ラ・ボエーム【冷たい手を】歌詞と対訳|Che gelida manina

ラ・ボエーム・第1幕

ロドルフォは、画家、音楽家、哲学者と一緒に屋根裏部屋で生活しています。貧乏ながらも、気ままな暮らしを楽しんでいます。ロドルフォがひとりになった時、お針子のミミがろうそくの火を借りにやってきます。

「冷たい手を」・・・ロドルフォの自己紹介
「私の名は、ミミ」・・・ミミの自己紹介

自己紹介をしつつ、ふたりは恋の芽生えを感じます。

タップできる目次

「冷たい手を」Che gelida manina 歌詞と日本語訳

Che gelida manina!
Se la lasci riscaldar.
Cercar che giova? Al buio non si trova.

Ma per fortuna è una notte di luna,
e qui la luna l’abbiamo vicina.
Aspetti, signorina,
le dirò con due parole
chi son, che faccio e come vivo. Vuole?

ロドルフォ

なんて冷たくかわいい手だろう!
このまま暖めさせて下さい。
(鍵を)探し続けて何になります? 暗闇では見つかりませんよ。

でも幸い、今夜は月夜です。
そして僕達のそばを月が照らしてくれている。
お嬢さん、逃げないで。
貴女に一言で言いたいのです。
僕が何者で、何をしていて、どんな暮らしをしているか。いいかい?

gelido・・・ 冷たい
manina ← mano ・・・小さな手

Chi son? Sono un poeta.
Che cosa faccio? Scrivo.
E come vivo? Vivo.

In povertà mia lieta
scialo da gran signore
rime ed inni d’amore.
Per sogni, per chimere
e per castelli in aria
l’anima ho milionaria.

Talor dal mio forziere
ruban tutti i gioielli
due ladri: gli occhi belli.
V’entrar con voi pur ora
ed i miei sogni usati
e i bei sogni miei
tosto son dileguati.

Ma il furto non m’accora,
poiché vi ha preso stanza
la dolce speranza!

Or che mi conoscete,
parlate voi. Chi siete?
Vi piaccia dir?

ロドルフォ

僕は何者か? 詩人です。
何をしているか? 物書きです。
どんな生活か? なんとか生きています。

気楽な貧乏暮らしでも、
紳士の贅沢である
愛の詩や賛歌を。
夢や空想、
空に描いた城にいて
心は億万長者です。

時々、僕の宝箱から
美しい瞳という2人の泥棒が
全ての宝石を盗み取ります。

今も奴らが貴女と一緒に入ってきて
僕のいつも見る夢や
美しい夢は
あっという間に消えてしまったのです。

でも、盗られても悲しくありません。
残していったのですから
甘い希望を!


これで貴女は僕のことをお判りでしょう。
さあ、貴女の番です。どんな方なのですか?
話して頂けませんか?

さすが詩人、ロドルフォ。キザな台詞で口説く

さすが詩人、というのか、ロドルフォは、ミミに

ロドルフォ

僕の宝箱から、君の二つの瞳が宝石を盗んでいったよ。

でも、盗まれても悲しくないさ。

代わりに甘い希望を残してくれたのだから。

と言っています。文字に書き起こすと、「ルパン三世ですか?!」と突っ込みたくなりますが、プッチーニの音楽の中で聞くと、すんなり心に入ってきます。

次にミミの自己紹介「私の名は、ミミ」に続きます。

あわせて読みたい

「ラ・ボエーム」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる