ラ・ボエーム【ミミの別れ・あなたの愛の呼ぶ声に】歌詞と対訳|D’onde lieta uscì

ラ・ボエーム 第3幕

ロドルフォとミミの関係はうまくいっていない。ミミの病に気がつき、ロドルフォは重荷に感じていたからだ。ミミが別れを決意して歌うのが、「ミミの別れ、あなたの愛の呼ぶ声に」です。

タップできる目次

「あなたの愛の呼ぶ声に」D’onde lieta uscì al tuo grido d’amore【歌詞と対訳】

D’onde lieta uscì
al tuo grido d’amore,
torna sola Mimì
al solitario nido.
Ritorna un’altra volta
a intesser finti fior.
Addio, senza rancor.

ミミ

(あなたに誘われて)喜んで離れた場所に
あなたの愛の呼び声に誘われて
ミミは一人で帰ります。
孤独な巣へと
もう一度戻るのです。
偽物の花を織るために
さようなら、恨みっこなしよ

Ascolta, ascolta.
Le poche robe aduna che lasciai
sparse. Nel mio cassetto
stan chiusi quel cerchietto
d’or e il libro di preghiere.
Involgi tutto quanto in un grembiale
e manderò il portiere…

ミミ

聞いて、聞いて。
私が残した、いくつかの小さなものを
集めておいて。引き出しの中には
しまってあるの。金の腕輪と
それとお祈りの本
すべてをエプロンで包んでおいて。
門番を取りに行かせるから

Bada, sotto il guanciale
c’è la cuffietta rosa.
Se… vuoi… serbarla a ricordo d’amor!…
Addio, senza rancor.

ミミ

気をつけて。枕の下に
ピンクのボンネットがあるの
もしあなたが望むなら、それを愛の記憶として取っておいて!…
さようなら、恨みっこなしよ

【解説】ロドルフォの重荷にならないための、優しい嘘

a intesser finti fior.

偽物の花を織るために

お針子として、花の刺繍の仕事に戻ることを言っています。その後、ミミはパトロンを得ますし、ロドルフォはそのことに驚く様子はないです。ロドルフォの重荷にならないように嘘をついたのでしょう。

あわせて読みたい

「ラ・ボエーム」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる