仮面舞踏会【お前こそ心を汚すもの】歌詞と対訳|Eri tu che macchiavi

仮面舞踏会 第3幕

信頼していたリッカルドと愛する妻のアメーリアの心が通じていたことがわかり、怒りに震えるレナート。

自宅に飾ってあったリッカルドの肖像画をにらんで歌われるのが、レナートの「お前こそ心を汚すもの」です。

タップできる目次

「お前こそ心を汚すもの」Eri tu che macchiavi quell’anima【歌詞と対訳】

Alzati! là tuo figlio
A te concedo riveder. Nell’ombra
E nel silenzio, là,
Il tuo rossore e l’onta mia nascondi.

レナート

立て!息子はそこにいるぞ
もう一度会うことを許そう。影の中で
そして沈黙の中で、
お前の赤面と私の恥を隠すのだ

Non è su lei, nel suo
Fragile petto che colpir degg’io.
Altro, ben altro sangue a terger dessi l’offesa!

レナート

彼女は関係ない、彼女の中の
私を襲ったのは(彼女の)弱々しい心ではない
他に、私の怒りを静めるために血を流す者がいる

Il sangue tuo!
E lo trarrà il pugnale
Dallo sleal tuo core:
Delle lagrime mie vendicator!

レナート

お前の血だ!
そして、短剣は彼を引き寄せる
お前の裏切りの心から
私の復讐の涙が!

Eri tu che macchiavi quell’anima,
La delizia dell’anima mia;
Che m’affidi e d’un tratto esecrabile
L’universo avveleni per me!
Traditor! che compensi in tal guisa
Dell’amico tuo primo la fé!

レナート

その魂を汚したのはお前だ
私の魂の喜びを
私を信頼してくれていたのに、突然
私の世界を毒したのだ!
裏切り者!このように信頼を返すとは
親友の信頼を!

O dolcezze perdute! O memorie
D’un amplesso che l’essere india!
Quando Amelia sì bella, sì candida
Sul mio seno brillava d’amor!

È finita – non siede che l’odio
E la morte nel vedovo cor!
O dolcezze perdute, o speranze d’amor!

レナート

失われた甘さよ!思い出よ
神聖な愛の抱擁よ
アメーリアがとても美しく、とても純粋だった時
私の胸に彼女は愛で輝いていた

終わった。憎しみだけが残った
そして、失った者の心には死が!
失われた甘さよ、愛の希望よ

【解説】ハープとフルートによる間奏が入る!

信頼が裏切られたことに怒りを感じつつも、妻のアメーリアとの美しい日々を思い出します。

ハープとフルートの間奏が入ることで、曲の雰囲気が変わるのが注目点です。

あわせて読みたい

「仮面舞踏会」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる