アンドレア・シェニエ|あらすじと相関図|ジョルダーノ

ジョルダーノのオペラ「アンドレア・シェニエ」は、フランス革命前後の人々が描かれています。実在のフランスの詩人「アンドレ・シェニエ」(フランス語読みでは、アンドレ)が題材のオペラです。

詩人のアンドレア・シェニエ、没落する伯爵令嬢のマッダレーナ、伯爵家の使用人で後に革命政府の一員になるジェラール。3人の心の動きが描かれた、ヴェリズモ・オペラです。

「アンドレア・シェニエ」の見どころ、聴きどころとしては、「ある日青空を眺めて」Un dì all’azzurro spazio、「五月の美しい日のように」Come un bel dì di maggio があります。

目次

オペラ「アンドレア・シェニエ」の簡単なあらすじ

フランス革命前、伯爵家の屋敷で、伯爵令嬢のマッダレーナ詩人のアンドレア・シェニエが出会う。サロンで伯爵家の使用人ジェラールにより、貧しい民衆による騒動が起こるがその場は収まる。

5年後、伯爵家は市民の手によって没落し、シェニエはフランス革命後の政府に睨まれている。マッダレーナとシェニエの再会。シェニエの死刑判決。マッダレーナは共に死ぬことを選ぶ。

「アンドレア・シェニエ」の相関図

アンドレア・シェニエの人物相関図
オペラ「アンドレア・シェニエ」の相関図

「アンドレア・シェニエ」の登場人物

アンドレア・シェニエ詩人テノール
マッダレーナ伯爵家の令嬢ソプラノ
ジェラール伯爵家の召使い、後に革命政府の役人バリトン
ベルシマッダレーナの侍女メゾソプラノ
ルーシェシェニエの友人バス

作曲ジョルダーノ・初演・原作・台本・上演時間

  • 題名 Andrea Chénier アンドレア・シェニエ
  • 作曲 ウンベルト・ジョルダーノ
  • 初演 1896年3月28日 ミラノ・スカラ座
  • 原作 ジュール・バルビエ「アンドレア・シェニエ」
    ポール・ディモフ「アンドレア・シェニエの生涯と作品」
  • 台本 ルイージ・イリッカ
  • 言語 イタリア語
  • 上演時間 2時間(第1幕30分 第2幕30分 第3幕40分 第4幕20分)

「アンドレア・シェニエ」第1幕

パリ郊外・伯爵家

今夜行われる舞踏会の準備をしている、召使いたち。忙しく働く父を見て嘆く、伯爵家の召使いジェラール。

ジェラール

(貴族が座っている椅子に向かって)お前は知っているのだろう。着飾った者たちの気取った会話を。

年老いた父さん。あなたは傲慢な者たちに仕えてきた。まだ苦しみが足りないとばかりに、同じ苦しみを子供にも受け継がせたのだ。

「お前は知っている」Compiacente a’ colloqui

ジェラールの側を、伯爵夫人、伯爵令嬢のマッダレーナ、マッダレーナの侍女が通りかかる。

マッダレーナ

(侍女に)あら、もうすぐ日が暮れそうね。

ジェラール

(彼女は美しい。この苦しみの中で、唯一の救いだ。)

伯爵夫人はジェラールに横柄に指示を出した後、自分の娘の服装に気がつく。

伯爵夫人
マッダレーナ。まだ部屋着のままなの?早く着替えなさい。

マッダレーナ

(侍女にこっそり)美しく着飾るのは、窮屈だわ。コルセットなんて身につけたくないの。仕方がない。着替えてくるわ。

マッダレーナと侍女が去り、サロンに招待客が入ってくる。伯爵夫人は、客人に挨拶する。老いた小説家、アンドレア・シェニエ、修道院長がサロンにやってくる。老いた小説家の指示で、劇中劇が催される。

伯爵夫人
(シェニエに)あなたのミューズは何も言わないの?

アンドレア・シェニエ

私のミューズは内気ですから。

その様子を見た、マッダレーナが女友達に耳打ちする。

マッダレーナ

私が彼に「愛」という言葉を言わせてみせるわ。賭けをしない?

マッダレーナと女友達はシェニエに近づく。

マッダレーナ

不躾をお許し下さい。あなたの詩を聞いてみたいのです。できれば、修道女や花嫁にぴったりなものを。

アンドレア・シェニエ

慎ましい願いですね。ですが、命令や慎ましい願いでも、詩を読むことはできないのです。

「愛」のように自然にわき出るものですから。

「愛」と言った途端に、マッダレーナと女友達は笑い出す。伯爵夫人や招待客は、突然笑い出した女性たちに注目する。

マッダレーナ

お母様が彼に詩を読むようにお願いして断られたじゃない?だから、この方が「愛」という言葉を言うかどうか、賭けたのよ。

彼は言ったわ、私に向かって「愛」と。「愛」なんて、あなた(修道院長)も、あなた(他の男)も、簡単に言うことができる言葉なのに。

アンドレア・シェニエ

あなたは私を傷つけました。この場で嘲笑されている「愛」を詩にしましょう。

ある日、青空を眺めていると、神に祈りたくなりました。教会に行くと、司祭は供物を盗み、貧しき者の声に耳を塞ぐ有様です。

私は、苦しむ人々を見てきました。子供たちですら苦しみにいます。そのような苦しみを見て、貴族の子孫は何をしますか?

(マッダレーナを見て)この場所であなただけが人間らしく見えました。ですが、あなたは愛を冒涜したのです。

あなたは愛を知らない。愛は、神の贈り物なのですよ。

「ある日青空を眺めて」Un dì all’azzurro spazio

歌詞と対訳

「ある日青空を眺めて」Un dì all’azzurro spazio|アンドレア・シェニエ

5年後の再会の時に、ふたりをつなぐ言葉が出てくる重要なアリア。

マッダレーナ

お許し下さい。

マッダレーナは立ち去り、シェニエもまた立ち去る。

伯爵夫人
彼はおかしな人ね。さあ、踊りましょう。

貴族が 踊る中、屋敷の外から騒々しい声が。使用人のジェラールが貧しい民衆を引き連れて屋敷に入る。

伯爵夫人
誰かこの者らを追いだして!ジェラール、あなたが一番先に出ていくのよ。

ジェラール

ええ、出て行きますよ。このような召使いの服はいらない!父さん、一緒に行きましょう。

ジェラールは、伯爵夫人に謝罪しようと跪く父を立たせて、屋敷を出て行く。

伯爵夫人
ジェラールは、本を読むからあのようになったのだわ。私はあの者を哀れんで、施しをしてあげたのに。

何もなかったのように、貴族は同じように踊り始める。

「アンドレア・シェニエ」第2幕

5年後・フランス革命後のパリの街角

人々が行き交う街角のカフェで、テーブルの端にアンドレア・シェニエが座っている。

マッダレーナの元侍女(現在は娼婦)は、シェニエに声を掛けたいが、自分を見ている密偵に気がついて、にらみつける。

密偵
なにか私を恐れることでもあるのか?

マッダレーナの元侍女
恐れるですって?なぜ?私は何も恐れるものはないわ。気楽に生きているのよ。向こうでは、死や陰謀があるけれど、こっちでは、お金に快楽があるわ。

「恐れる?なぜ?」Temer? Perchè?

密偵
(やっぱり彼女だ。彼女は、私が探しているブロンドの女と一緒にいるに違いない。シェニエに接近しようと様子を伺っているのが、その証拠だ。)

立ち去る侍女。彼女を追いかけて密偵が去り、シェニエの友人がやって来る。

シェニエの友人
探したぞ。君はここにいると危ない。私の名前を使って、遠くに逃げてくれ。

アンドレア・シェニエ

いいや、断る。私は不思議な力を信じる。それが良いものでも、悪いものでも。愛のために、ここに留まるのだ。

私は見知らぬ女性から、何度も手紙を受け取っている。魂の喜びを感じるが、彼女が誰なのかわからない。

「不思議な力を信じる」Credo a una possanza arcana

シェニエの友人
(シェニエの手紙を見る)手紙からバラの香りがするな。ああ、これは娼婦の手紙だぞ。さあ、通行手形を受け取り、ここを去るんだ。

アンドレア・シェニエ

そうなのか?わかった。

街角に革命政府の議員一行と、部下になったジェラールが現れる。密偵がジェラールに声を掛ける。

密偵
(ジェラールに)あなたが探しているのは銀髪?金髪?

ジェラール

青い瞳に金色に輝く髪をもつ女だ。どうか彼女を探してくれ。

密偵
今夜には会えますよ。

革命政府の議員らと、娼婦の一行がすれ違う。マッダレーナの元侍女(娼婦)がシェニエに伝言を伝える。隠れて密偵も話を聞いている。

マッダレーナの元侍女
(シェニエに)今夜あなたのもとに女性が訪れます。待っていて下さい。

アンドレア・シェニエ

彼女の名前を教えてくれ。

マッダレーナの元侍女
彼女の名前は…「希望」です。

アンドレア・シェニエ

わかった。彼女を待とう。

マッダレーナの侍女が、立ち去る。

シェニエの友人
本当に行くのか。ワナかも知れないぞ。

アンドレア・シェニエ

大丈夫。武器を持っていくさ。

シェニエの友人
物陰から見守ろう。


夜、密偵とシェニエの友人が隠れている中、召使いの服を着たマッダレーナが現れる。

マッダレーナ

まだ誰もいない…彼だわ、アンドレア・シェニエ!

「二重唱」Ecco l’altare

アンドレア・シェニエ

あなたは誰です?

マッダレーナ

あなたは愛を知らない。愛は神からの贈り物です。

アンドレア・シェニエ

マッダレーナ。あなただったのか。

隠れてみていた密偵が、マッダレーナを確認してジェラールに報告をするため去って行く。

アンドレア・シェニエ

あなたがこれまで手紙を?私の隠れた友だったのですね。

マッダレーナ

かつてあなたは力を持っていました。あなたが心の救いでしたが、あえてあなたに助けを求めませんでした。

ですが、1ヶ月前から誰かに追われているのです。とても孤独で、あなたに助けを求めました。私を守って下さいますか。

「二重唱」Eravate possente

アンドレア・シェニエ

愛の瞬間だ。私の腕で、あなたは何も恐れることはないのです。死ぬまで一緒にいましょう。

ジェラールが現れる。マッダレーナは、その場で隠れていたシェニエの友人と去り、その後を密偵が追いかける。

シェニエとジェラールの決闘。ジェラールが傷を負う。ジェラールは闘っていた男が、シェニエだったと気がつく。

ジェラール

シェニエ、逃げろ。お前の名は議員によって処刑リストに書かれている。マッダレーナを救ってくれ。

シェニエは立ち去り、騒動を聞きつけ人が集まる。人々が誰にやられたのか聞くが、ジェラールは答えない。

「アンドレア・シェニエ」第3幕

革命裁判所の大広間

第2幕から数週間後。男が民衆に寄付を募るが集まらない。ジェラールがあらわれて、人々に呼びかける。

ジェラール

フランスが今、危機にある。金品や子息をフランスに預けてくれ。他国と戦わねばならない!

市民たちが金品を差し出す。その中で老いた女性が進み出る。

老いた女性
私は老いたマデロンです。息子や息子の子供は革命で亡くなりました。この男の子は、息子の最後の子供です。少年だとは言わないで下さい。最後まで戦います。

「私は老いたマデロン」Son la vecchia Madelon

ジェラール

受け取ろう。今夜にでも出発させる。

募金活動が終わり、人々は立ち去る。ジェラールのもとに密偵が来る。

密偵
シェニエが捕まりました。マッダレーナもすぐに捕まるでしょう。恋に落ちた女は、あなたのもとにやってきて、男の命を救うように嘆願するはず。

シェニエはそもそも上の者に睨まれている。あなたがその書類に、アンドレア・シェニエの名前を書けばいいのですよ。

ジェラール

それでは私が卑劣ではないか。

祖国の敵だと?古い手だが、人々には好まれる。(書類を書きながら)彼は異国生まれで、兵士であり、人々の心を惑わせた。

かつては楽しかった。苦しみの中にいても、自分は強いと信じられたから。ああ、これでは召使いのままではないか。自らの暴力的な情熱に従っている。私をこのように変えたのは、皮肉にも愛だった。

「祖国の敵」Nemico della Patria

歌詞と対訳

「祖国の敵」Nemico della Patria|アンドレア・シェニエ

理想に燃えていた過去と理想とは違う現実に葛藤する、ジェラールの歌。

密偵が去り、書記官が書類を受け取り出て行く。入れ替わりに、マッダレーナ。

マッダレーナ

ジェラール。私を覚えていないしょう。ですが、お話があるのです。

ジェラール

お待ちしていました。あなたを探していたのです。

マッダレーナ

探していた?なぜ私がここに来ることを望むのです?

ジェラール

幼い頃から、あなたを見ていました。憧れていたのです。私の愛に、あなたは何と答えますか?

マッダレーナ

路上で私の名を名乗り、死を選びます。

ジェラール

いいえ、あなたは死んではいけない。あなたは私のものだ。

マッダレーナ

ああ、あなたは私が欲しいのね。彼の命を救うためにあなたに体を差し出しましょう。

ジェラール

そこまで彼を愛しているのか。

マッダレーナ

私を守るために母は亡くなりました。私が病に倒れると、侍女が私のために体を売ってくれました。純真な娘が。私は愛する者に不幸をもたらすのです。

絶望の中、シェニエの「愛」の詩を思い出しました。愛が私を救ってくれたのです。

「亡くなった母を」La mamma morta

ジェラール

負けました。彼を救いましょう。だが、彼を憎んでいる者が多いのです。

マッダレーナ

あなたなら彼を救えます。

ジェラールは、シェニエの助命を願う手紙を書き始める。裁判所に人々や裁判官が集まる。何人かが裁判で裁かれる中、シェニエが裁かれる番になる。

アンドレア・シェニエ

そう、私は兵士だった。ペンを武器に私は闘ってきた。私は祖国を愛する者であり、裏切り者ではない。

「私は兵士だった」Si, fui soldato

ジェラール

私が証言する。彼への告発は間違えだ。

市民は聞き入れず、シェニエに死刑が宣告される。マッダレーナは嘆く。

「アンドレア・シェニエ」第4幕

サン・ラザール監獄

夜の監獄。シェニエのもとに友人が訪れている。

アンドレア・シェニエ

五月の美しい日に、風や太陽の光が空に消えていく。言葉や詩により、私は極限まで昇るだろう。死を前にして、最後の女神よ、詩人にまばゆい発想を与えておくれ。

「五月の美しい日のように」Come un bel dì di maggio

歌詞と対訳

「五月の美しい日のように」Come un bel dì di maggio|アンドレア・シェニエ

実在のフランス詩人アンドレ(フランス語読み)・シェニエの辞世の詩とリンクした歌詞になっています。

友人とシェニエは抱き合い、別れの挨拶をして去る。


ジェラールとマッダレーナが一緒に監獄を訪れ、看守と会話をする

ジェラール

彼女は死刑囚の面会が許されている。

マッダレーナ

(看守に)死刑囚に若い女性がいたでしょう。私が彼女の代わりになります。

(看守に宝石を渡し)あなたは宝石を受け取り、知らないふりをしてください。

看守
そういうことなら…知らないふりをします。

ジェラールは、泣いている。

マッダレーナ

運命を祝福し、死を祝福します。

ジェラール

あなたは死を望むのか。私は彼らを救わなくてはいけない。

ジェラールは走り去る。シェニエとマッダレーナが再会する。

アンドレア・シェニエ

君の側にいると、私の魂は鎮められる。

「二重唱」Vicino a te

マッダレーナ

あなたから離れません。あなたと共に死にます。

夜明け、点呼があり、シェニエは本人として、マッダレーナは別人として名乗り出る、二人は馬車に乗り込み、処刑場へ向かう。

目次