おおわが故郷|歌詞|アイーダ|O patria mia

アイーダ おおわが故郷

アイーダ 第3幕

夜中のナイル川のほとり。アイーダは、ラダメスに呼び出されて一人で待っています。父は捕虜になり、ラダメスはアムネリスとの結婚が国王により決定され、自分の身の上を絶望。故郷に戻る夢、ラダメスとの愛の夢が全て消えてしまい、悲しみの中歌うのが、「おお、わが故郷」です。

目次

「おお、わが故郷」O patria mia 歌詞と対訳

O patria mia, mai più ti revedrò!
O cieli azzurri, o dolci aure native,
dove sereno il mio mattin brillò,
O verdi colli, o profumate rive,
o patria mia, mai più ti revedrò!

O fresche valli, o queto asil beato,
che un dì promesso dall’amor mi fu;
Or che d’amore il sogno è dileguato,
o patria mia, non ti vedrò mai più!

アイーダ

おお私の故郷、もう二度と見ることはない!
青い空、そよ風、
朝が静かに輝いていた場所
おお緑の丘、香りのよい岸辺
おお私の故郷、もう二度と見ることはない!

涼しい渓谷よ、穏やかで至福の避難所よ
かつて私に愛が約束されていたのに
今は、愛の夢が消え去ってしまった。
私の故郷、見ることはない、もう決して!

「おお、わが故郷」の解説

Il tuo bel cielo vorrei ridarti,
le dolci brezze del patrio suol;
un regal serta sul crin posarti,
ergertiun trono vicino al sol.

ラダメス

できるならば、君に美しい空
祖国の優しい風を、君に返し
王家の冠を君の髪にのせ
太陽近くの玉座を作ってあげよう

・アイーダが故郷を懐かしむときに思い出すのが、青い空と優しい風。
・ラダメスが、アイーダに返してあげたいと思ったのは、美しい空と優しい風。

もしかして、二人の会話の中で、アイーダが「故郷の空と風が恋しい」とよく言っていたのかもしれません。

mai più マイ・ピゥ」意味は「二度と」

「おお、わが故郷」を聞いていると、何度か「マイ・ピゥ」という耳に残る言葉が。

mai più 二度と、もう決して

繰り返されることで「二度と」故郷には行けない、というアイーダの絶望が表現されています。

あわせて読みたい

「アイーダ」のあらすじ・相関図

目次
トップ
目次
閉じる