ラ・ボエーム【私の名は、ミミ】歌詞と対訳|Mi chiamano Mimì

ラ・ボエーム・第1幕

ボヘミアンのロドルフォたちの部屋に、ろうそくの火を借りに、お針子のミミがやってきます。ロドルフォの自己紹介のあと、ミミは続けて、自分の身の上を語ります。

ロドルフォの自己紹介は、「冷たい手を」で歌われます。

タップできる目次

「私の名は、ミミ」Mi chiamano Mimì 歌詞と日本語訳

Sì.
Mi chiamano Mimì,
ma il mio nome è Lucia.

La storia mia
è breve. A tela o a seta
ricamo in casa e fuori…
Son tranquilla e lieta
ed è mio svago
far gigli e rose.

Mi piaccion quelle cose
che han sì dolce malìa,
che parlano d’amor, di primavere,
di sogni e di chimere,
quelle cose che han nome poesia…


Lei m’intende?

ミミ

はい。
私は、ミミと呼ばれています。
でも、私の名前はルチアなの。

私の話は
簡単です。布や絹に
家や店で刺繍をするのです・・・。
私は穏やかで、幸せですし、
気晴らしに、
ユリやバラを刺繍しています。

私の好きなものといったら、
心を奪うような力が合って、
愛や春について語るもの、
そして、夢や幻想について語るもの、
それは、という名を持っています・・・。


お分かりになります?

Mi chiamano Mimì,
il perché non so.

Sola, mi fo
il pranzo da me stessa.
Non vado sempre a messa,
ma prego assai il Signore.

Vivo sola, soletta
là in una bianca cameretta:
guardo sui tetti e in cielo;
ma quando vien lo sgelo
il primo sole è mio
il primo bacio dell’aprile è mio!

Germoglia in un vaso una rosa…
Foglia a foglia la spio!
Cosi gentile
il profumo d’un fiore!
Ma i fior ch’io faccio, ahimè! non hanno odore.

Altro di me non le saprei narrare.
Sono la sua vicina
che la vien fuori d’ora a importunare.

ミミ

私はミミと呼ばれています。
なぜかは知りませんけど。

ひとりで、
自分の暮らしをたてています。
ミサには毎回は行きませんが、
神様にはよくお祈りをします。

ひとりで生活しているんです、たったひとりで
あちらの小さな白い部屋で
屋根や空を見ています。
けれど、雪解けの季節がやって来る時、
太陽は真っ先に私に射すの。
四月の最初のくちづけは私のものなのです!

鉢植えのバラが芽を出したら・・・
葉の一枚一枚を見つめるのです。
なんて優しい香りなのかしら
お花の香りは!
でも、私の刺繍する花は、香りがないのです。

そのようなことくらいです。私がお話出来るのは。
あなたのご近所さんです。
こんな時間にお邪魔しにくるような。

ミミは、あまり身の上を語らず、ひとりの寂しさを強調

「私の名は、ミミ」という名前のアリアですが、Mi chiamano Mimì「私は、ミミと呼ばれています」が実際の訳です。少しニュアンスが違いますね。

私の名前は、ミミです。
私は、ミミと呼ばれています。

当時、ミミ、ジュジュ、ロロといった名前は、あまり素行のよくない、娼婦に近い存在の女性たちがあだ名として使うことがよくありました。ボエームのミミも、「ミミと呼ばれる」ということは、そのような仲間と仲良くしていたことがわかります。

歌詞の中で「ひとりで」と言う言葉が3度出てきて、ミミはパリで生活していて寂しい思いをしていたのかな、と伺わせます。

あわせて読みたい

「ラ・ボエーム」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる