【微笑みの国】のあらすじ・レハール

微笑みの国 レハール

「微笑みの国」は、「メリー・ウィドウ」と並ぶ、レハールのオペレッタ。

聞きやすい明るい音楽、後味の悪くない話で、気軽に楽しみやすい作品です。「微笑みの国」の舞台は、前半はオーストリアのウィーン、後半は中国です。オーストリアの伯爵令嬢・リーザと、中国の外交官・スー・チョン殿下が恋をして結婚。

結婚して中国に行きますが、リーザに待ち受けていたのは中国の慣習(殿下が4人の妻と結婚)でした・・・という話です。

  • 初心者
    通好み
  • 音楽
    易しい
    難しい
  • 内容
    易しい
    難しい
タップできる目次

「微笑みの国」の簡単なあらすじ

ウィーンの伯爵令嬢のリーザは、中国の外交官スー・チョン殿下に夢中。ふたりは結婚して中国に。

中国でふたりは暮らすものの、スー・チョンは叔父に「4人の娘との結婚」を強制され、結局受け入れることに。リーザは、幼馴染のグステルとともに中国を去る。

相関図と登場人物(リーザ・スーチョン・グステル)

微笑みの国 相関図
リーザ伯爵の令嬢ソプラノ
スー・チョン中国の外交官テノール
グステル中尉、伯爵バリトン

作曲レハール・初演・原作・台本

微笑みの国 Das Land des Lächelns

  • 作曲 レハール
  • 初演 1929年10月10日 ベルリン メトロポール劇場
  • 原作 レハールのオペレッタ「黄色い上着」からの改作
  • 台本 ルートヴィッヒ・ヘルツァー、フリッツ・レナー=ペダ ドイツ語

微笑みの国第1幕 ウィーンで、リーザとスー・チョン殿下が結婚

ウィーンの伯爵邸の大広間

伯爵令嬢のリーザが乗馬大会で優勝したので、人々が祝うために集まっている。

リーザ

皆さんありがとう。勝利を確信していました。でも、もっと冒険をしたいのです。次の冒険は、本物の愛。特別な人が現れたら、夢中になりたいのです。もう身近にいるのかもしれません。

グステル中尉がお祝いに駆けつけるが、リーザは軽くあしらう。スー・チョン殿下から、リーザに贈り物が届く。金の仏像だ。殿下からのリーザへの手紙には、仏陀の教えが書いてあった。グステルは「金持ちの中国人じゃ敵わない」と、皆と一緒に晩餐に行ってしまう。

一人残ったリーザ。

リーザ

「幸せが成功を呼ぶ」仏陀の教えね。なんて素敵。

リーザが殿下を思いながら歌を歌っていると、グステルが戻ってくる。

グステル

素敵な歌だね。変わっている。

リーザ

中国の恋の歌よ。

グステル

そうかい!中国の歌に仏像か!!

リーザ

やきもちね。

グステル

いや、そんなことより、君に話すことが。軍からお金をもらったんだ。士官は結婚するのに保証金がいるからね。君に結婚を申し込むために。

リーザ

ありがたいお話だけど、断るわ。あなたを好きなのよ。いい人だもの。

グステル

仕方がない。友達のままでいよう。(いつかは気が変わるかも。)


祝いの場に、スー・チョン殿下が訪問してくる。

スー・チョン

(憧れのリーザ。彼女は、私の心の内は知らないだろう。中国人は、気持ちを外に見せない。いつも微笑み、苦しみは見せないのだ。私の気持ちを知るのは、私だけ。)

リーザが現れる。二人でお茶を飲み語り合う。お互いに好きだが、思いは秘めている。

スー・チョン

これは、中国の茶器ですね。中国の花だ。(まるで恋人のよう。)

リーザ

二人でお茶と会話を楽しむひととき。(まるで恋人のよう。)


リーザの父が、スー・チョン殿下に顔合わせして欲しい女性たちを連れてくる。殿下に興味津々の女性たち「中国では女性をどんな風に口説くのですか?」

スー・チョン

りんごの花で冠を編み、好きな女性の窓に置くのです。4月の月夜に。憧れを込めて歌います。思いを込めて。
(途中からリーザに思いを込めて)君の金髪の髪、バラ色の頬。

グステルが隠れて、殿下の歌を聞いている。


リーザがスー・チョン殿下に電報を持ってやって来る。でも、部屋にいたのは隠れていたグステル。

リーザ

何をしているの?そんなところに隠れて。

グステル

中国式の誘惑方法を勉強していたのさ。君に結婚を断られたからね。

リーザ

子供みたいなことを!あなたは素敵よ。でも他の女性を探して。

グステル

他の女性を探すなんて難しいよ。僕は結婚したいんだ。

リーザ

私に探せってこと?

グステル

いいね、君が探してくれよ。僕は要求が多いぞ。もし結婚が無理なら、金庫に閉じこもってやる。花嫁を探す広告を出すんだ。だって我慢出来ないんだから。

リーザ

探してあげるわよ。でも、完璧な人なんていないわよ。まあいいわ。あなた、我慢出来ないんですものね!

グステルと入れ替わりに、スー・チョン殿下が入ってくる。リーザは殿下に電報を渡す。

スー・チョン

叔父からの電報だ。国の首相に任命すると。すぐに帰国しなければ。

皆が殿下を祝福する中、リーザは皆に去るように行って、スー・チョン殿下と二人で話す。

リーザ

もう明日にはあなたにお会いできないなんて。中国の恋の歌が忘れられないの。でも、あなたは別の世界の方。

スー・チョン

そう。私は君たちの世界にはあわないのです。中国に帰り二度と戻らないでしょう。ここには幸せがありましたが・・・最愛の人を残していくのです。

リーザ

最愛の人、私のこと!最愛の人と呼んでくれるのなら、どこへでも。

グステルは悲しみ、父親の不安を押し切り、リーザとスー・チョン殿下は中国に旅立つ。

微笑みの国第2幕 中国での慣れない生活

北京のスー・チョン殿下の宮殿

スー・チョン殿下が、首相になる任命式。その場にリーザはいない。最高の位の者が身につけることを許される「黄色の衣」をスー・チョンが身につける。皆(男性のみ)の祝福。

任命式の後、スー・チョン殿下は、テニスウェア姿の妹のミーに祝福される。その場に叔父が現れてミーに苦言を。

叔父

はしたない格好をするな、ミー。中国の女性ともあろう者が。このような日にくだらないテニスなどするとは。

ミー

女は祝典に出られないならいいじゃない。何が悪いの?

スー・チョン

ミー。叔父様の言う通りにするのだ。

ミーが着替えるためにその場を離れ、リーザが現れる。

リーザ

愛する私の夫。誇らしいわ。祝典に出席できたらよかったのに。中国の生活は息苦しいわ。かわいいミーはグステルにお似合いだし、本当の妹みたい。でも、他の家族は・・・

スー・チョン

君が大変なのはわかっている。でも、私の心の中は君だけだ。

リーザと殿下は愛を語り合い、立ち去る。中国の服に着替えたミーが戻ってくるが、誰もいない。

ミー

叔父様にこの姿を見せてやろうと思ったのに、いないわ。大体考え方が古すぎる。私たち女性にだって感情があるのよ。古い慣習なんて、くだらないわ。


上級宦官が現れて、「私は最後の宦官。殿下のように4人の妻を娶れる人生は最高だろう。だが、私だって人生を楽しんでいるぞ。」そこに、グステルが訪問。

グステル

変な家だ。誰もいない。・・・あそこに人が。

宦官とグステルの会話。グステルは宦官を少しバカにしている。

宦官

今日はめでたい日なんだ。殿下が4人の女性と結婚するからな。

グステル

なんだって。4人一度に?でも、すでに結婚している奥様(リーザ)は大丈夫なのですか?

宦官

ああ。あのオーストリアのお姫様。彼女は何も知らないよ。

宦官が去り、ミーが入れ替わりに。グステルは殿下と結婚する4人のうちのひとりだと思い、声を掛ける。

グステル

お嬢さん。・・・なんてかわいい。恋に落ちそうだ。

ミー

ヨーロッパの軍人が愛を語るのは信用ならないわ。お姉様(リーザ)が言っていたもの。

グステルとミーは話しているうちに、お互いに親しみがわく。ミーが屋敷を案内するというので、二人は出て行く。


スー・チョン殿下と叔父が言い合いをしている。

叔父

伝統に則り、中国人の4人の女性と結婚するように!

スー・チョン

妻は一人おります。・・・伝統に従いましょう。今日にでも。

叔父の説得に折れて、殿下は4人と結婚することを選ぶ。ひとり苦しむ殿下。

スー・チョン

私の心のすべては、あなたのものです!あなたがいないところで
私は存在することが出来ないのです。


「君は我が心のすべて」Dein ist mein ganzes Herz


グステルとミーは仲良くなっていた。グステルは殿下の4人の妻だと思っていたが、ミーが殿下の妹だと知り驚く。ミーにリーザに会えるように頼む。リーザとグステルの再会。

リーザ

グステル。どうして中国に?皆は元気?

グステル

君がいなくて寂しくてね。中国に派遣を希望して来たんだ。君は幸せ?中国の風習には慣れたかい?そうだ。気になることが。4人の妻と結婚すると聞いたのだけど。

リーザ

何を言っているの?彼はそんなことはしないわ。4人と結婚なんて。

スー・チョン殿下が通りかかり、リーザはグステルの話を確かめる。

スー・チョン

君たちには奇妙なことだろうが、決まりに従う。だが、二人の生活には関係のないことだ。今日、4人と結婚する。

殿下はそう言って立ち去る。リーザはグステルに言う。

リーザ

帰るわ。・・・帰る。グステル。

グステル

わかった。すぐに帰れるように準備しよう。

グステルは、すぐに帰国できるように準備を整えるために出て行く。一人残ったリーザは嘆く。

リーザ

もう終わりよ。故郷に帰りたい。静かな庭に。懐かしい我が家に。

華々しく結婚式が行われる。その後、リーザと殿下はふたりで話し合う。

スー・チョン

リーザ。仕方がなかった。これは無意味なことだよ。

リーザ

私には無意味なことではないわ。出て行きます。

スー・チョン

出て行くことを禁じる。ここでは、私が主人だ!私の言葉に従え。孔子が言った、女は自由に行動してはならない。

リーザ

あなたの正体が見えたわ。甘い言葉をささやいて、偽りのおとぎ話を話していたのね。父や友と離れて、故郷を捨ててきたのに。あなたのためにこの国に来たのに。私の冒険は終わったのよ。

リーザはその場を立ち去る。残された殿下。

スー・チョン

悪夢のようだ。何をしてしまったのかわからない。愛しているのに。

微笑みの国第3幕 二人の別れ、中国からウィーンに帰る

北京のスー・チョン殿下の後宮

グステルは宦官に賄賂を渡して、後宮に入り込もうとする。話がついて、ふたりは立ち去る。

リーザは後宮に閉じ込められていた。ミーがリーザを訪ねてくる。

ミー

お兄様に頼まれたの。どうか仲直りして。結婚はしたけれど、4人の女性とは目もあわせないの。叔父様も怒るくらいよ。

リーザ

あなたのことは大切に思っているわ。でも、ごめんなさい。私は帰りたいの。

二人が話しているところに、グステルが後宮に入ってくる。リーザとミーは驚く。

グステル

リーザ。逃げる準備ができたぞ。

ミー

お兄様はがっかりするわ。でも、お姉様に協力するわ。

リーザは、帰国するための準備に出て行く。残った、ミーとグステル。

グステル

君はかわいいお嬢さんだ。きっと忘れられないよ。

ミー

いいえ、忘れるわ。あなたはリーザを愛しているもの。

グステル

いいや、きっと思い出す。

二人が話しているところに、リーザが準備を整えて戻ってくる。

リーザ

これでお別れよ。ミー。ありがとう。

リーザとグステルは後宮を秘密の出口から出て行く。ミーがひとり、グステルに恋をしていたことを思いふけっていると、二人が戻ってくる。

グステル

ダメだ、鍵がかかっていた。出られない。

ミー

そんな。残る方法はひとつしかないの。

3人は、役人たちに捕まる。その場にスー・チョン殿下が現れて、状況を把握する。

スー・チョン

君は出て行くのか・・・

リーザ

故郷と同じ太陽が、私を苦しめるの。ウィーンに帰りたい。

スー・チョン

君を自由にしよう。グステル。あなたにリーザを託します。彼女を幸せにしてください。

グステル

あなたの寛大な心に感謝します。

リーザとスー・チョン殿下は和解して、別れる。殿下とミーは、リーザとグステルを見送る。

スー・チョン

妹よ。彼らの幸せを願おう。悲しくても微笑むのだ。それが仏陀の教え。彼らに私たちの心の内はわからない。いつも微笑み、心の内はわからない。

実際にオペレッタ「微笑みの国」を観るなら

日本ではあまり上演されません。

おすすめ「微笑みの国」のDVD

2017年、チューリッヒ歌劇場。

スー・チョン役は、ピョートル・ベチャワ。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる