花の歌|歌詞|カルメン|La Fleur que tu m’avais jétée

カルメン 花の歌

カルメン 第2幕

牢の刑期が終わり、ホセはカルメンに会いに来ます。カルメンはホセを歓迎しますが、あっという間に軍に帰る時間に。

ドン・ホセ

軍に戻らないと。

カルメン

さっさと帰れば。あんたの愛なんて、信じられないわ。

ドン・ホセ

ひどいな。信じてくれ。

ホセは、出会った日にカルメンから投げられた花を出して、カルメンへの愛を伝えます。このときに歌われるのが、「お前の投げたこの花は」(花の歌)です。

目次

花の歌 La Fleur que tu m’avais jétée 歌詞と対訳

La fleur que tu m’avais jetée,
dans ma prison m’était restée.

Flétrie et sèche, cette fleur
gardait toujours sa douce odeur;
et pendant des heures entières,
sur mes yeux, fermant mes paupières,
de cette odeur je m’enivrais
et dans la nuit je te voyais!

Je me prenais à te maudire,
à te détester, à me dire:
pourquoi faut-il que le destin
l’ait mise là sur mon chemin?

ドン・ホセ

お前が投げた花は
牢屋の中でも持っていた。

枯れて乾いたこの花は
甘い香りが残っていて
何時間もかけて
まぶたを閉じた俺の目には、
この香りに酔って
その夜に、私はお前を見た!

呪ってやろう
憎みたいと、自分に言い聞かせた
どうして、運命はあの女の
道ずれになるのかと

Puis je m’accusais de blasphème,
et je ne sentais en moi-même,
je ne sentais qu’un seul désir,
un seul désir, un seul espoir:
te revoir, ô Carmen, oui, te revoir!

Car tu n’avais eu qu’à paraître,
qu’à jeter un regard sur moi,
pour t’emparer de tout mon être,
ô ma Carmen!
et j’étais une chose à toi!
Carmen, je t’aime!

ドン・ホセ

それから、自分への冒涜を自分でとがめ、
自分の中に感じ取ったんだ
僕には、ただひとつだけの願いがある
ただひとつの願い、ただひとつの望みしかない。
お前にまた会うこと、カルメン、お前に会うことだけ!

だってお前はただ現れただけで、
僕を一目見るだけで
僕のすべてを奪うことが出来たのだから。
おお、カルメン!
そしてもう、僕はお前のものなんだ!
カルメン、お前が好きだ!

「花の歌」の解説

カルメンの舞台上では、赤いバラの花が投げられることが多いですが、原作では、fleur de cassie と書かれており、別の花です。

アカシアの花 fleur de cassie

cassie 香りのよい黄色い花。アカシアの花。ミモザ。

ミモザは、香水に使用されたりします。ミモザの香りは、優しい穏やかな香り。バラのはっきりした香りと比べると、上品な香りです。オペラのカルメンには、赤いバラの方が合いますね。

あわせて読みたい

「カルメン」のあらすじ・相関図

目次
トップ
目次
閉じる