フィガロの結婚【愛の神よ、安らぎを与えたまえ】歌詞と対訳|Porgi, amor, qualche ristoro

フィガロの結婚・第2幕

第1幕では、入れ替わり立ち替わりドタバタ劇の様相ですが、一転して第2幕は、夫の浮気を嘆く伯爵夫人の悲しみから始まります。「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」は、伯爵夫人の悲しみが表現されています。

タップできる目次

「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」Porgi, amor, qualche ristoro【歌詞と対訳】

Porgi, amor, qualche ristoro
al mio duolo, a’ miei sospir.
O mi rendi il mio tesoro,
o mi lascia almen morir.

伯爵夫人

お与えください。愛の神よ、安らぎを
私の悲しみに、私のため息に
私に愛する人を返してください
さもなくば、せめて私を死なせてください

【解説】「フィガロの結婚」に重みを与える、伯爵夫人の悲しみ

morir ・・・ 死ぬ

愛する人が戻らないなら、死なせてください。夫、伯爵の浮気に悩み、つい「死」という言葉が出てしまうほど。

伯爵夫人の悲しみが、後に物語を進行させる力になります。フィガロの計画が失敗した後、夫人自ら計画を練り直して、伯爵夫人とスザンナで伯爵を懲らしめる計画を進めます。女たちの計画は成功し、伯爵が夫人に謝罪。フィガロの結婚の幕が下ります。

あわせて読みたい

「フィガロの結婚」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる