イル・トロヴァトーレ【見よ、恐ろしき炎を】歌詞と対訳|Di quella pira

イル・トロヴァトーレ 見よ、恐ろしき炎を

イル・トロヴァトーレ 第3幕

ルーナ伯爵とマンリーコは、レオノーラを巡り敵対。

戦いのために野営地を組むルーナ伯爵。マンリーコは戦う準備とレオノーラと結婚をしようとしていました。

ふたりが礼拝堂に入る直前に、部下から「マンリーコの母アズチェーナがルーナ伯爵に捕まり、火あぶりにされそうだ」と知らせが入ります。

マンリーコは結婚を取りやめ、急いで母を助けるために向かいます。その時にマンリーコによって歌われるのが「見よ、恐ろしき炎を」です。

タップできる目次

「見よ、恐ろしき炎を」Di quella pira【歌詞と対訳】

Di quella pira l’orrendo foco
Tutte le fibre m’arse. avvampò!…
Empi, spegnetela, o ch’io fra poco
Col sangue vostro la spegnerò…

Era già figlio prima d’amarti,
Non può frenarmi il tuo martir.


Madre infelice, corro a salvarti,
O teco almeno corro a morir!

マンリーコ

火あぶりの恐ろしい炎が
私の心をすべて燃やした、燃えた!
邪悪な者よ、それを消すのだ。さもなくば、私はまもなく
お前たちの血で消すだろう。

私はあなたを愛する前に、あの人の息子なのです
あなたの嘆きは、私を止めることはできない


不幸な母さん、あなたを救うために走ろう。
もしくは、せめてもあなたと一緒に死ぬために行くのだ

All’armi, all’armi! eccone presti
A pugnar teco, teco a morir.

兵士ら

武器を持て、武器を。ここには、あなたと
共に戦い、共に死ぬ者がいます

Madre infelice, corro a salvarti,
O teco almeno corro a morir!
All’armi, all’armi!

マンリーコ

不幸な母さん、あなたを救うために走ろう。
もしくは、せめてもあなたと一緒に死ぬために行くのだ
武器を持て、武器だ。

【解説】マンリーコとレオノーラは結婚を取りやめて、戦いへ

Era già figlio prima d’amarti,
Non può frenarmi il tuo martir.

私はあなたを愛する前に、あの人の息子なのです
あなたの嘆きは、私を止めることはできない

結婚を取りやめることになってしまった、レオノーラへの言葉が歌詞の中に入っています。

armi ・・・ 武器

「武器を持て、武器を!」と歌っているので、上の動画でみんなで武器をもっています。

オペラファンが気になる、歌の中の「ハイC」

本来はヴェルディの楽譜にはハイCがなかったのですが、初演の歌手によってハイCで歌われ、それが人気になり定番となりました。(ヴェルディもOKを出した。)

テノールの歌う「ハイC」とは?

この動画を見れば、歌の中でどの部分が「ハイC」なのか目で見てわかります。ハイCの時に文字が赤くなるので。

イル・トロヴァトーレの「見よ、恐ろしき炎を」は、1分20秒くらいのところ。

上の動画もいいですが、下のローランド・ヴィラゾンの動画も面白くてわかりやすいです。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる