ハバネラ・恋は野の鳥|歌詞|カルメン|Habanera

カルメン ハバネラ

カルメン 第1幕

カルメンの歌う「ハバネラ」は自分の恋愛観を語り、気のないそぶりのドン・ホセに向かって誘惑する歌です。

カルメンの歌と共に、合唱で強調される、prends garde à toi! プラン・ガルタ・トワ!(ご用心!)は、ハバネラを聞いていると、印象に残ります。カルメンの「私に惚れられたら、ご用心!」のその言葉通り、ホセは運命に翻弄されます。

目次

ハバネラ・恋は野の鳥 Habanera 歌詞と対訳

L’amour est un oiseau rebelle
que nul ne peut apprivoiser,
et c’est bien en vain qu’on l’appelle,
s’il lui convient de refuser.

Rien n’y fait, menace ou prière,
l’un parle bien, l’autre se tait;
et c’est l’autre que je préfère:
il n’a rien dit, mais il me plaît.

カルメン

恋は気ままな鳥よ
誰も手なずけられない
呼ぶのはむだに終わるのよ
拒否したらそれまで

脅しもお願いもできない
あちらがお喋りで、こちらが無口なら
私はもうひとりの方が気になる
何も言ってなくても、私は彼が好き

L’amour est enfant de bohème,
il n’a jamais connu de loi:
Si tu ne m’aimes pas, je t’aime;
si je t’aime, prends garde à toi!

L’oiseau que tu croyais surprendre
battit de l’aile et s’envola
l’amour est loin, tu peux l’attendre;
tu ne l’attends plus, il est là!

カルメン

恋はボヘミアン
どんな法律も知らないよ
あなたに好かれなくても、私は好きよ
もし私に好かれたなら、ご用心。

小鳥を捕まえても、
翼があるから、飛んでいく。
恋が遠ければ、あなたは待つだろうけど、
待つことないわ、ここにある!

prends garde à toi! プラン・ガルタ・トワ!
ご用心!(カルメンに合わせて、合唱で強調して歌われます)

Tout autour de toi vite, vite,
il vient, s’en va, puis il revient
tu crois le tenir, il t’évite,
tu crois l’éviter, il te tient.

L’amour est enfant de bohème,
il n’a jamais connu de loi,
Si tu ne m’aimes pas, je t’aime;
si je t’aime, prends garde à toi!

カルメン

あなたの周りを。くるくると
行ったり、来たり、戻ったり。
捕まえたはずが、逃げているよ
逃がしたと思えば、捕まえているのさ。

恋はボヘミアン
どんな法律もいらないよ
あなたに好かれなくても、私は好きよ
もし私に好かれたなら、ご用心。

【解説】カルメンとホセの運命を暗示する

ハバネラは、カルメンの「恋をしても、その相手には留まらないよ」と、はっきり言っています。

私に興味のないそぶりなら、私は気になる
あなたが私を捕まえても、嫌になったら離れていく

カルメンとホセの関係は、恋人になった後、カルメンが離れていく方向で話が進んでいきます。

あわせて読みたい

「カルメン」のあらすじ・相関図

目次
トップ
目次
閉じる