」でも使用されています。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる