ホフマン物語「ホフマンの舟歌・二重唱」歌詞と対訳|Barcarolle

ホフマン物語・第4幕

オペラ「ホフマン物語」は、詩人ホフマンの3つの恋物語が描かれてます。3つの恋のひとつ「ヴェネツィアでの高級娼婦ジュリエッタとの恋」で歌われる二重唱です。

ニクラウス|ミューズ

ニクラウスは、ホフマンの男友達。実は、詩の女神ミューズが変身した姿です。ニクラウスの場面は、男装したメゾソプラノが歌います。

ジュリエッタ

ジュリエッタは、高級娼婦。愛を信じていないし、愛を売り買いして、悪魔から宝石をもらう悪魔のしもべ。

「ホフマンの舟歌」は、ニクラウス(人間ではないミューズ)と、高級娼婦のジュリエッタが歌います。

歌詞の内容は、恋、美しい夜、夜風。愛を必要としていないふたりが「愛」を歌い、幻想的な雰囲気を作り出しています。

さいひろ

歌い出しまで1分かかるので、クラシック音楽が苦手な人は1分飛ばして下さい。最初の30秒くらいで聞くのをやめると勿体ないので。

オペラを好きになってよかった!って思うくらい綺麗な曲です。一度聞いて、この曲いいなと思ったら、最初から聞き直してみて下さいね。

タップできる目次

「ホフマンの舟歌」Barcarolle(バルカローレ)【歌詞と対訳】

Belle nuit, ô nuit d’amour,
Souris à nos ivresses!
Nuit plus douce que le jour,
O belle nuit d’amour!

ニクラウス|ミューズ

美しい夜!愛の夜よ、
私たちのほろ酔い姿を見て、微笑んでおくれ!
昼よりも甘い夜
愛の美しい夜!

Le temps fuit et sans retour
Emporte nos tendresses,
Loin de cet heureux séjour
Le temps fuit sans retour
Zéphirs embrasés,
Versez-nous ves caresses,
Zéphirs embrasés,
Donnez-nous vos baisers!
Versez-nous vos baisers!

Belle nuit, ô nuit d’amour,
Souris à nos ivresses!
Nuit plus douce que le jour,
O belle nuit d’amour!
O belle nuit d’amour!
Ah! souris à nos ivresses!
Souris à nos ivresses!
Nuit d’amour!
O belle nuit d’amour!

ジュリエッタ

(ニクラウスとジュリエッタ)

時間は飛んでいき、二度と戻らない
私たちの優しさを奪うでしょう
この幸せな場所を遠く離れて
時は流れて、飛んでいく
燃えるようなそよ風よ
私たちを心地よく撫でてちょうだい。
燃えるようなそよ風よ
私たちに口づけをしておくれ。
私たちに口づけをして。

美しい夜!愛の夜よ、
私たちのほろ酔い姿を見て、微笑んでおくれ!
昼よりも甘い夜
愛の美しい夜!
愛の美しい夜!
私たちのほろ酔い姿を見て、微笑んで!
ほろ酔い姿を見て、微笑むのよ!
愛の夜よ!
愛の美しい夜!

【解説】ホフマン物語で一番有名な、ソプラノとメゾソプラノによる二重唱

夜のヴェネツィアにぴったりな幻想的な曲

夜風に吹かれて、ほろ酔いでヴェネツィアの夜景を見ていたら、舟歌を口ずさみたくなるでしょうね。

おまけ・ベネチアとベニスの違い

ベネチアとベニスの違い

ベネチア(ヴェネツィア)(Venezia)・・・イタリア語

ベニス(ヴェニス)(Venice)・・・英語

ニホン(日本)・・・日本語 ジャパン(Japan)・・・英語 と同じことです。

あわせて読みたい

「ホフマン物語」のあらすじ・人物相関図

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる