リゴレット・ジルダのアリア【麗しい人の名は】歌詞と対訳|Caro nome

リゴレット・第1幕

リゴレットの「慕わしい人の名は」は、恋のときめきを歌う軽やかな歌です。ジルダは自宅のバルコニーで、さきほど会った男性を思い出し、恋に浸ります。ジルダが思い出すのは、この男。

公爵

私は、貧しい学生グァティエル・マルデです。

ただ「慕わしい人の名は」の裏には、醜い思惑がうごめいています。

  • 男は学生ではなく公爵(既婚者)、しかも偽名
  • ジルダの背後には、誘拐して公爵への貢ぎ物にしようとしている男たち

「慕わしい人の名は」の後に、ジルダは男たちによって誘拐されます。

タップできる目次

「慕わしい人の名は」Caro nome【歌詞と対訳】

Caro nome che il mio cor
festi primo palpitar,
le delizie dell’amor
mi dei sempre rammentar!

Col pensier il mio desir
a te sempre volerà,
e fin l’ultimo mio sospir,
caro nome, tuo sarà.

Gualtier Maldè!

ジルダ

私の心の中にある、親愛なる名前
初めて胸をときめかせた、
愛の喜びを
いつも私に思い出させてくれる!

想うたびに、私の憧れは
いつもあなたに飛ぶでしょう、
私の最後のため息まで、
親愛なる名前よ、あなたのものになります。

グァティエル・マルデ!

【解説】ジルダにとって、名前を知ることは「大切な意味」がある

父親の名前を教えてもらえない、ジルダ

ジルダ

お父さんの名前を教えて。家族について知りたいの。

リゴレット

私の名前なんて、どうでもいい。

リゴレットは、ジルダが道化師の娘だと世間に明るみになれば、娘に何か被害が及ぶかも知れないと、恐れています。

名前を知りたいと願った相手の名前が、偽名・・・

Caro nome ・・・親愛なる名前

ジルダ

グァティエル・マルデ!

「親愛なる名前、グァティエル・マルデ!!」とジルダは歌います。

父親の名前を教えてもらえないジルダが、大切な人の名前を呼べることに喜びを感じるのは自然なことです。

あわせて読みたい

「リゴレット」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる