蝶々夫人【かわいい坊や】歌詞と対訳|Tu? tu? piccolo Iddio!

蝶々夫人・第2幕

蝶々さんが、ピンカートンがアメリカで正式な結婚をして戻ってきたことを知りました。事実に取り乱しますが、「のちほど、ピンカートンに子供を託します。」と言い、自室にこもり自害の準備をします。

死のうとした時に、心配した女中が、子供を蝶々さんの方へ押しやります。蝶々さんは刃物を落とし、子供抱きしめて歌うのが、「かわいい坊や」です。

タップできる目次

「かわいい坊や」Tu? tu? piccolo Iddio! 歌詞と日本語訳

Tu? tu? piccolo Iddio!
Amore, amore mio,
fior di giglio e di rosa.

Non saperlo mai per te,
per i tuoi puri occhi, muor Butterfly…

Perché tu possa andar di là dal mare
senza che ti rimorda ai di maturi,
il materno abbandono.

蝶々さん

お前?お前なの?小さな神さま!
かわいい、私のかわいい坊や、
百合とバラの花の子よ。

お前は決して知ってはいけないよ
お前の純粋な目のために、蝶々さんは死にます。…

(あなたが成長した時)海の向こうへ越えていけるように、
成長したあなたを苦しめないためよ。
母に捨てられたことを知って。

O a me, sceso dal trono dell’alto Paradiso,
guarda ben fiso, fiso di tua madre la faccia!
Che ten’ resti una traccia, guarda ben!

Amore, addio! addio! piccolo amor!
Va, gioca, gioca!

蝶々さん

ああ、私のところへ、高い天国の玉座から降りてきたお前。
しっかりと見てちょうだい、お前の母の顔を!
お前の記憶に残るように、しっかりと見て!

愛しい子、さようなら!さようなら!愛するわが子!
行きなさい、遊んでおいで、遊んでおいで!

「かわいい坊や」は、「愛の二重唱」とつながりがある

百合とバラの子

蝶々夫人の「愛の二重唱」でピンカートンは、蝶々さんを「百合の衣装を着ているあなた」と言います。

ピンカートンは「バラの花を持って帰る」と言って去り、蝶々さんは待ち続けました。蝶々さんにとって「ピンカートンはバラの人」なのです。

高い天国の玉座から降りてきた子

「高い天国の玉座から来た子」という表現も、「愛の二重唱」の中で、蝶々さんは自分自身を「月の女神」ピンカートンを「大空の中心」と歌っていました。蝶々さんにとって、「愛の二重唱」の夜の出来事で出来た子なので、「高い天国から来た」という表現になっています。

蝶々夫人やトスカに出てくる「ペルケ」を簡単解説

Perché tu possa andar di là dal mare senza che ti rimorda ai di maturi, il materno abbandono.

あなたが成長したときに、母の捨てられたこと知り、苦しまずに、海の向こうへ越えていけるように。

トスカの「歌に生き、愛に生き」でペルケ、ペルケと歌っているのですが、トスカのペルケは「なぜ」で、蝶々夫人のペルケは「~ように」と使用します。

Perché ペルケ ・・・ なぜ、どうして

Perché + 後ろの動詞が「接続法」  ~ように、~ために
Perché + 後ろの動詞が「直説法」  ~だから

possa が、potere (~できる)の接続法ですので、「~ように」と訳します。

あわせて読みたい

「蝶々夫人」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる